金メダル日本人最多保持者の元体操選手!加藤沢男の凄さとは?

加藤沢男

毎年行われるオリンピック。

一回金メダルを獲るだけでもすごいのに、その後何大会も出場して金メダルを獲りつづける人がいます。

元体操選手の加藤沢男さんは、過去にオリンピック3大会で計8個の金メダルを獲得していて、現在でも日本人最多の金メダル保持者という凄い人です。

加藤沢男さんは一体どうやって8個もの金メダルを獲得したのでしょう?

出来るだけ分かりやすく紹介したいと思います!

スポンサーリンク
すぽんさー

元体操選手の加藤沢男ってどんな人?

加藤沢男

加藤沢男

出典aomori-u.ac.jp

プロフィール

生年月日  1946年10月11日
出身地   新潟県五泉市
学歴    筑波大学東京教育大学

種目    体操競技全般
引退    1977年

略歴

オリンピック

メキシコ大会(1968年)

団体総合    優勝
個人総合    優勝
種目別 床運動 優勝

ミュンヘン大会(1972年)

団体総合    優勝
個人総合    優勝
種目別 平行棒 優勝

モントリオール大会(1976年)

団体総合    優勝
種目別 平行棒 優勝

金メダル以外にも、オリンピック3大会で銀2個、銅2個の合計12個のメダルを獲得。

加藤沢男のすごい所とは?

加藤さんは、筑波大学4年生の時にメキシコオリンピック男子体操チームのメンバーに選ばれて以来、3大会連続でオリンピックに出場しています。

当時の日本は体操全盛期で、1960年のローマ大会から1976年のモントリオール大会まで団体で5連覇していました。

加藤さんはそのうち、後半3大会でメンバーとして出場し、団体の金メダルに貢献しています。

加藤さんの体操のすごい所は、とにかく「きれい」さにこだわった体操に徹底した所です。

他の選手は、難易度の高い技を自ら開発して演技するのに対して、加藤さんは「演技は美しさを追求するものである」と言う、信念を貫き通しました。

そして、モントリオール大会の平行棒では、その信念通りフィニッシュの2回宙返りの最中でも、足の爪先を伸ばしたままの姿勢を維持して、これは「体操の教科書となる演技!」と言われ絶賛されています。

加藤沢男 平行棒の演技

出典mainichi.jp

このような美しさを追求した演技は、後の選手達にも大きな影響を与えて受け継がれていきます。

このような徹底した「美しさ」のこだわりが、個人総合2連覇と言う偉業を成し遂げたのだと思います。

2016年リオデジャネイロオリンピックで、内村航平選手が個人総合2連覇をするまでは、日本人で体操個人総合2連覇は加藤さん唯一人でした。

世界でも体操個人総合2連覇してるのは、日本人2人とイタリアの「アルベルト・ブラリア」、元ソビエト連邦の「ビクトル・チュカリン」の4人だけです。

そう思うと、どれだけすごい事なのかが分かると思います(笑)

そんなすごい加藤さんは、どうやって一流の体操選手になって行ったのでしょう?

加藤沢男と体操の出会いとは?

加藤さんの子供時代は、夏は水泳、冬はスキーと体操は遊び程度でやっていました。

中学生になると野球をやりたかったのですが、兄に「お前までやるな」と反対され、あきらめたそうです。

そうしてる内に、数年先に故郷の新潟に国体が来るとされていた事から、体操選手の有力株を育てる目的で、新潟南高校に来ないかとの誘いがありました。

中学卒業後、新潟南高校に進んだ加藤さんは、高校3年間で刻々と変わる身体の成長に合わせて練習に励み、高校3年の国体で見事団体総合優勝を飾ります!

ちなみに、この当時は無かった個人総合でも優勝だったそうです。

こうして、体操選手としての才能を開花させていった加藤さんですが、その後も順調に大学へと進んで体操を続けていきます。

しかし、当時は大学紛争のさなかで加藤さんの通う大学も、閉鎖されると言う事態に見舞われます。

それでも、やはりオリンピックに出たいと言う気持ちから、ムキになって練習して、大学4年時は教育実習から帰ってからも延々と練習していたそうです。

とにかく、ひたすら練習を繰り返す事で技を磨き、初めてのオリンピックで「団体、個人、床」で3つもの金メダルを獲得して、誰もが認める一流選手となりました。

団体の表彰台

出典mainichi.jp

オリンピック3大会出場が可能な理由

加藤さんは引退後に、オリンピックで勝ち続けるには「6割の力で勝てるようにしていなさい」と語っています。

要するに、本番ではケガやメンタル的な事も含めて何があるか分からないので、普段の6割程度の力しか出せなくても勝てるくらい、ひたすら練習しなさいと言う事です。

そして、あるインタビューで

練習中は全然カッコよくない。黙ったままで白い粉にまみれて、失敗ばかりしている。しかし経験を積むにつれてだんだん練習の中身が濃くなっていく。大きい試合で自分を見失うようじゃ困る。そのためにもやっつけておかねばならぬことがある。どこからどう考えて も最後は練習しか頼れるものはないということです(笑)。引用 https://www.oaj.jp

と言っているように、これだけの偉業を成し遂げるには、やはりひたすら練習あるのみと言う事です!

加藤沢男から学べる事

何でもそうですが、やはり一流となるには「練習」が不可欠です。

才能ある選手が、ひたすら練習と言う努力を繰り返した結果が、オリンピック3大会出場で計8個の金メダルと言う偉業です。

この加藤さんの偉業は、才能ある無しに関係無く、何かやりたい事や達成したい事があるなら、ひたすら練習を繰り返す事で、必ず目的は達成できると強く信じさせてくれるものだと思います。

「本番で6割の力が出せれば勝てるくらい練習してれば、怖いものは無い」と言う考え方は、とても参考になると思いました。

スポンサーリンク
すぽんさー
すぽんさー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする