Wink鈴木早智子の結婚や相田翔子との仲は?不幸な経歴と現在は?

wink

1990年代にwink(ウインク)として活動し、絶大な人気を誇っていた鈴木早智子さん。

しかし、1996年にwinkは活動停止となり、それ以後はソロ活動やテレビドラマなどに出演していましたが、思うような成果は上げられなかったようです。

その後も、あまり目立たない所で芸能活動を続けて来ましたが、ある時アダルト関係のDVDを発売するなど時々話題を振りまいています。

そんな鈴木早智子さんの現在の活動や結婚はされたのでしょうか?

また、これまでの経歴や相田翔子さんとの仲はどうなのでしょう?

ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク
すぽんさー

鈴木早智子ってどんな人?

鈴木早智子

鈴木早智子
出典http://www.oricon.co.jp/prof/254993/

プロフィール

生年月日 1969年2月22日
出身地  愛知県生まれ東京育ち
身長   157cm
血液型  A型

鈴木早智子の経歴とは?

鈴木早智子さんは、幼少期から歌手になる事が夢だったそうです。

そして、16歳の頃から色んなアイドルコンテストに応募し始めて、1987年にワニブックス社の雑誌『UP TO BOY』の第7代ミスアップ・グランプリを受賞しました。

この受賞がキッカケで、後に同じコンテストでグランプリを獲得した相田翔子さんと「wink」を結成する事となります。

「wink」は1988年4月に『Sugar Baby Love』で歌手デビューしました。

デビュー当初はさほど注目されていませんでしたが、3枚目のシングル「愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜」がドラマの主題歌に使われた事で一気にブレイクしました。

この曲はアメリカの人気歌手カイリー・ミノーグのカバー曲で、wink効果で原曲も日本の洋楽ヒットチャートで1位を記録しています。

また、その熱が冷めないうちに「淋しい熱帯魚」などのヒット曲を次々と発売した事で、その人気を不動の物としました。

その後も、しばらくは安定した歌手活動を行っていましたが、やはり目まぐるしく変わる音楽シーンで、次第にwinkの音楽も時代とは合わなくなり1996年に活動を休止しました。

ただ、winkの活動中からそれぞれがソロで歌を出したり、ドラマなどにも出演していたので活動休止になっても「一緒に歌を歌わない」だけで、個人的な芸能活動は何も変わりませんでした。

そして、相方である相田翔子さんはその後バラエティー番組に進出し、「天然ボケ」といわれる独特のキャラクターで注目されるようになり、その後も安定してテレビに出演しています。

鈴木早智子の不幸な経歴とは?

鈴木早智子さんは活動休止後はテレビドラマや舞台に出演しますが、今ひとつ成果は上がらなかったようです。

そして、1998年に「ASAYAN」の「小室哲哉プロデュース権」を賭けた番組に出演するも、「ASAYAN」側のやらせ演出で、世間にかなり悪いイメージを持たれてしまいます。

そのせいか、その後にCDリリースの打診を受けてアルバムを発売するも、あまり売れなかったようです。

その後はほとんど表には出ていませんでしたが、2008年に『第50回日本レコード大賞』で活動休止後12年ぶりにwinkとしてゲスト出演して歌いますが、それはその時だけで終わります。

鈴木早智子さん的には、それをキッカケにもう一度歌手活動をやりたかったのかも知れませんが、そういう話にはならなかったようです。

そして、その後は2009年に『SEPTEMBER SHOCK 鈴木早智子』というアダルトチックなイメージビデオに出演し世間を驚かせました。

この作品は本格的なアダルトでは無いものの、上半身ヌードや多少の絡みはあるのでほとんどアダルトのようなものだと言われています。

しかも、その時に絡んだ舞台俳優の津田英佑さんとは不倫の関係にある事が2010年にバレて、世間を騒がせました。

津田英佑さんとは2006年に舞台で共演した事がキッカケで知り合い、その後すぐに深い関係になったと言います。

また、知り合った時に津田英佑さんが結婚していた事は鈴木早智子さんも知っていましたが、「妻とは離婚調停中で別れる」と言う言葉を信じて関係を続けていたようです。

しかも、アダルトチックな作品に出演したのも、不倫相手である津田英佑さんが注目を浴びてもっと世に出て欲しかったからだと言います。

しかし、ヌードにまでなって献身的に津田英佑さんをサポートし、離婚が成立したら一緒になれると思っていたものの、その後、津田英佑さんが「例え(妻と)別れても、自分の中で答が見つからない」などと言い出した事で、結局破局となりました。

ちなみに、先程の作品で津田英佑さんは多額のギャラを手にしたと言います。

そして、鈴木早智子さんはこの不倫騒動で活動自粛に追い込まれ、しばらく芸能活動を自粛していましたが、2010年11月に初の自叙伝『負けじ魂』を出版し活動を再開しています。

鈴木早智子の現在や結婚は?

鈴木早智子さんの現在は、ラジオやテレビ、映画などに出演しつつ、最近では雑誌の取材やイベントなどの仕事もされているようです。

イベントは主にランチパーティーで、食事や飲み放題付きで鈴木早智子さんのトークショーやゲーム、ツーショット写真が撮れたりデュエットも出来るという企画です。

ただ、あまり大々的に告知はされてないようなので、主にコアなファン用の触れ合いイベントだと思います。

また、そんなに頻繁には行われて無いようで、年に一回あるか無いかくらいのペースです。

しかし、最近になって「winkの活動を再開する」との情報も出てきているので、ひょっとしたら近いうちにまた元気に歌う、鈴木早智子さんが見れるかも知れません。

そして、鈴木早智子さんの結婚について色々調べてみましたが、結婚されたと言う記述は出てこなかったので、現在も独身だと思われます。

また、ブログにも2017年のお正月は姪と過ごしたと書かれていたので、恐らく彼氏の存在も今はまだ無いのかも知れません。

鈴木早智子と相田翔子の関係は?

鈴木早智子さんと相田翔子さんは、wink時代からよく不仲ではないかと言われていました。

特にwinkの後半は、2人別々にCDをリリースしていたので、余計にそう言った憶測が流れていたようです。

しかし、実際はそんな事は全く無いらしく、不仲の記事が出ても2人でその記事を見ながら「なんなんだろうね・・・」と言って話していたそうです。

そして、鈴木早智子さんは相田翔子さんよりも1歳年上なので、相田翔子さんにとってはお姉さん的な存在でもあるようです。

また、実際の家族にも相田翔子さんは1歳年上の姉がいるのですが、鈴木早智子さんの場合は、実の姉以上に濃い時間を過ごして来たので「家族以上の存在」とも話しています。

そして、あまり表には出てきませんが、現在でもプライベートでは連絡を取り合っていて、一緒にカラオケに行ったりもするそうです。

さらに、wink結成の記念日には必ず会って祝杯をあげるそうなので、2人が「wink」をとても大切に思っているのは確かです。

なので、鈴木早智子さんと相田翔子さんの仲が悪いと言うのはただの噂だと思います。

もし、本当に仲が悪いなら2008年の紅白での復活も無かったでしょう・・・。

ただ、winkの活動が再開出来ないのは本人同士の問題では無く、プロデュース側が「今」winkをどう売り出していいのかの正解が見つからないからでは無いでしょうか。

CDを作るにも相当なコストがかかるので、当然赤字になるような企画は立てられません。

しかし、確実にコアなファンはいると思いますし、活動休止から20年経った今なら逆に「新鮮」に思えるかも知れないので、ひょっとすると近年中の活動再開の可能性もゼロでは無いと思います。

どうなるのかは今後のお楽しみです!

こちらの記事もどうぞ!

石原真理子の両親や子供は?仕事が無い理由や精神異常って本当?

MISIAの兄弟や両親もすごい人?元カレや現在は結婚して子供はいる?

AYA(トレーナー)の両親と兄弟や年収は?すごい経歴と結婚や彼氏は?

三木道三(dozan11)の現在と年齢や結婚は?活動休止した理由とは?

和楽器バンドの鈴華ゆう子は結婚してる?驚きの年齢や本名とは!?

ディーン・フジオカの両親や兄弟も美形?嫁や子供と過去の動画とは?

YOSHIKIの兄弟やすごい年収とは?父親の自殺原因と結婚や彼女は?

岡崎体育の両親と結婚や彼女は?すごい経歴と年収や母の仕事とは?

氷室京介の兄弟や両親は?すごい年収や布袋寅泰と不仲の理由は?

小出恵介の両親や兄弟は?歴代の彼女や酒癖が悪いエピソードとは?

Mr.マリックの息子や娘は結婚したの?現在の年収と嫁や経歴は?

布袋寅泰の両親や兄弟は?すごい年収と嫁や子供との関係は?

林修の両親や兄弟もすごい人?嫁や年収と子供がいない理由とは?

上沼恵美子の年収や夫との仲は?息子の仕事や離婚理由は何?

原田知世のCMのギャラと両親や兄弟は?夫との離婚理由はお金?

終わりに

一時期はwinkとして活動を共にしていた、鈴木早智子さんと相田翔子さん。

ただ、今の現状はお互いでかなり違いますが、それでも昔と変わらない関係を続けているのは、とても素晴らしいと思います!

また、後10年経ったらお互いの立場が逆転している事も十分ありえる世界なので、今後も鈴木早智子さんの活動には注目です!

スポンサーリンク
すぽんさー
すぽんさー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする