沢田研二の嫁や子供と家族関係は?現在の年収や離婚の凄すぎる慰謝料とは?

「ジュリー」の愛称で親しまれる、昭和を代表する大スターの沢田研二さん。

「ジュリー」と言う愛称は、沢田研二さんが女優の「ジュリー・アンドリュース」のファンだった為に付けられたそうです。

そして、沢田研二さんはグループ・サウンズ全盛期の1960年代に「ザ・タイガース」のボーカリストとして活躍し、現在でもソロコンサートを精力的に行っています。

そんなスーパースターの沢田研二さんの嫁や子供と家族はどんな人なのでしょう?

また、離婚のすごい慰謝料と現在の年収はどれくらいなのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

沢田研二ってどんな人?

プロフィール

本名   澤田研二

生年月日 1948年6月25日
出身地  鳥取県鳥取市生まれ→京都育ち
身長   171㎝
学歴   京都府立鴨沂高等学校
所属   ココロ・コーポレーション

沢田研二の嫁はどんな人?離婚の原因は不倫で慰謝料がすごい!

沢田研二さんには離婚歴があり、一度目の結婚は1960年代にアイドルとして活躍した「ザ・ピーナッツ」伊藤エミさんと1975年に結婚しています。

「ザ・ピーナッツ」は、伊藤エミさんと妹の伊藤ユミさんの姉妹デュオで、1959年のデビュー以後は、人気歌謡番組の常連になるなど人気を博しました。

さらに、人気バラエティー番組『シャボン玉ホリデー』のメイン司会や海外のテレビにも出演するなど、単なる歌手の域を超えた活躍をしています。

そして、「ザ・ピーナッツ」は渡辺プロダクション所属で、当時の沢田研二さんも同じ事務所だった事から、最初は事務所の先輩と後輩の関係でした。

また、年も沢田研二さんが7歳年下という事もあり、結婚を発表した当初は「年の差婚」としても話題となりましたが、交際期間7年を経ての結婚なので完全な恋愛結婚と言えます。

しかし、順調だった結婚生活も、1982年の映画『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』で共演した「田中裕子」さんとの不倫で、終止符が打たれる事になりました。

現在の嫁「田中裕子」との出会いや馴れ初めは?

現在の沢田研二さんの嫁は田中裕子さんです。

プロフィール

本名   澤田裕子(さわだひろこ)

生年月日 1955年4月29日
出身地  大阪府池田市出身
身長   160㎝
学歴   明治大学文学部演劇学科卒
所属   アニマ出版

田中裕子さんとは、映画の共演が最初では無く沢田研二さんが「ザ・タイガース」として活動していた時期に会った事があるそうです。

それは、単に田中裕子さんが「ファン」としてコンサートに訪れてただけかも知れませんが、実は沢田研二さんも田中裕子さんのファンだったと言います。

と言うのも、田中裕子さんは1979年にNHKテレビ小説『マー姉ちゃん』で主役の妹役としてデビューすると、卓越した演技力で次々と話題作に出演しています。

特に、1983年の『おしん』では主役を演じて平均視聴率52.6%を獲得するなど、テレビドラマ史上最高視聴率を叩き出しています。

そんな事から、沢田研二さんも田中裕子さんの存在が気になっていたのかも知れませんね。

そんな中、沢田研二さんと田中裕子さんは映画で共演した事がキッカケで急接近し、交際へと発展して行きました。

どちらがアプローチをかけたのかなどの詳細は分かりませんが、お互いがファンだった事から自然に惹かれて行ったのかも知れません。

また、現在も沢田研二さんや田中裕子さんは「不倫」と言う事については明確にはしていないようです。

と言うのも、田中裕子さんと交際したのは、伊藤エミさんとの関係がギクシャクして「離婚届を置いて家を出てから」と言う事なので、本人的には「不倫では無い」と言う事なのではないでしょうか。

しかし、沢田研二さんが家を出る前から、田中裕子さんのマンションへ通っていたと言う噂もあるので、家を出たキッカケは田中裕子さんにあるのは間違いないでしょう。

沢田研二と元嫁が離婚した慰謝料がすごい

そして、沢田研二さんは1986年8月に離婚届に判を押して家を出ていき、翌1987年1月7日に正式に離婚が成立しました。

また、離婚以上に話題になったのが慰謝料で、沢田研二さんは体一つで家を出た為、家や所有していたテニスコートなど総額18億円は全て元嫁の伊藤エミさんに渡ったと言われています。

この金額は、日本の離婚に関する慰謝料では歴代3位と言われています。ちなみに1位と2位の慰謝料は以下の通りです。

1位 千昌夫&ジョン・シェパード(アメリカ人歌手) 50億円

2位 藤田晋(IT社長)&奥菜恵   30億円

これだけの慰謝料を支払っても、田中裕子さんと一緒になりたかったと言う事なのかも知れません。

すぐには再婚せず一時は破局説も・・・

ただ、すぐに結婚すると思われた沢田研二さんと田中裕子さんですが、離婚が成立して1年が過ぎても結婚とはいかず、沢田研二さん自身の仕事も不調となっていきました。

やはり不倫や離婚の影響か、ファンクラブも解散しヒット曲にも恵まれなくなります。

なので、田中裕子さんとの関係も「破局説」が流れるなど、このまま結婚しないと思われましたが、1989年11月に出雲大社で初穂料2万円と言う地味婚を行いました。

結婚を決めた理由は、田中裕子さんの父親が亡くなって1周忌が過ぎた事で、沢田研二さん自身も心機一転ケジメをつけて頑張りたいと言う思いもあったようです。

それ以後、現在まで沢田研二さんと田中裕子さんは夫婦として仲良く過ごしています。

沢田研二の子供は?

沢田研二さんの子供は元嫁の伊藤エミさんとの間に男の子が一人生まれているだけで、田中裕子さんとの間には子供はいません。

名前は「澤田一人(さわだかずと)さん」と行って、1979年3月生まれなので年齢的にはアラフォーになります。

また、元嫁の伊藤エミさんは子供の事を思ってなのか、沢田研二さんと離婚が成立しても「澤田性」を名乗っていた為、息子も澤田性となっています。

そして、沢田研二さんは息子がまだ小学校低学年のうちに家を出て、親権は元嫁の伊藤エミさんが持っていた為、息子とはほとんど一緒には暮らしていません。

なので、恐らく息子ともあまり面識が無いのではないでしょうか。

しかし、息子の澤田一人さんは現在「音楽関係の仕事に就いてる」と言う事なので、ひょっとすると沢田研二さんのコンサートなどにも関与しているのかも知れません。

そうなると、少しは父親の沢田研二さんとの接点も見えますが、その辺の情報が全く無い為、息子に関してはまた何か詳しい情報があれば追記して行きます。

沢田研二の家族・両親や兄弟は?

沢田研二さんの両親は、父親が澤田松雄さんと言って舞鶴市にある火薬工場の取引先に勤務していたと言う事です。

また、父親も若い頃は「俳優」を目指していた時期もあるようで、ひょっとすると沢田研二さんの「美形」は父親譲りだったのかも知れません。

さらに、父親は2014年には100歳を迎えて「市民しんぶん」で名前を取り上げられた事もあるようで、かなりの長生きと言えます。また、母親は澤田智恵子さんと言いますが、母親の詳しい情報はありませんでした。

そして、沢田研二さんの兄弟は上にお兄さんと下に妹がいるので全員で3人兄弟です。

ただ、兄弟は一般人と言う事もあり、どんな仕事をしていたのかなどの詳しい情報は特にありませんでした。

しかし、沢田研二さんの京都にある実家にはお兄さんが住んでいて、「髪がフサフサだった」との書き込みがあったので、沢田研二さんの家系はハゲない家系なのかも知れません。

沢田研二のすごい年収とは?

View this post on Instagram

☁️ruha☁️さん(@____ruha)がシェアした投稿

沢田研二さんの現在の年収はどれくらいなのでしょう。

正直、テレビやCMに出てるタレントなら、雑誌などで「ある程度のギャラ」が出ている為何となく予測もしやすいですが、テレビに出てない方は全く謎です。

ただ、沢田研二さんの場合、主な収入源がコンサートだとすると、現在全席指定のチケット8,000円なので、それが9,000枚で満杯だとすると7,200万円の収益となります。

ちなみに「9,000枚」と言うのは、最近のワイドショーで沢田研二さんが「9,000集まると聞いていた」と話していた事から出しています。

なので、コンサート会場の規模によってはもっと少ないでしょう。

実際、通常の「市民ホール」レベルなら1000人ほどの会場となるので、8,000円のチケットなら800万円ほどの収益です。

しかし、仮に9,000で満杯の会場でコンサートをやった場合は、単純計算で7,200万円の売り上げがあります。

そして、会場費や人件費などもろもろの経費がどれだけかかるかは分かりませんが、沢田研二さん自身は個人事務所なので、自分のギャラは丸々入ってきます。

それを思うと、普通に芸能事務所に所属しているよりも取り分は相当多いのではないでしょうか。

コンサートは会場費や経費が高い

View this post on Instagram

Yukako Fujwaraさん(@f.yukapon90)がシェアした投稿

ただ、色々調べるとドーム級のコンサート会場は、借りるだけでも1日1,500万円ほどかかり、さらに会場の設備を使用するにも数千万円かかると言われています。

また、宣伝費やチケット決済費、人件費なども数千万円かかる事を考えると、沢田研二さんに支払われるギャラは、ドーム級のコンサートでも1,000万円あれば良い方なのではないでしょうか。(完全な推測です)

しかし、沢田研二さんは2018年は年間で64公演行いますが、ドーム級の会場は数箇所だけなので、ほとんどは市民ホールレベルの会場です。

なので、市民ホールレベルの会場のギャラが仮に1回200万円とすると、それで60公演あったとしたら、それでも1億2,000万円の収入となります。

さらに、ドーム級のギャラが1,000万円以上ならもっと収入は多いでしょう。

また、会場では当然沢田研二さんのオリジナルグッズなども販売されてる為、その辺の売り上げ次第では、沢田研二さんの年収は軽く2億円を超えるかも知れません。

やはり「スーパースター」と言うのは、いくつになってもとんでもない金額を稼ぎ出しますね。

意外と知らない沢田研二の凄すぎる経歴とは?

沢田研二さんは、17歳の時に京都のダンス喫茶「田園」でドアボーイのアルバイトをしている時に、あるバンドに声をかけられボーカリストとなります。

そして、後の「ザ・タイガース」のメンバーである岸部一徳さんが、沢田研二さんのボーカルを聴いてスカウトした事からスターへの階段を駆け上る事になりました。

当時、岸部一徳さんは「ファニーズ」と言うバンドを組んでいて、デビューするにあたり「ザ・タイガース」と名前を変え、1967年にシングル「僕のマリー」でデビューしました。

すると、2作目の「シーサイド・バウンド」で人気が爆発し、続く「モナリザの微笑」「君だけに愛を」で一気にグループ・サウンズ (GS) の頂点へと躍り出ました。

また、特に沢田研二さんはその中性的な容姿が「貴公子的存在」として、10代の少女を中心に熱狂的な人気を博して一躍国民的アイドルにもなっています。

グループ・サウンズ全盛期と解散

そして、日本のグループ・サウンズの頂点と立った「ザ・タイガース」は、1968年に後楽園球場でコンサート開催し、これは日本で行われた初めてのスタジアムコンサートとなりました。

さらに1969年には、アメリカの中で最も権威ある音楽雑誌のひとつ『ローリング・ストーン』 (Vol.28) の表紙に登場するなど、世界的な活躍をします。

ちなみに、日本版の『ローリング・ストーン』が刊行される前において、日本人が表紙を飾ったのは、これが最初で最後だったと言う事です。

ただ、それほどの人気を誇った「ザ・タイガース」でしたが、1971年1月24日に日本武道館で行われた「ザ・タイガース ビューティフル・コンサート」で解散しています。

解散理由は、ギターが辞めた事で徐々に歯車が狂った事が一番の原因のようですが、他にも金銭的な理由など色々あったようです。

ソロとしての沢田研二

「ザ・タイガース」が解散すると、沢田研二さんは1971年から新しいバンド「PYG」に参加します。

この「PYG」は、他の有名バンドのメンバー6人が集まったもので、「ザ・テンプターズ」として活動していた「萩原健一」さんとツインボーカルのバンドでした。

ただ、後に萩原健一さんの俳優活動が忙しくなった為、「PYG」は実質沢田研二さんのバックバンドとなっていきます。

そして、1971年11月に沢田研二さんはソロとしてもデビューしますが、オリコン週間チャートでの最高位は23位で、ソロデビューは意外とふるいませんでした。

しかし、その後に出した「危険なふたり」が65万枚を売り上げてソロ初のオリコン1位を獲得すると、そのまま「第4回日本歌謡大賞」も受賞し、一躍ソロでも注目を集めます。

さらに、「追憶」58万枚を売り上げるなどヒット曲を連発し、1974年にはイギリスやフランスにも進出して、フランスでは「ゴールデンディスク賞」日本人として初めて受賞しています。

そして、1975年に出した「時の過ぎゆくままに」は5週連続オリコン1位を獲得し、累計売上92万枚と言う、沢田研二さんにとって最大のヒット曲となりました。

そんな沢田研二さんは、これまでにソロとしてのシングル総売上は1,239万枚を記録し、1982〜1991年の9年間は歴代1位の座を保っていました。

ここだけ見ても、沢田研二さんがいかに優れた歌手なのかが良く分かります。

ちなみに、現在のシングル総売上の1位は「AKB48」3985万枚と言う事です。

沢田研二の俳優活動

沢田研二さんは、歌手活動以外に「俳優」としても優れた才能を発揮しています。

特に、1979年の映画『太陽を盗んだ男』で原子爆弾を作る理科教師を演じ、第4回報知映画賞で「作品賞」と「主演男優賞」を受賞する活躍をしました。

さらに、日本アカデミー賞では「主演男優賞」にノミネートされるなど、俳優としても非凡な才能を発揮しています。

そして、沢田研二さんの俳優業の中で特に素晴らしいのが、1981年の映画『魔界転生』で演じた「天草四郎」の役で、これは企画段階から沢田研二さんありきで進められました。

その甲斐あって、沢田研二さんの中性的な美貌と「天草四郎」役が見事にマッチして、この映画は観客動員数200万人、配給収入10億5千万円という空前の大ヒットとなりました。

とにかく、この『魔界転生』は沢田研二さんの魅惑的な容姿と演技に引き込まれ、時間が経つのを忘れるくらい見入ってしまう魅力があります。

もし、まだ見てない方は「UーNEXT」なら30日間無料トライアルがあるので、登録さえすれば無料で『魔界転生』が楽しめますよ♪

また、「UーNEXT」は解約もクリックひとつで簡単にできる為、30日間の解約日を忘れなければその間他の映画やドラマも見放題となります。

ぜひ、沢田研二さんの魅惑的な容姿と演技が満喫できる『魔界転生』無料で楽しんでみて下さい♪

「UーNEXT」の30日無料トライアルに登録するならこちら!
U-NEXT

こちらの関連記事もどうぞ

桜井和寿の兄弟(姉)や両親は?子供の名前とすごい年収や現在の嫁との馴れ初めとは?

GACKT(ガクト)年収と兄弟や両親はお金持ち?意外な結婚歴や歴代彼女は?

YOSHIKIの兄弟やすごい年収とは?父親の自殺原因と結婚や彼女は?

ラルクhydeの両親や兄弟は?すごい年収と嫁や子供の現在は?

グレイ TERU(テル)の両親や兄弟は?子供の現在や嫁・亜美との馴れ初めとは?

草野マサムネの彼女と結婚しない理由や年収は?両親や兄弟もすごい人?

三浦大知の両親や兄弟は?子供の名前や結婚した嫁は社長令嬢!?現在の年収は?

三木道三(dozan11)の現在と年齢や結婚は?活動休止した理由とは?

ディーン・フジオカの両親や兄弟も美形?嫁や子供と過去の動画とは?

岡崎体育の両親と結婚や彼女は?すごい経歴と年収や母の仕事とは?

氷室京介の兄弟や両親は?すごい年収や布袋寅泰と不仲の理由は?

布袋寅泰の両親や兄弟は?すごい年収と嫁や子供との関係は?

終わりに

沢田研二さんと言えば、全盛期は歌手としても俳優としても活躍した大スターです。

現在はあまりテレビでは見かけませんが、コンサートは精力的に行っていて、当時と変わらない歌声を披露しているのは本当にすごいと言えます。

また、ソロコンサートだけでは無く、かつてのグループサウンズのメンバーとも共演したりと、昔からのファンには沢田研二さんの存在が元気の源となっているでしょう。

今後も、どんどん精力的な歌手活動を続けて永遠のスーパースターでいてほしいと願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする