ジャック・ホワイトはギターの天才!?すごい経歴と嫁や子供の関係は?

ギターをひく男

ギタリストの何を持って天才と言うのかは人それぞれでしょう。

元ホワイトストライプスのジャック・ホワイトは、演奏テクニックも凄いですが曲の発想もすごいものを持っていて、個人的には天才だと思っています。

また、作曲や演奏以外の所でも、かなりユニークな発想で独自の世界感を築いてるすごいアーティストです!

そんなジャック・ホワイトのすごい経歴や、私生活はどんな感じなのでしょう?

ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク
すぽんさー

ジャック・ホワイトってどんな人?

ジャック・ホワイト

ジャック・ホワイト

出典bnana.jp

プロフィール

本名    ジョン・アンソニー・ギリス
生年月日  1975年7月9日
出身地   アメリカ・デトロイト
身長    188cm

略歴

1997年  ザ・ホワイト・ストライプス結成
2001年  アルバム「ホワイトブラッドセルズ」が大ヒットし世界的な名声を得る
2005年  ザ・ラカンターズを結成

2009年  ザ・デッド・ウェザーを結成
2011年  ザ・ホワイト・ストライプス解散
2012年  アルバム「Blunderbuss」でソロデビュー
2014年  2枚目のアルバム「Lazaretto」を発売
2016年  ジャック・ホワイト アコースティック・レコーディングス 1988-2016を発売

ジャック・ホワイトの凄い所とは?

普通ロックバンドを組む場合、ボーカル、ドラム、ベース、ギターの4人編成で組むと思いますが、ジャック・ホワイトは基本ギターとドラムのみの2人編成のバンドを作りました。

それが「ザ・ホワイトストライプス」です。

ホワイトストライプス

出典matome.naver.jp

ホワイトストライプスは、1997年にジャック・ホワイトとメグ・ホワイトの元夫婦で結成されました。
結成当初は結婚してましたが、後に離婚。

デビュー当時は結婚を隠し、姉妹として売り出していました。

そんなホワイトストライプスの凄い所は、2人編成のバンドなのにもかかわらず、そのサウンドは乏しさを全く感じさせない60年代 、70年代の初期ロックの衝動を彷彿とさせる、激しい音を奏でていました。

乏しさを感じさせない理由として、ジャック・ホワイトはボーカル、ギターだけでなく、オルガン、シンセサイザー、ピアノやマリンバなども演奏できるマルチプレイヤーで、元はドラマーでもある為、音の引き出しが膨大にある事が挙げられます。

実際にアルバムを聞くと、ギターサウンドが中心なのにもかかわらず、同じような曲がほとんど無く、非常にバラエティに富んだサウンドを聞かせてくれます。

特に最後のアルバム「イッキー・サンプ」は、どの曲も本当にすばらしく、ギターリフのカッコよさが存分に味わえる名盤となってます!

イッキーサンプ

出典okmusic.jp

その優れた音楽性の証拠に、アルバム6枚製作のうち『エレファント』『ゲット・ビハインド・ミー・サタン』『イッキー・サンプ』の3枚はグラミー賞を受賞しています!

しかし、残念ながらホワイトストライプスは、2011年に解散してしまいました。

その他のバンドとソロ活動

ジャック・ホワイトは2005年に友人のミュージシャンである、ブレンダン・ベンソンと「ザ・ラカンターズ」を結成し、さらに音楽の幅を広げています。

ラカンターズ

出典barks.jp

このバンドは、ベースありの4人編成で、基本的には荒々しいガレージ・ロックを基調としているものの、ホーン・セクションやピアノなど様々な楽器を使用したバリエーションに富んだものとなってます。

デビューアルバムのBroken Boy Soldiersのシングル曲「Steady, As She Goes」がグラミー賞にノミネートされ、セカンドアルバムの「CONSOLERS OF THE LONELY」も同じくグラミー賞にノミネートされるなど、高い評価を得ています!

その後もジャック・ホワイトのあふれる音楽性は止まらず、2009年にはまた新たなバンドザ・デッド・ウェザー」を結成します。

デッドウェザー

出典nme-jp.com

このバンドは、ラカンターズと共にツアーをしていた「ザ・キルズ」のヴォーカルの「アリソン・モスハート」に、気管支炎で声の調子が悪かったジャックが、ヴォーカルのパートを依頼した経験から意気投合し、バンド結成に至りました。

このバンドでは、アリソンがボーカルを務めて、ジャックはドラムとプロデュースを担当しています。

今まで3枚のアルバムを制作していて、最新作「ドッジ・アンド・バーン」のリードシングル「I Feel Love (Every Million Miles)」が、グラミー賞 最優秀短編ミュージック・ビデオ賞にノミネートされています!

ソロデビュー

そして、2012年ついにバンドでは無く、ジャック・ホワイト名義のソロ活動を開始します!

ソロデビューアルバム「ブランダーバス」は、グラミー賞においてアルバム賞、ロック・アルバム賞に、シングル曲Freedom at 21はロック・ソング賞にノミネートされると言う、高評価を得ています。

ブランダーバス

出典iloud.jp

また、2014年発売のセカンドアルバムラザレットはさらに評価が高く、ビルボード200では初登場第1位を獲得し、過去に1週間で売り上げたレコード記録を更新するなど、ジャックがいかにロック界で注目されてるのかが分かります!

ラザレット

出典music-lounge.jp

当然アルバムは、グラミー賞のオルタナティブ・アルバム賞に、シングル『ラザレット』はロック・ソング賞、ロック・パフォーマンス賞にノミネートされています!

アルバム曲で、こちらの High Ball Stepper は歌詞は無い曲ですが、めちゃくちゃかっこいいギターサウンドが聴けます!

ジャック・ホワイトは、バンドでもソロでもデビュー以来ずっと成功し続け、今では批評的にも人気の上でもガレージ・ロック・リバイバルの重要人物の1人に数えられるまでになっています。

このように目覚ましい活躍を見せるジャック・ホワイトですが、ここまで来るのに一体どんな修行をしてきたのでしょう?

スポンサーリンク
すぽんさー
すぽんさー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事