日本最速!大谷翔平の凄すぎる経歴と小・中・高時代の伝説まとめ!

大谷翔平

現在、野球界が最も注目するスター選手と言えば大谷翔平選手です!

日本球界だけじじゃなく、メジャーからも大絶賛されていて、地元のアメリカ人スター選手よりも大谷翔平選手の方が評価が高いとまで言われています。

大谷翔平選手がなぜこれほど騒がれるのかと言えば、投手と打者の「2刀流」と言う特異なプレースタイルながら、その両方で活躍しているからです!

こんな選手は今までの日本球界には一人も存在していません!

そんな大谷翔平選手の凄い所を、出来るだけ解りやすく紹介したいと思います!

スポンサーリンク
すぽんさー

大谷翔平ってどんな人?

大谷翔平

大谷翔平

出典matome.naver.jp

プロフィール

生年月日  1994年7月5日
出身地   岩手県・奥州市
学歴    花巻東高校卒
身長    193cm
体重    96kg

略歴

2002年  小学3年で野球を始め、全国大会に出場する
2004年  小学5年生で球速110km/hを記録
2010年  花巻東高校へ進学 1年生の時に球速147km/hをマーク
2012年  高校3年生の夏、アマチュア野球史上初となる球速160km/hをマーク
2013年  メジャー行きを悩んだ末、日本ハムファイターズへ入団
2013年  一年目から1軍で活躍
2014年  NPB史上初となる同一シーズンで二桁勝利と二桁本塁打を達成
2015年  最多勝利、最優秀防御率、最高勝率の投手三冠に輝く
2016年  対福岡ソフトバンクホークスで球速165km/hをマークし、日本最速記録を塗り替える

大谷翔平のすごい所

高校野球の場合、エースで4番を打って投打の両方で活躍する選手はたまにいますが、大谷翔平選手はそれをプロの世界でやってのけてる所が凄い所だと思います!

高校野球も甲子園などの全国大会になると、相当レベルが高いと思いますが、それでも全体的にはアマチュアです。

プロ野球はその中からさらに能力がある人達を集めた集団なので、そのレベルの中で両方で通用するなんて「考えられない能力」だと思います(笑)

投手としては、2016年10月16日にパCSファイナルステージで165キロを出して自身の日本最速記録を塗り替えています!

打者としての成績も、2016年シーズンは22本のホームラン、100安打、67打点で打率.322と、どう考えてもMVP級の活躍です!

大谷翔平のバッティング

出典japan.oakley.com

もうメジャーのスカウト団が、ヨダレを垂らしながら大谷翔平選手を見ているのが目に浮かびますね(笑)

メジャーに行くと2刀流は封印?

しかし、これだけ2刀流で活躍してる大谷翔平選手ですが、仮にメジャーへ行くとなると2刀流は封印するハメになりそうです。

と言うのも、メジャーの契約金や年俸は莫大です。

それだけのお金をかけて獲得した選手が、怪我をして使い物にならなくなる要素は出来るだけ排除するのは当然です。

大谷翔平選手が投手としてメジャーへ行ったのに、2刀流でバッターに立ち、デッドボールや自打球でケガをして投げれなくなったのでは大損です。

過去にメジャーで2刀流を経験したブルックス・キーシュニック選手も、「メジャーでは2刀流でやらせてくれる所は無い」と断言しています。

なので、大谷翔平選手がこのまま打撃もやりたいと思ってるなら、「打撃はもういい」と言うまでは日本でプレーする方がいいかも知れません。

大谷翔平の小・中・高時代の伝説とは?

小学生から凄かった大谷翔平

大谷翔平選手は野球を始めるとすぐに頭角を現して、小学校3年生にはすでにリトルリーグで全国大会に出ています。

そして、小学5年生の時には球速110km/hを記録しています!

10歳で球速110km/hなんて、もはやピッチャーになる為に生まれてきたようなものです(笑)

そして、中学に入るとその凄さに磨きがかかり、とんでもない記録を残しています!

まずバッティングですが、中学1年生の時に福島県の合宿でセンターオーバーの場外ホームランを打ち、その球が歩行者用の信号機に当って信号機が壊れたそうです(笑)

推定飛距離は120m以上と言われていて、それは札幌ドームでもホームランになる飛距離です!

