草間彌生の結婚歴や若い頃の恋人は?病気の内容や息子の関係など!

草間彌生の作品

現在、日本を代表する女性アーティストと言えば草間彌生さんです!

水玉模様が画面いっぱいに埋め尽くされた絵画や、かぼちゃの立体作品などで有名ですね!

オークションにかけられた作品は、軽く1億円以上の値がつくなど、まさに世界のトップアーティストの一人です!

1960年代には「前衛の女王」とまで言われる程、本場アメリカでも第一線で活躍してた、草間彌生さんの魅力とは一体どんなものなのでしょう?

謎の私生活や、気になる結婚歴などについて紹介したいと思います!

スポンサーリンク
すぽんさー

草間彌生ってどんな人?

草間彌生

草間彌生

出典d.hatena.ne.jp

プロフィール

生年月日  1929年3月22日
出身地   長野県・松本市
学歴    京都市立美術工芸学校卒業

略歴

1957年  ニューヨークへ渡る。
1966年  ヴェネツィア・ビエンナーレにゲリラ参加する
1968年  自作自演の映画「草間の自己消滅」が第4回ベルギー国際短編映画祭に入賞
1978年  処女小説「マンハッタン自殺未遂常習犯」を発表
1983年  小説『クリストファー男娼窟』で第10回野性時代新人文学賞を受賞
1993年  ヴェネツィア・ビエンナーレに日本代表として参加する
2000年  第50回芸術選奨文部大臣賞 
2002年  紺綬褒章を受賞
2006年  高松宮殿下記念世界文化賞
2014年  安吾賞を受賞

草間彌生の水玉の秘密とかぼちゃの意味とは?

草間彌生さんの作品を一言で言い表すと、出てくる言葉はやはり「芸術」と言う言葉しか出てきません(笑)

絵画作品と言っても、ほとんどが大小の大きさの水玉模様で埋め尽くされた物ですし、立体作品も同様です。

一応、モチーフはかぼちゃとか帽子とか、ハイヒールなんかもありますが、いずれも水玉模様で埋め尽くされています。

かぼちゃの作品

ハイヒールの作品

帽子の作品

出典matome.naver.jp

この水玉模様はアメリカ時代から一貫して行われてる物で、草間彌生さんの持病である「強迫神経症」や「統合失調症」による幻覚や幻聴の恐怖から身を守るために、作品全体を水玉で埋め尽くす儀式として行われてると言われています。

ちなみに、かぼちゃをよくモチーフに使う理由は、草間彌生さんにとってかぼちゃは、言わば守り神のような存在だからです。

幼い頃、幻覚や幻聴などで苦しんでる時に、祖父の畑にあったかぼちゃを抱きしめる事でとても落ち着いたそうです。

それからかぼちゃは、草間彌生さんにとっては特別な物となりました。

実際に、今でもかぼちゃを胸に抱きしめると安心するそうです。

また、

「宇宙はたくさんの水玉の集まりで、人間というのはそういう水玉が集まって生きているんだ、そうでなければ生きていけないのだ」

という、草間彌生さんのメッセージも込められています。

この水玉を徹底して繰り返す作品作りにより、水玉はいつしか草間彌生さんのトレードマークとなり、1993年のヴェネツィアビエンナーレで再び国際的に評価されるようになりました!

草間彌生さんの作品は、ひとつだけ見ても大して良さは分からないのですが、何点も作品を大量に見ると、これは「完全に一つのブランドとして成り立ってる」とイヤと言うほど分からされます(笑)

水玉もここまで極めれば、本当にすごいなぁ~と感心させられます!

絵画作品も、具象や抽象も自由自在で全てに水玉模様が使われています。

抽象作品

出典matome.naver.jp

そして、草間彌生さんの作品が特に映えるのが、ファッションに使用された時だと思います。

2012年にルイ・ヴィトンとの期間限定で製作された作品は、本当に斬新でカッコイイなと思います。

ヴィトンのサイフ

ヴィトンのカバン

出典matome.naver.jp

また、アイテムだけじゃなく洋服にも水玉模様は斬新で、とてもファッションと合う組み合わせだなと感じます。

水玉ファッション

出典blog.m-s-y.net

水玉ファッション

出典fril.jp

こんな斬新な作品を作る草間彌生さんは、どのようにして芸術家となったのでしょうか?

草間彌生の結婚歴や若い頃や恋人は?

草間彌生さんはやはり幼い頃から絵が好きで、草花をスケッチするなどして、絵に親しんでいました。

16歳の頃には、「第一回全信州美術展覧会」で並み居る顔ぶれの中で入選するなど、早くも頭角を現わしています。

草間彌生の若い写真

出典d.hatena.ne.jp

そして高校卒業後、京都市立美術工芸学校の4年生に編入して、さらに日本画を勉強しますが、画壇の古臭い考えに失望し、実家へ帰って独学で絵を追求します。

そうして地元の画廊で、何度か個展を開くと色んなつてを持つ人達に気に入られ、東京で個展を開く機会を与えられたり、百貨店などでも個展を開くようになります。

こう言う「つて」が現れるのも、結局は草間彌生さんの描く絵に魅力があるからなのだと思います。

そうして、東京での個展などから有名な美術評論家の瀧口修造さんと知り合い、その瀧口さんがニューヨークの第18回国際水彩画ビエンナーレへ草間彌生さんを紹介したのがきっかけで、渡米の糸口をつかみます。

瀧口修造

出典blog.livedoor.jp

そして、1957年に草間彌生さんは渡米して、そこで水を得た魚のように新しい芸術活動を行い、自分の感性を磨いていく事になります!

草間彌生の恋人

草間彌生さんはアメリカ時代に、ジョゼフ・コーネルと言う前衛芸術家のパートナーがいましたが、1972年に心臓の疾患で突然亡くなってしまいます。

ジョゼフ・コーネルと草間彌生

出典www.tate.org.uk

草間彌生さんはショックで体調を崩してしまい、その事が原因で帰国する事になりました。

帰国後は入院するほど衰弱し、しばらくアーティスト活動ができませんでした。

しかし、1978年に処女小説『マンハッタン自殺未遂常習犯』を発表して、小説の分野にも進出し、1983年には『クリストファー男娼窟』で第10回野性時代新人文学賞を受賞するなど、ようやく回復の兆しが見えました。

これらの小説は、統合失調症による幻視体験をモチーフにしたものが多く、絵画や立体作品同様、小説と言う形をとった草間彌生さんの作品のようなものです。

こうして、とりあえず精神的に回復に向かっていきますが、その後は誰かと付き合ったという報道もされてないので、結婚歴は無いと思います。

作品作りと息子について

また、草間彌生さんは1977年頃から現在まで東京にある精神病院で暮らしています。

昼間は精神病院の向かいにある作業スペースで絵を描いて過ごして、なるべく見知らぬ人とは会わない生活を送ってるようです。

草間彌生さんが精神病院で生活をしている理由は、30年以上も苦しんでいる「恐慌性障害」が原因です。

恐慌性障害とは、要するにパニック障害の事です。

ただ、絵や作品作りに没頭してると症状が出ないらしく、作品作りは最高の医師だと語っています。

絵は草間彌生さん一人で描いてますが、スタジオスタッフが8名いて、草間彌生さんの作品作りをサポートしています。

キャンバスを手配したり、作品の下地を作ったりしているそうです。

現在は25年間、そのスタジオでディレクターとして一緒に過ごしている、高倉功さんを養子として迎え入れているようです。

なので、一応高倉功さんが草間彌生さんの息子となります。

高倉功

出典www.city.niigata.lg.jp

また有名な写真家の荒木経惟さんとは仲が良く、唯一友人と呼べる間柄なのだそうです。

アラーキー

出典matome.naver.jp

インタビューで、どんな芸術家として後代に残りたいか?と聞かれて、

「芸術をしながら大きな宇宙を経験してみると、自分は何も知らない存在だと思う。死ぬまで 芸術を続け、死後数百年が過ぎても有効なメッセージを残したい。そのために全力を尽くしたい。未来の多くの人々、世界の人々が戦争やテロの恐怖なく自分の愛、生きた人生を続けることを望む。私の芸術が皆さんに伝える答えはこれです」。

と答えているように、草間彌生さんの作品は出来る限りの「愛や優しさ」が込められた作品だと言う事が分かります。

それを裏付けるように、草間彌生さんは普段、とても人に気を使い丁寧な対応をする方だといいます。

しかし、いざ自分の事となるととても厳しい姿勢で臨み、作品に関しては一切の妥協はしません。

このような人なので、ここまでの大芸術家となったのでしょうね!

現在かなりの高齢ですが、自分のやりたい事をやり遂げるには「300歳まで生きねばならない」と言った事もあるそうなので、恐らく100歳以上は生きられるかと思います!

こちらの関連記事もどうぞ!

エリザベス・ペイトンは結婚して子供はいる?作品の価格や経歴など!

現代美術家 村上隆は結婚して子供はいる?親や兄弟もすごい人?

奈良美智は現在結婚して子供はいる?絵の価値はどれくらい?

オノ・ヨーコの現在の総資産額は?娘との関係や弟と妹も凄い人!?

森村泰昌の経歴や結婚は?子供がいて親兄弟も美術家?

横尾忠則の親兄弟や子供の現在は?作品の価格は一枚どれくらい?

終わりに

草間彌生さんの生き様を見ると、本当に根っからのアーティストだと思います。

このような生き方は、普通にマネする事さえ出来ないのではないでしょうか。

強迫神経症から水玉と言うモチーフに出会ったものの、それをこれほどまでの芸術に昇華させたのは、間違いなく草間彌生さんの才能だと思います!

今後も、まだまだ進化する草間彌生さんの作品に注目です!

スポンサーリンク
すぽんさー
すぽんさー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事