エベレスト最高齢登頂!三浦雄一郎の凄い経歴と父親と息子も凄かった!

エベレスト

最近のお年寄りは元気な人が多いですよね。

しかし、プロスキーヤーの三浦雄一郎さんは、その辺の元気なお年寄りとは一味ちがいます。

2013年に、80歳と言う高齢でエベレスト登頂に挑み、見事世界最高齢の登頂記録を更新しギネスにも登録されました!

80歳と言えば、普通に山を登るだけでも大変な年齢ですが、三浦さんは8000mを超えるエベレストを制覇したすごい人です。

三浦雄一郎さんは一体どうやって、これほどの記録を打ち立てるまでに至ったのでしょう?

すごいお父さんや息子の情報と共に紹介したいと思います!

スポンサーリンク
すぽんさー

三浦雄一郎ってどんな人?

三浦雄一郎

三浦雄一郎

出典matome.naver.jp

プロフィール

生年月日  1932年10月12日
出身地   青森県 青森市
身長    164cm

学歴    北海道大学

略歴

1962年  世界プロスキー選手権で世界8位になる
1964年  イタリアで開催された「スピードスキー」で時速172.084キロの世界新記録(当時)を樹立
1966年  富士山での直滑降を成功させる
1970年  エベレストのサウスコル8000m地点からの滑降を成功させギネスブックに掲載される
1985年  世界七大陸最高峰全峰からの滑降を成功させる
2003年  70歳7か月でエベレスト世界最高齢(当時)登頂を成功させる
2008年  2回目のエベレスト登頂を成功させる
2013年  80歳で3度目のエベレストに挑戦し、世界最高齢登頂記録を更新する

三浦雄一郎のすごい経歴

三浦雄一郎さんと言えば、やはり世界最高齢でのエベレスト登頂が一番印象深いのですが、実は他にも色々すごい記録を持っているのに驚かされます。

プロスキーヤーと言う肩書きがあるので、スキーをやってる人なのは何となく分かってはいたものの、その中身がけっこうすごいんです(笑)

ます、三浦雄一郎さんは26歳でアマチュアスキー連盟から永久追放されています。

理由は優勝した全日本スキー選手権青森県予選閉会式で、青森県からの派遣人数をめぐりスキー連盟関係者と対立した事が原因です。

そして、アマチュアでの道が無くなった三浦雄一郎さんは、スキー学校を開設しながら外国でのスキー選手権などに参加し始めます。

1962年には、アメリカで開催された世界プロスキー選手権に参加して、冬季オリンピックの元メダリストなどが名を連ねる中、世界8位になるなど実力をつけていきます。

プロスキーヤーとしての地位の確立

そして、1964年には「スピードスキー」に日本人で初めて参加して、時速172.084キロの当時の世界新記録を樹立します!

スピードスキーは現在でも人気の種目で、ワールドカップが行われるなど欧米を中心に根強い人気を誇っています。

ルールは、スタート後300メートルから400メートルほどの助走区間をほぼ直滑降し、その後の斜面に設置された100メートルの区間の平均速度を計測するというもの。

スピードスキー

出典wall.kabegami.com

今の世界記録は、2015年にイタリア人シモーネ・オリゴーネさんが記録した252.632kmで、日本記録は久住和永さんが1997年に記録した241.611kmです。

スキーの直滑降で時速250キロ超えなんて、考えただけでも恐ろしいです(笑)

プロのスキーヤーは、そうやって普通の人がやれない事にチャレンジして有名になり、スポンサーなどを獲得すると収入源の一つとなります。

三浦雄一郎さんは、さらに富士山での直滑降成功を始め、エベレストの8000m地点からの滑降でギネス記録を作り、その映像が「アカデミー賞記録映画部門」で賞を獲得したりなど、どんどんプロスキーヤーとしての地位を確立していきます。

そして、1985年に南アメリカ大陸最高峰、アコンカグアからの滑降を成功させたことにより、世界七大陸最高峰全峰からの滑降を成功させる快挙を達成します。

世界七大陸最高峰とは以下の山です。

  • アジア大陸:エベレスト(ネパール・中華人民共和国、8,848m)
  • ヨーロッパ大陸:エルブルス山(ロシア連邦、5,642m)
  • 北アメリカ大陸:デナリ(アメリカ合衆国、6,194m)
  • 南アメリカ大陸:アコンカグア(アルゼンチン、6,959m)
  • アフリカ大陸:キリマンジャロ(タンザニア、5,895m)
  • オーストラリア大陸:コジオスコ(オーストラリア、2,228m)
  • 南極大陸:ヴィンソン・マシフ(南極半島付近、4,892m)

この時、三浦雄一郎さんは54歳で、プロスキーヤーとしてのキャリアは、ここで最高地点に達したと思われます。

このように、プロスキーヤーとして頂点に立った三浦雄一郎さんがスキーを始めたきっかけとは何だったのでしょう?

三浦雄一郎とスキーとの出会い

三浦雄一郎さんは青森県出身なので、雪は子供の頃から身近な存在でした。

初めてスキーに接したのは小学校2年生の時で、近所の公園の坂をスキーで滑ったのがきっかけでした。

その後、引っ越し先である仙台市の農場で、本格的なスキーの練習を始めます。

中学生になるとスキー大会で優勝するようになり、初タイトルを獲得するなど頭角を現わし始めます。

そして、高校生では全日本スキー選手権大会の滑降競技で入賞し、青森県高等学校スキー大会で3年連続個人優勝するなど、完全にスキーヤーとしての才能が開花します!

大学もスキーができるからと言う理由だけで、北海道大学へ進学しています。

しかし、その後アマチュアスキー連盟から永久追放され、プロスキーヤーへと転身する事となりました。

三浦雄一郎の私生活

三浦雄一郎さんは大学在学中に、アルペンスキーの女子選手だった妻・朋子さんと結婚しています。

子供は男女3人いて、男2人はいずれもスキーヤーとなっています。

特に次男の三浦豪太さんは、フリースタイルスキー・モーグルの選手としてリレハンメルオリンピック・長野オリンピックに出場するほどの実力者です。

三浦豪太

出典www.bs-j.co.jp

そして、54歳で世界七大陸最高峰を制覇した三浦雄一郎さんは、その後目的を失ってしまいしばらく何もしない時期が続きます。

そうやって約10年くらい、不摂生な生活を続けた結果、体重はかなり増えて血圧も200近くまで上がり、不整脈まで出ると言うとても危険な状態となってしまいます。

99歳実父の影響

実は三浦雄一郎さんのお父さんもスキーヤーで、スーパーおじいちゃんなんです!

三浦雄一郎さんのお父さんの三浦敬三さん(2006年没)は、2003年に99歳と言う年齢でモンブラン山系のヴァレブランシュ氷河からスキー滑降をして、内閣総理大臣表彰を受けています(笑)

三浦敬三

出典geinou-hayari.com

100歳になると、アメリカのスノーバードで、三浦雄一郎さんを始め親子孫曾孫の4世代での滑降を行って、話題を呼んでいます。

この実父の姿を見て一念発起した三浦雄一郎さんは、65歳になると5年後の70歳でエベレスト登頂に挑戦すると誓い、外出時には常に両足に重りを付け、20キロ近いリュックを常に背負うというトレーニングを始めます。

三浦雄一郎

出典adventure-king.com

そうやって地道なトレーニングを積んだ三浦雄一郎さんは、その言葉通り70歳でのエベレスト登頂に成功し、その後合計3度のエベレスト登頂にも成功しています。

今後の目標

今後の目標として、次は85歳でチオ・オユー(ヒマラヤ山脈の山 標高8,201 mで世界第6位に登って滑降して、その先まだ生きていたら90歳でもう一度エベレストに挑戦するそうです(笑)

恐らくどれもみんな達成させる事が出来ますよ、三浦雄一郎さんなら。

なぜならお父さんが100歳でアメリカまで行って滑ってるのですから、その子供である三浦さんは90歳でエベレストなんて余裕でしょう(笑)

とにかく今後も、三浦雄一郎さんには注目です!

スポンサーリンク
すぽんさー
すぽんさー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事