中学1年生で、プロにも通用する打撃のパワーがあったと言う事になりますね(笑)

そして、ピッチャーとしては全国大会をかけた試合の時に、全部で18個のアウトのうち17個を三振でとっています!

残りの一つは、惜しくもセンター前に打たれてアウトを取ったようです。

リトルリーグでは3アウトの6回までなので、全18個のアウトとなっています。

中学生になると球速は120km/hを超えていて、しかも決め球に縦に落ちる高速スライダーとなれば、同学年ではなかなか打てるはずは無いですね。

それにしても、一つを除いて全て三振って、これも考えられない圧倒的な実力です(笑)

それを裏付けるように、この試合で大谷翔平選手が投げる時になると、現場はみんなシーンとした状態になって異様な空気に包まれていたそうです。

この頃からすでに、現在の活躍は決まっていたようなものだったのかも知れませんね。

そんな大谷翔平選手が高校に入ると、さらにどんどんすごくなって行きます!

ます高校1年生で球速147km/hをマーク。

2年生では151km/h、そして3年生の夏にはアマチュア野球史上初となる最速160km/hを記録しています!

高校生で160km/hを出す選手なんて、もうしばらくは出てこないだろうと思います(笑)

これは完全に伝説ですね!

あと、高校生の時の練習エピソードで、体育館の巨大なマットを2つ繋げたものをジャンプで飛び越えたと言うのがあります。

恐らく全長にしたら5,6mはあるかと思う分厚いマットですが、それを走ってきてポンとジャンプして飛び越えたと、当時の先生が答えていました(笑)

しかもそれが出来たのは、大谷翔平選手だけだったようです!

さらに、これも体育館での事ですが、バレーボールを床に打ち付けてボールを高く上げると言うトレーニングで、大谷翔平選手が打ち付けたボールは天井にまで届いたそうです(笑)

他の選手がやっても、ボールは天井の半分くらいしか上がりません。

これだけ見ても、いかに大谷翔平選手の身体能力がずば抜けてるかが分かります!

大谷翔平選手の理想の恋人は?

ここまですごいと当然学生時代からモテてたはずなので、今までに彼女の一人や二人くらい居そうなものですが、残念ながらそういう話は一切出て来ませんでした。

しかし、モテていたのは事実のようでバレンタインデーにチョコをいっぱい貰ったり、ラブレターも何通か貰ったりしていたようですが、やはり野球に専念したいと言う事で、付き合う事はなかったようです。

少し前のインタビューでも「恋人はいません。居ると言えたらいいのですけど(笑)」と語っていたので、現在もいないと思います。

しかし、そんな大谷翔平選手を世の中の女性が放っておくはずは無く、女子アナがこぞって大谷翔平選手にアピールしていると噂になっています(笑)

先日もフリーアナウンサーの加藤綾子さんがインタビューした際も、「距離が近い」「目が¥マークになってる」などと叩かれていました。

球団もそういう事情を知り、大事な宝を誘惑されないよう、その後の加藤綾子さんのインタビュー申し込みを断っているそうです(笑)

スターになると色々大変ですね・・・。

そんな大谷翔平選手の理想の恋人は、「スポーティーな女性がいい」とシューイチのインタビューで答えていました。

スポーティと言っても、別にスポーツをがっつりやってる人と言う意味では無いようです。

大谷翔平選手の趣味がもはや「トレーニング」となっているので、そのトレーニングに付き合ってくれるような人がいいみたいですね!

結婚は今は全く意識もしていないようですが、将来的な事を考えると食事の管理やトレーニングに理解のある、英語が堪能で美人な人が現れればすぐに結婚となるかも知れませんね(笑)

どっちにしても、大谷翔平選手の話題は今後も尽きる事は無いので、野球の事も私生活の事もこれからのニュースが楽しみです!

今後も大谷翔平選手に注目です!

関連記事

大谷翔平の両親だけで無く兄や姉も高身長!父は退職してメジャーの準備?

大谷翔平の球速目標は175キロ!?高校時代の驚くべき計画内容とは?

スポンサーリンク
すぽんさー
すぽんさー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする