美人格闘家RENAが入場曲に「絶対負けない!」を選んだ理由とは?

RENA

最近の女性格闘家の中では、RENA選手が一番注目されてるのでは無いでしょうか?

RENA選手の格闘人生はシュートボクシングから始まって、現在は総合格闘技の世界でも連戦連勝を飾っています!

そんなRENA選手が、毎回リングに上がる時にかける入場曲「絶対負けない!」がネットで話題になってました。

一部では入場曲の「絶対負けない!」がダサいって言う意見もありますが、今回はRENA選手の入場曲について紹介したいと思います!

スポンサーリンク
すぽんさー

RENAの入場曲「絶対負けない」を歌っているのは?

RENA選手が入場曲に使用している「絶対負けない!」は、エイジアエンジニアと言う日本の4人組ロックバンドの曲です。

エイジアエンジニア

出典www.news2u.net

エイジアエンジニアは1998年に結成し、2005年にメジャーデビューしていて、今までに5枚のアルバムと1枚のベストアルバムを出しています。

バンド名のエイジアエンジニアは、「アジアに進出したい」「楽しいことを創りだす職人でいたい」という2つの気持ちが込められているそうです。

RENA選手が入場曲に使用している「絶対負けない!」は、3枚目のアルバム「Our time is coming」に収録されています。

しかし、エイジアエンジニアは2012年3月のライヴを最後に、現在は活動休止に入っています。

RENAが入場曲に「絶対負けない!」を選んだ理由とは?

そして、RENA選手がエイジアエンジニアの「絶対負けない!」を入場曲に使っている理由を語っているインタビューがないか探してみたものの、残念ながらありませんでした。

しかし、RENA選手が「絶対負けない!」を入場曲に使用する理由はただ一つしか無いと思います!

と言うか、それしか考えられません(笑)

それは明らかに「歌詞」が理由でしょう!

エイジアエンジニアの「絶対負けない!」の歌詞を見るとそれは明らかです。

誰にも負けない 決して曲げない
誰にも負けない強い気持ちがあったら絶対負けない

中略

まかせろってんだ 何ビビってんだ
見渡してみな 感じるだろ?来てるいい波が
最後にはいい涙 流して抱き合って笑い合って
健闘を称え合って 喜びを噛み締めるんだって
さぁさぁまかせろって ぜってー負けらんねぇ
七転んでも八起きでdon`t mind
さぁさぁ楽しもうぜ カラダで感じようぜ
oh yes! Let`t bigen the exciting party!

以下省略

どう見ても格闘技の入場曲にピッタリの歌詞です(笑)

ネットでRENA選手の入場曲がダサいとか書かれてる理由としては、ほとんどの格闘家の入場曲は歌詞の無い音楽だけのものか、洋楽の歌詞が多いです。

このRENA選手の入場曲のように、日本語の歌詞付きの入場曲はなかなか珍しいと思います。

そう言った事から、英語の歌詞や音だけの入場曲に比べると、ダサく感じるのかも知れません。

しかし、RENA選手はカッコだけの入場曲よりも、この歌詞の意味を重視してこの入場曲を選んでると思います。

それはRENA選手が入場する時に、曲に合わせて口ずさんでるのを見れば明らかです。

特に

誰にも負けない 決して曲げない
誰にも負けない強い気持ちがあったら絶対負けない

この部分を入場時に何回も口ずさむ事で、自分を鼓舞して気持ちを集中させてるんだと思います!

なので、現在のRENA選手の連戦連勝は入場曲である「絶対負けない!」が一役買ってるのかも知れません。

ダサいなんてとんでもない!

エイジアエンジニアの「絶対負けない!」はリング入場曲として最高の曲だと思います!

RENA選手の活躍で、「絶対負けない!」がどんどん有名になって、活動休止中のエイジアエンジニアが再び活動する事になると良いですね!

こちらの関連記事もどうぞ!

美人格闘家RENAのすごい経歴と理想の彼氏とは?女子最強って本当?

RENAの年収やファイトマネーはいくらくらい?格闘家の収入事情ってどうなの?

ギャビ・ガルシアの離婚理由と夫や子供は?現在の彼氏や経歴は?

真珠オークライヤーの経歴や実力は?親兄弟の現在や彼氏はいる?

終わりに

ボクサーでも格闘家でも、やはり入場曲は士気を高める為にも重要だと思います!

しかし、ほとんどの方はだいたい洋楽が多いように思いますが、RENA選手はあえて日本語のちゃんと意味ある歌詞を入場曲に使ってる所が斬新です。

人は思った通りの人間になると言いますが、格闘家として一番思わなくてはいけない「絶対負けない!」をリングに上がる前に聴くのは、やはり理にかなっていると思います!

スポンサーリンク
すぽんさー
すぽんさー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする