拳四朗のすごい経歴と年収や彼女はいる?両親や兄弟との関係は?

チャンピオンベルト

現在、WBC世界ライトフライ級4位の拳四朗選手。

2017年5月20日に世界戦が決定したので、2014年のプロデビューから、わずか3年で世界戦への切符を手にした事になります。

拳四朗選手は抜群のボクシングセンスを持っていて、冷静な試合運びと強烈な右カウンターが魅力のボクサーです。

現在の戦績も負け知らずなので、このまま無敗でチャンピオンになれるのかにも注目が集まっています!

そんな拳四朗選手の両親や兄弟はどんな方なのでしょう?

また年収や彼女などはいるのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク
すぽんさー

拳四朗ってどんな人?

拳四朗

拳四朗
出典https://www.daily.co.jp/

プロフィール

本名   寺地拳四朗

生年月日 1992年1月6日
出身地  京都府城陽市
学歴   関西大学
身長   164cm
所属   B.M.Bボクシングジム

階級   ライトフライ級(48.98kg以下)

戦績 

プロ 9戦9勝(5KO)無敗

略歴

2006年 中学3年生からボクシングを始める
2009年 高校3年時、インターハイで2学年下の井上尚弥に敗れる
2013年 第68回国民体育大会で成年男子ライトフライ級で優勝
2014年 大学を卒業と同時にプロデビュー
2015年 5戦目でライトフライ級世界ユース王座と6戦目で日本王座を獲得
2016年 OPBF王座獲得と日本王座防衛に成功
2017年 日本王座を返上し、WBC世界ライトフライ級王者に挑戦

拳四朗のすごい経歴とは?

拳四朗選手は中学3年生の時に、元プロボクサーの父親から半ば強引にボクシングの道に引きずり込まれて始めました。

父親が元ボクサーだった世界チャンピオンはかなりいますが、そのほとんどは結構幼いころからやり始める人が多いと思います。

しかし、拳四朗選手の場合は中学3年生までやっていなくて、しかも自らの意思ではなく父親に無理やりやらされたと言う所がユニークです。

しかし、一旦やると決めたからにはとことんやる気質なのか、奈良県立奈良朱雀高等学校へ行ってからは熱心に取り組むようになります。

残念ながらアマチュア時代の戦績が分かりませんが、高校3年時にインターハイで高1の井上尚弥選手と対戦して、3Rレフェリーストップで敗れています。

そして、井上尚弥選手の父親も元ボクサーで、井上尚弥選手は6歳から父親から教わりボクシングを始めています。

なので、インターハイで拳四朗選手が負けたのは、やはり始めるまでの期間が長かった分の経験の差が出たのかも知れませんね。

その後、関西大学に進学後はボクシング部に所属して、さらに集中してボクシングに取り組み、第68回国民体育大会で優勝するまでに成長しました。

そして、大学卒業と同時にプロライセンスを取り、2014年にプロデビューしています。

拳四朗選手のすごい所は、決して慌てる事無く冷静な試合運びで確実に勝つようなボクシングが出来る所だと思います。

とはいえ、チャンスとみなすと強烈な右カウンターで仕留める武器も持っていますので、この短い期間でこれだけの技術を身につけられるのは、やはりセンスがいいからではないでしょうか。

そんな拳四朗選手のセンスが伝わる動画がこちらです。

3ラウンド後半の右カウンターは、恐ろしいくらいの威力を発揮しています。

このように抜群のボクシングセンスで、ライトフライ級世界ユース王座や、日本チャンピオン東洋太平洋王座と確実に勝ちを納めて獲得していきました。

これらを獲得した期間は2015年~2016年のほぼ1年なので、それだけみても拳四朗選手のレベルの高さが分かると思います。

そして、とうとう10戦目にして世界王者に挑戦します!

拳四朗の両親や兄弟は?

拳四朗選手の両親については、父親の寺地 永(ひさし)さんは元プロボクサーで、現在は拳四朗選手も所属する、B.M.Bボクシングジムのオーナーと言う事が分かっています。

おまけにただのボクサーでは無く、元日本ミドル級チャンピオンOPBF東洋太平洋ライトヘビー級チャンピオンという輝かしい経歴もお持ちです。

そして、階級を見ても分かるように、父親は身長189cmもある巨体の方です。

拳四朗選手は164cmなので、親子でもこれだけの差があるのもなかなか珍しいと思います。


そして、母親に関しては色々調べてみましたが全く情報がありませんでした。

父親がボクシングジムを経営しているので、当然母親もそこで働いているのではないかとHPを見てみましたが、情報はありませんでした。

また、父親の寺地 永さんのツイッターを見ても、ほぼ拳四朗選手の事しかツイートしていないので母親関する事は一切不明です。

ただ、家系的には小さいと言っているものの、父親がこれだけ大きいと遺伝的に拳四朗選手も大きくなると思うのですが、今の身長を見ると母親は結構小さい方なのかな?とも思います。

そして、拳四朗選手のプロフィールには「次男」と言う記述があったので、お兄さんがいるはずなのですが、そのお兄さんの情報も全く出てきていません。

ボクシングを教えるにも通常は兄から教えると思うのですが、これまで出ている拳四朗選手のあらゆる記事を見ても、全く「兄」と言う言葉は出ていません。

そうなると、兄はボクシングとは全く関係の無い道へ進んでいて、現在はあまり近い所には住んでいないと言う事も考えられます。

今後、拳四朗選手が世界チャンピオンになると、色々取材されて詳しい情報が出て来るかも知れませんので、その時に何か分かればまた追記していきたいと思います。

拳四朗の年収や彼女はいるの?

拳四朗選手の年収はどれくらいなのでしょう?

当然ですが、ボクサーのファイトマネーはレベルによって決まります。

現在、日本のボクシングのファイトマネーは、およそ以下の通りと言われています。

4回戦 3~5万円

6回戦 5~10万円

8回戦 10~30万円

日本タイトル戦 30万円~100万円

世界タイトル戦 2000万~3000万円

2016年に拳四朗選手が行った試合は、日本王座防衛戦2回と、東洋太平洋ライトフライ級王座戦と防衛戦が1回の計4回です。

日本タイトル防衛戦が100万円と設定して、東洋太平洋戦がそれよりも高い300万円とすると、合計で800万円と言う事になります。

なので、2016年の拳四朗選手の年収はだいたい800万円くらいだったのではないでしょうか。

もちろん、あくまでも予測なのでもっと多いかも知れませんし、少ないかも知れません。

ただ、これからやる世界戦になると桁が一つ違ってくるので、拳四朗選手が世界チャンピオンになったら、恐らく2017年の年収は数千万円になる事は間違いないでしょう!

そして、拳四朗選手には現在彼女はいるのでしょうか?

色々調べてみましたが、どこにもそんな記述はありませんでした。

ツイッターにもほぼ女性は出てきませんし、特定の彼女がいるような事も書かれていません。

なので、現在は特に付き合っている女性はいないのではないかと思われます。

しかし、表には出ていないだけで裏ではちゃんといる可能性もありますが、今の所そういう情報は一切出ていないようです。

ただ、大学時代のブログには「彼女欲しい」と書かれていたので、その後誰かと付き合っている可能性もあるので、こちらもまた何か情報が出てくれば追記したいと思います!

こちらの関連記事もどうぞ!

比嘉大吾の親兄弟や彼女はいるの?すごい経歴や年収はいくら?

無敗王者!久保隼の経歴や親兄弟は?彼女や結婚はしてる?

村田諒太は強いの?海外の評価と世界戦でゴロフキンに勝つ要素はある?

村田諒太の年収や世界戦のファイトマネーは?今までの総額はいくら?

井岡一翔のファイトマネーが凄い!ラブラブな谷村奈南との結婚はいつ?

田中恒成の親兄弟や彼女は?すごい経歴と実力の評価や年収は?

ローマン・ゴンサレスの強さの秘密とは?井上尚弥との統一戦はいつ?

終わりに

拳四朗選手のボクシングは、圧倒的なパンチ力でバンバンKOで倒していくような派手なボクシングではありません。

しかし、冷静な試合運びで安定感があり、ここぞと言う時に出す必殺の右カウンターがとても魅力な選手です。

とにかく世界戦に勝って、その後はどんどん防衛記録を伸ばして行くようなチャンピオンになって欲しいと願います!

スポンサーリンク
すぽんさー
すぽんさー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする