黒木華の兄弟や両親(父・母)は?歴代彼氏とすごい年収&ギャラはどれくらい?

黒木華さんといえば、高い演技力で最近映画やテレビで大活躍の女優さんです。

特に、山田洋次監督の『小さいおうち』では、第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞するなど、その高い演技力が海外にも評価されています。

さらに、国内でも第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞も受賞するなど、今後のさらなる活躍が期待されています。

そんな黒木華さんの両親(父・母)や兄弟もすごい人なのでしょうか?

また、歴代彼氏や現在の年収&ギャラはどれくらいなのでしょう?

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

黒木華ってどんな人?

プロフィール

本名   黒木華(くろきはる)

生年月日 1990年3月14日
出身地  大阪府
身長   164㎝
血液型  B型
学歴   京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コース卒
所属   パパドゥ所属

黒木華の両親(父・母)もすごい人?

黒木華さんの両親について調べてみると、父親の名前や年齢など詳しい情報は出ていませんでした。

ただ、黒木華さんの年齢を考えると、現在は60歳前後と言った年齢である可能性が高いのではないでしょうか。

また、父親の職業などの情報も出ていませんでしたが、黒木華さんが「京都造形芸術大学」と言った私立の大学へ進学している事から、仕事は収入の高い職種なのかも知れません。

実際、私立の大学にかかる年間の学費は平均100万円を超えるので、そこに普通に通えると言う事は、黒木華さんの実家はかなり裕福な可能性が高いです。

母親は元女優?

そして、母親に関しても名前や年齢などの詳しい情報は出ていませんが、母親が黒木華さんを幼い頃から映画や演劇鑑賞に連れて行っていたという事です。

なので、ひょっとすると母親も若い頃は「演劇」などをやっていたのかも知れません。

もちろん、そのような情報は一切無いのであくまでも推測ですが、その後黒木華さんは地域活動で演劇をするようになり、そこで褒められた事でどんどん演劇にのめり込んだと言う事です。

当然、その背景には母親が色々アドバイスをしていた可能性もあるので、現在の黒木華さんの人生を方向づけたのは母親と言えるのではないでしょうか。

そして、あるインタビューで

両親が、「自分の人生だし、女の子なんだから結婚すればいいことなんだし」と言ってくれことがすごく大きくて、だからこそ今こうしていられるんだと思います。

と答えているので、両親共に黒木華さんが女優になる事を応援していたと言えます。

通常、娘が芸能界入りするのを反対する父親も多いと思いますが、黒木華さんの父親は全然反対する事無く、最初から応援していたと言う事になります。

その証拠にインタビューでもこう答えています。

両親が喜んでくれるのが何よりもうれしいです。両親のこと好きですし、自分の好きなことをさせてくれて本当に感謝しています。

さらに、母親について聞かれたインタビューでは以下のように語っています。

「尊敬してます。ものすごくポジティブなんですよ。私はネガティブなので、助けられることが多くて。俳優が、仕事になるか分からないけど、もうちょっとやってみたい、と言ったときに、背中を押してくれました。私は東京に出てきたので、会わない時間が多いから、さみしいんだろうな」

こう語っている事から、黒木華さんと母親との信頼関係や仲の良さが分かりますし、母親や父親の存在が黒木華さんの心の支えになっているのは間違い無いでしょう。

なので、今の黒木華さんの大活躍は父親や母親の応援や支えがあってこそだと言えるので、そう思うと、これほどの女優を送り出した両親も「すごい人」と言えるのではないでしょうか。

黒木華の兄弟も芸能人?

黒木華さんには3歳年下の弟が1人いるだけなので、2人姉弟となります

名前は「侑太」さんと言いますが、学歴や現在の職業などの詳しい情報は出ていません。

なので、恐らく弟さんは芸能界とは関係無い一般人だと思われますが、姉の黒木華さんが小さい頃から演劇をやっていた為、弟も影響を受けてる可能性もあります。

ただ、情報として全く弟の事は出てきて無い為、小さい頃は姉と同様に映画や演劇に触れていたかも知れませんが、弟はそこまで「演劇」にのめり込まなかったのかも知れません。

また、黒木華さんのインタビューでは、両親の事はちょくちょく出てくるものの、弟に関してはほぼ無い為、ひょっとするとそれほど仲が良くない可能性もあります。

もちろん、あくまでも推測なので、めちゃくちゃ仲が良い可能性もありますが、弟の事に関してはまた何か情報があれば追記していきます。

黒木華の歴代彼氏は?

黒木華さんの彼氏について調べてみると、2014年に一度だけフライデーに「熱愛報道」が出ていました。

お相手は、玉置玲央(たまおき れお)さんと言って、黒木華さんより5歳年上の俳優兼演出家と言う事です。

ちなみに玉置玲央さんは、「柿喰う客」と言う劇団に所属し、主に舞台俳優として活動していて、テレビドラマにはたまに出演しているくらいで一般的な知名度は低いです。

ただ、顔はかなり二枚目なのでこれからどんどん活躍されるかも知れません。

そんな玉置玲央さんと黒木華さんは、2014年の舞台、中屋敷法仁演出『赤鬼』で共演して、交際に発展したと言われています。

また、フライデーされた写真は一緒に歩いてる所を撮られたものですが、玉置玲央さんが黒木華さんの髪に触れるような写真もある為、友達以上の関係のように思えます。

しかし、プライベートで「路上キスしていた」など決定的なものでは無い為、本当に交際していたのかどうかの確証はありません。

さらに、それ以後2人に関する報道は一切無い為、フライデーされた事で警戒して外では会わないようにしているのか、最初から交際して無いかのどちらかでしょう。

黒木華に関する結婚や交際は全てデマ

また、その後も黒木華さんに関する噂で、「結婚していた」「ムロツヨシと交際」などが出ていましたが、これらは全てデマです。

まず、「結婚していた」と言うデマは、大森南朋さんの妻である「小野ゆり子さん」が黒木華さんと顔や髪型が似ている事から噂されたようです。

さらに、ムロツヨシさんとの交際の噂は、バラエティー番組で「ムロツヨシは恋愛の対象になるか?」と言う質問に「全然あり」と回答した事で噂になりました。

ただ、その後「交際した」とかムロツヨシさんと「ツーショット写真が撮られた」とかの報道は無いので、交際へは発展してないでしょう。

そう考えると、黒木華さんに関する「彼氏」の報道で一番信憑性が高いのが、2014年の玉置玲央さんとのツーショット写真だけと言う事になります。

しかし、現在も黒木華さんと玉置玲央さんが交際しているかは不明なので、今後、黒木華さんの彼氏に関する情報が何かあればまた追記していきます。

黒木華の年収やギャラはどれくらい?

現在、大活躍の黒木華さんの年収やギャラはどれくらいなのでしょう?

調べてみると、黒木華さんのドラマ1本のギャラは160万円と言われています。もちろん正式に公表されてる訳では無いので、週刊誌による予測のギャラです。

しかし、業界に詳しい方が調査して調べてるので、ほぼ合っているのではないでしょうか。

そして、仮にドラマ一本が10話とすると黒木華さんの場合は1,600万円稼ぐと言う事になります。

なので、仮に年間3本くらいのドラマに出演すると、黒木華さんはドラマだけで4,800万円稼げるということになります。

ただ、黒木華さんの場合はテレビドラマよりは映画出演の方が多く、おまけに日本映画のギャラは外国映画に比べてめちゃくちゃ安いと言います。

もちろん契約の内容にもよりますが、噂では主役級の俳優でも1本300万円~500万円のギャラで、1,000万円行く俳優はほとんどいないと言う事です。

しかし、ハリウッド映画を見てると、主役級の俳優のギャラは10億円~20億円は普通なので、その辺がまだまだ日本と世界との差と言う事なのかも知れません。

俳優や女優の年収の多くはCMがほとんど

そして、俳優や女優の収入の多くは、役者としての仕事よりもCMによるものが大きいです。

調べてみると、黒木華さんの場合、2015年にCM1本2,000万円~2,500万円と言われていました。

なので、現在は数々の賞も受賞して評価も高まってる事から、3,000万円以上にはなっている可能性が高いです。

ただ、黒木華さんはそれほど多くのCMには出演して無いので、CMでも現在はそれほど多くは稼いで無いかも知れません。

それを思うと、黒木華さんはギャラの安い映画出演が多い事と、CMの出演数も少ないのでひょっとするとそれほど多くの年収は稼いでない可能性もあります。

事実、最新の女優の年収ランキングを見ても、黒木華さんは35位の8,000万円にも名前が出てなかったので、それよりも低い年収と言えそうです。

ただ、これからの活躍でさらにCM出演数が増えれば、1億円くらいの年収はすぐに超えそうな気がするので、今後の活躍しだいでは年収ランキングの上位に来るかも知れません。

黒木華の凄すぎる経歴とは?

黒木華さんは、幼い頃から母親に映画や演劇に連れて行ってもらったことから演劇が好きになりました。

その後も、 全国大会で優勝実績のある演劇の名門「追手門学院高等学校」に進学して、「1年生からエース」として3年間主役を務めるなど、非凡な才能を発揮していました。

さらに、大学も「京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コース」に進学して、どんどん女優としてのスキルに磨きをかけて行きます。

ただ、大学内ではなかなかキャスティングされなかった為、2009年に野田秀樹さんの演劇ワークショップに参加し、オーディションで役を勝ち取りました。

そして、翌2010年にNODA・MAP公演『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして初舞台に立ち女優デビューしています。

また、引き続き野田秀樹さんの作品や蜷川幸雄さん演出の『あゝ、荒野』などの舞台作品に出演し、演劇界の期待の新人として注目を浴びる事になりました。

そう思うと、大学内の演劇クラブでキャスティングされなかった事が、逆に良かったのかも知れません。

テレビや映画でも演技が評価される

その後、2011年頃からは映画やテレビドラマにも出演するようになり、徐々にその名が知れ渡って行くようになります。

そして、2013年の『シャニダールの花』『舟を編む』での演技が高く評価され、日本の主要映画賞でいきなり計7つの新人賞を受賞する事になります。

さらに、2014年にはオーディションで『小さいおうち』の出演を勝ち取り、同作での演技で「第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)」受賞しました。

これは、日本の女優では左幸子、田中絹代、寺島しのぶに次いで史上4人目と言う事で、23歳での受賞は日本人最年少となる快挙です。

また、黒木華さんの快挙はそれだけでは無く、その後に出演した映画『母と暮せば』でも「第39回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞」受賞しています。

なので、前年の『小さいおうち』でも最優秀助演女優賞を受賞していたので、2年連続受賞は、余貴美子さん以来6年ぶりで史上2人目の快挙と言う事です。

このように、女優としての非凡な才能を発揮し続ける黒木華さんが、これからどんな活躍をしていくのか非常に楽しみですね。

ひょっとすると、ハリウッド映画に進出して国際的なスターになる可能性もあるだけに、今後も黒木華さんの活動から目が離せません。

こちらの関連記事もどうぞ

多部未華子の兄弟や両親は?歴代彼氏とすごい年収&ギャラはどれくらい?

波瑠の本名や兄弟と両親は?驚きの年収&ギャラと彼氏や結婚の噂は?

長澤まさみの兄弟の職業や両親は?すごい年収&ギャラと歴代彼氏まとめ!

菜々緒の両親や兄弟も高身長?すごい年収&ギャラと気になる性格や歴代彼氏まとめ!

吉高由里子の両親の離婚理由と年収&ギャラは?兄弟と本名や歴代の彼氏とは?

中谷美紀の両親や兄弟は?すごい年収&ギャラと歴代彼氏や結婚しない理由とは?

山本美月の両親や兄弟(妹)もキレイ?すごい年収と噂になった彼氏まとめ!

高橋メアリージュンの兄弟や両親もすごい?家族仲と彼氏や結婚の噂とは?

芦田愛菜の年収と驚きのギャラとは!父親の職業や母親の学歴は?

終わりに

黒木華さんは幼少期より演劇に夢中になり、経歴もほとんど演劇に特化したような経歴です。

なので、ある意味「演劇の英才教育」を受けてきた女優とも言える為、現在のような目覚ましい活躍があるのかも知れません。

それはもちろん、本人の努力無しには出来ない事なので、元々の実力とさらなる努力の賜物が現在の活躍に繋がっているのでしょう。

これからも黒木華さんの活躍に注目です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする