大坂なおみの両親や兄弟(姉)の実力もすごい?現在の年収や凄すぎる経歴とは?

現在、世界ランキングでも日本人女子のトップをキープしている大坂なおみ選手!

大坂なおみ選手は、父親がハイチ人で母親が日本人のハーフですが、18歳の時に日本国籍を選んだ事で、正式な日本人選手となりました。

恵まれた体格から繰り出される強力なサーブを武器に、16歳でプロデビューして以来快進撃を続け、今最も勢いのある選手として注目されています!

そんな大坂なおみ選手の両親や兄弟はどんな人なのでしょう?

また、すごい経歴や現在の年収はどれくらいのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

大坂なおみってどんな人?

大坂なおみ

プロフィール

生年月日 1997年10月16日
出身地  大阪府大阪市
身長   180cm
体重   69kg

略歴
2000年 3歳から父親の指導でテニスを始める
2001年 4歳で一家でアメリカに移住
2011年 ITFに参戦する

2013年 16歳でプロに転向
2014年 2014年7月のWTAツアーに初参戦、初勝利する。
2016年 全豪オープンでグランドスラム初出場で3回戦まで進む。
2016年 全仏オープンと全米オープンでも3回戦進出
2016年 世界ランキングトップ50に入る
2018年 WTAプレミア・マンダトリー大会で優勝
2018年 世界ランキング22位となる
2018年 全米オープン初優勝

大坂なおみのすごい経歴とは?

大坂なおみ選手は、3歳の頃から姉と共に父親の指導でテニスを始めました。

と言っても、父親はテニスプレーヤーでは無く、テニスに関しては全くの素人です。

ただ、若い頃はバスケットボールやアメリカンフットボールを経験していたので、スポーツにはある程度精通していたようです。

なので、最初は娘達にバスケットボールをやらせようと思っていましたが、団体競技よりも個人競技の方がいいと考え直し、テニスをやらせる事にしました。

また、大阪市内に住んでいた頃は、練習場は近所の靱公園(うつぼこうえん)にあるテニスコートで、姉と共に練習していて、父親は有名テニス選手のレッスン教材を見ながら娘の指導を行っていました。

しかし、その後父親の仕事の都合なのか、すぐに一家でアメリカに移住する事になり、それ以後はずっとアメリカで生活しています。

アメリカ移住後も父親と姉とでテニス三昧の毎日

そして、アメリカではどんな練習をしていたのかは分かっていませんが、過去のインタビューでは「幼少期はずっと父親や姉とテニスをしていた」と語っていました。

なので、ある程度の年齢までは父親がテニスのレッスンしていたのかも知れません。

ただ、父親には7歳頃までには勝ったと言う事なので、さすがにその頃にはどこかのテニススクールに通っていたのでは無いででしょうか。

また、プロデビュー前の成績などもほとんど分かっていませんが、2011年から年齢も国籍も関係のない国際テニス協会(ITF)主催の大会へと参戦するようになります。

その辺の詳しい戦績も分かっていませんが、そこでそれなりの成績を挙げていたので、2013年のプロデビューに繋がったと言えます。

大坂なおみはプロデビュー直後から注目を浴びていた

そして、プロデビュー後はWTAの下部大会などを転戦して実力を付けていき、1年後の2014年には予選を勝ち抜きWTAツアーの本選に初出場しました。

そして、1回戦で2011年全米オープン覇者のサマンサ・ストーサーに勝利するなどの大番狂わせを演じて、一気に注目を浴びます。

その後も、2016年の全豪オープンでグランドスラムに初出場を果たすと、初戦を勝ち抜きそのまま3回戦まで勝ち進みました。

残念ながら4回戦で敗れてしまいましたが、グランドスラム初参戦で3回戦まで勝ち進んだのは、日本人では52年ぶりの快挙という事です。

しかも、その後も全仏オープンや全米オープンでも3回戦まで勝ち進んでる事をみても、決してまぐれでは無く、実力だというのが分かります。

そして、2018年に入って急激に成長した大坂なおみ選手は、3月に4大大会に次ぐWTAプレミア・マンダトリー大会で優勝すると言う快挙を達成しました。

さらに、2018年の全米オープンでは女王のセリーナ・ウィリアムズを破って、見事4大大会初優勝を達成しました!

これにより、世界ランキングも大きくジャンプアップして自己最高の7位につけています。

恐らく、今後は最高峰の4大大会でも何度も優勝する可能性が高いので、これからの大坂なおみ選手の活躍から目が離せません。

大坂なおみの姉の実力とは?

大坂なおみ選手には1歳半年上の姉、大坂まり選手がいます。

恐らく姉の大坂まり選手の方が先にテニスを始めていたと思いますが、1歳半年上だけなので、経歴的にはほとんど変わらないですね。

ただ、姉の大坂まり選手は女子シングルス世界ランキングでの最高位が440位(2016年2月時点)と、今ひとつ伸び悩んでいるようです。現在も世界ランキング200位以内にも入ってないので、プロテニス選手としてはかなり苦しい状況なのかも知れません。

しかし、幼少期は姉の大坂まり選手の方が強く、何度対戦しても大坂なおみ選手は勝てなかったそうです。

そして、父親には7歳で勝ったのですが、姉の大坂まり選手に初めて勝ったのは15歳の時だったとインタビューで語っています。

なので、わりと最近までは姉の大坂まり選手の方が強かったと言う事ですね。

ただ、大坂なおみ選手はずっと負けていたので「どうすれば勝てるようになるのか?」と常に考えながら、色んなプレーを試してやり続けていたのが後の急成長にも繋がったようです。

やはり、常に少しレベルの高い対戦相手と練習する事で、自ずと自分の成長の糧となっていたのではないでしょうか。

逆に、姉の方は常にレベルの低い対戦相手と練習していた事で、あまり成長しなかったのかも知れません・・・。

大坂なおみの両親は父親がハイチ系アメリカ人で母親が日本人

大坂なおみ選手の父親は、レオナルド・フランソワさんと言います。

父親の年齢などは分かっていませんが、国籍はハイチ系アメリカ人で仕事は1994年から日本に来て大阪市内で英会話教室の講師をしていました。

そして、そこで大坂なおみ選手の母親でもある大坂環(たまき)さんと出会い、結婚しています。なので、恐らく講師同士では無く、母親の大坂環さんは英会話教室に通う生徒だったのではないでしょうか。

そうして結婚後は大阪市内で暮らしていましたが、大坂なおみ選手が4歳になった2001年頃に一家でアメリカに移住しました。

どう言う経緯でアメリカ移住となったのかは分かっていませんが、父親の仕事の都合かテニスを本格的にやらせるにはアメリカがいいと判断したのかも知れません。

ちなみに、両親は一応日本語と英語が喋れますが、大坂なおみ選手と姉は幼いころからアメリカで育ったせいで今では日本語はカタコトです。

父親は英会話の講師だったので、人に言葉を教えるのは得意なはずですが、なぜか娘には日本語は教えなかったようです。

ひょっとすると、移住した時点でアメリカ人として育てようと決めていたので、日本語を覚える必要も無いと考えていたのかも知れませんね。

大坂なおみは現在日本とアメリカの2重国籍

そして、大坂なおみ選手は現在2重国籍ですが、18歳の時にテニス選手としては日本国籍を選択しました。しかし、それは東京オリンピックに出場する為だと言われています。

アメリカ国籍だとライバルが強すぎて出れないので、日本だとライバルはほぼ皆無な為すぐに出られると言う事です。

しかし、今の実力ならアメリカでも十分通用するので、今後1つの国籍に選ばないといけなくなった時、最終的にどちらの国籍を選ぶのかが注目されそうです。

大坂なおみの父親は現在はコーチの専念?

そして、現在父親のレオナルドさんは、大坂なおみ選手の試合がある時にはコーチとして同行しているそうです。なので、現在自分の仕事を持っているかどうかは不明です。

通常の会社員では、そうそう娘の試合に同行するのは無理でしょうから、ひょっとすると今は大坂なおみ選手のコーチとして生計を立てているのかも知れません。

また、母親の大坂環さんも昔はスピードスケートの選手として活動していた時期があるそうなので、ジャンルは違えどアスリートの気持ちは分かるのだと思います。

なので、母親は主に食事の面で大坂なおみ選手をサポートしています。

ちなみに、大坂なおみ選手は日本語はカタコトなのに、食事のメニューは99%日本食なのだそうで、好きなメニューは鮭や豆類と言う事です。

それを考えると、朝は毎日焼鮭に納豆を食べてる可能性も高く、そこだけ見ると完全な日本人なので是非これからどんどん日本語を覚えて欲しいですね。

大坂なおみの年収はどれくらい?

大坂なおみ選手は2016年11月に、日清食品と所属契約を結びました。(契約は日清食品ホールディングス扱い)

日清食品とは錦織圭選手も所属契約を結んでいて、2020年までの契約なので恐らく大坂なおみ選手も、2020年の東京オリンピックまでサポートを受けると思います。

そして、契約の内容などは非公開なので詳しい事は分かりませんが、少なくても億単位の契約なのは間違い無いでしょう。

その他にも大坂なおみ選手にスポンサーがついていれば、そのスポンサー料も年収に加算されると思いますが、今はどこがついているのかは不明です。

また、現在出場しているWTAツアーの獲得賞金も年収となります。

プロテニス選手は広告収入の方が大きい

そして、プロテニス選手はツアーの獲得賞金よりも、主にスポンサー収入の方が大きいです。

実際、錦織圭選手の2017年度の年収は約37億円と言われていて、そのうちの33億円がスポンサー収入です。

大坂なおみ選手もこれから世界ランキングがどんどん上がって、錦織圭選手のようにトップ10以内に入るようになると、毎年10億円単位の年収を稼ぐようになるでしょう。

現在は、日清食品との契約料以外はツアーの獲得賞金がメインの収入だと思いますが、2017年5月時の獲得賞金は約1800万円くらいですので、恐らく年収にすると1億円くらいではないでしょうか。

ただ、大坂なおみ選手は2018年に入って急激に伸びていて、3月のWTAプレミア・マンダトリー大会での優勝賞金は1億4750万円なので、2018年は賞金だけで相当稼ぎそうな感じです。

実際、全米オープンの優勝賞金は4億円以上なので、今後はさらにスポンサーが付くようになれば、すぐに錦織圭選手並みの年収になるのではないでしょうか。

やはりトップ選手になると桁違いの年収を稼ぎますね~

こちらの関連記事もどうぞ!

錦織圭と観月あこの出会いや馴れ初めは?結婚を両親・兄弟・周囲が反対する理由とは?

錦織圭は何歳まで一線で戦える?プロテニスプレーヤーの引退時期は?

マイケル・チャンのコーチ料はいくら?嫁のアンバー・リューってどんな人?

杉田祐一の両親や兄弟は?現在の年収や結婚とすごい経歴とは?

ダニエル太郎の年収と兄弟や両親(父・母)もすごい?現在彼女はいるの?

デルポトロの彼女と結婚や子供は?すごい年収と経歴や両親・兄弟はどんな人?

女子テニス選手

エレナ・オスタペンコの両親や兄弟は?すごい経歴と現在彼氏はいるの?

シモナ・ハレプの結婚や彼氏はいる?すごい経歴と両親や兄弟は?

カロリナ・プリスコバの現在の彼氏や年収は?経歴と両親や兄弟は?

アンゲリク・ケルバーの年収と結婚や彼氏は?親や兄弟もすごい?

シャラポワの歴代の彼氏や結婚は?すごい経歴と両親や兄弟は?

ガルビネ・ムグルサの実力や彼氏は?親や兄弟とすごい経歴とは?

セリーナ・ウィリアムズの両親や弟は?姉の不幸な事件とは!?

終わりに

大坂なおみ選手は、実力的にもこれからまだまだ伸びる可能性を十分に秘めた選手です!

このまま順調に行けば、1、2年後には4大大会優勝の常連となり、世界ランキング1位も夢ではないでしょう。

また、大坂なおみ選手は高校を飛び級で卒業していて、かなり勉強も出来る事から日本語も本気で取り組めばすぐに覚えられるのではないでしょうか。

出来れば今後は日本語のスピーチも聞いてみたい気もしますね。

これからも大坂なおみ選手の活躍に注目です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする