ジャッキー・チェンの年収や総資産は?嫁や子供(息子・娘)と両親の複雑な関係とは?

ジャッキー・チェンと言えば、体を張ったド派手なアクション俳優として有名ですね!

また、アジア圏だけで無くハリウッドにも進出して成功を収めた事で、今や東洋人を代表するハリウッドスターとしても認知されています。

そして、ハリウッド俳優のギャラは高額として知られてますが、大スターとなったジャッキー・チェンの現在の年収や総資産は一体どれくらいなのでしょう?

また、結婚した嫁と子供(息子・娘)や両親との関係はどんな感じなのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

ジャッキー・チェンってどんな人?

プロフィール

生年月日 1954年4月7日
出身地  香港
身長   174cm
血液型  AB型

ジャッキー・チェンの年収や総資産はどれくらい?

現在、人気ハリウッド俳優となったジャッキー・チェンの年収や総資産額は気になりますよね。

調べて見ると、やはり世界的な有名人になると、年収やギャラが独自に調査されて海外の有名雑誌などにも掲載されています。

そして、2005年の時に香港のメディアで発表された情報では、ジャッキー・チェンの年収は推定2億3000万香港ドル(約30億円)であると伝えていました。

また、翌2006年には10億香港ドル(約150億円)の全財産の半分を慈善事業に寄付するよう「遺言を作成した」と発表されています。

ちなみに、2007年の時に公表されてたジャッキー・チェンのギャラは、ハリウッド映画は1500万ドル(約17億3600万円)で香港映画は約4000万香港ドル(約5億9640万円)と言う事です。

そして、2011年には総資産260億円と言われる財産を家族には残さず、その全てを「不幸な人の為に使う」と公言して話題となりました。

なので、ジャッキー・チェンは2011年時点では約260億円の総資産だったと言えます。

その後の活躍で年収や総資産はさらに高額に

ただ、ジャッキー・チェンは、その後も順調にハリウッド映画に出演していますし、特に2015年に公開された『ドラゴン・ブレイド』は大ヒットしています。

また、この映画は、ジャッキー・チェンにとって2010年代最大の成功作となり、フォーブス誌の2015年度高額俳優年収ランキングでは5,000万ドル(約56億円)で第2位になりました。

ちなみに、この時の年収第1位は「アイアンマン」で有名なロバートダウニーJrです。

なので、2007年の時には約17億円だった事を思うと、相当なジャンプアップと言えます。

そして、それ以降の近年の年収や総資産額は公表されてませんが、その後も2018年までに5本以上の映画に出演しています。

それを考えると、2011年からだと約10本くらいの出演数になる為、少なく見ても300億円くらいの資産は増えていそうです。

もちろん、あくまでも憶測に過ぎませんが、過去の公表した総資産額と合わせると、現在のジャッキー・チェンの総資産は500億円を超えてるくらいではないでしょうか。

ただ、過去に公表した総資産額も本当の事かどうかは分からない為、ひょっとすると少なめに公表してる可能性もあります。

しかし、フォーブス誌に掲載された年収などは本当だと言える為、近年に出演した映画のギャラだけでも200億円はあるとすると、やはり500億円くらいの総資産ではないでしょうか。

ジャッキー・チェンの結婚した嫁とは?

ジャッキー・チェンは、1982年に香港の女優ジョアン・リンと結婚しています。

嫁となったジョアン・リンは、貧困家庭で育ち中学を卒業する事無く働き始めた苦労人ですが、芸能界デビューすると瞬く間にスターとなりました。

さらに、1979年の第25回アジア太平洋映画祭においては、「最優秀主演女優賞」を受賞するなど、女優としての才能もある女性です。

そんなジョアン・リンとジャッキー・チェンは、1981年1月頃に出会ったと言われていて、翌1982年には極秘入籍して12月には長男も生まれています。

なので、出会ってすぐに交際に発展して結婚した感じがあるので、お互い「一目惚れ」が馴れ初めだったのかも知れません。

また、年齢はジャッキー・チェンが1954年4月生まれで、嫁のジョアン・リンは1953年1月生まれなので、ジョアン・リンの方が2歳年上と言う事になりますね。

そして、ジョアン・リンは長男を出産した後は芸能界へは戻らず、人気俳優のジャッキー・チェンを支える為、そのまま女優を引退しました。

ただ、その結婚生活は人気俳優の夫を持った為に苦悩する毎日だったと言います。

ジャッキー・チェンとの20年に渡る苦難な結婚生活

ジャッキー・チェンは、結婚当初から映画の撮影で忙しくほとんど家には帰らなかったと言います。

そのため、子育てもほとんどジョアン・リンが1人で行っていました。

この事は、2人の子供である息子の「ジェイシー・チャン」が後にインタビューで語っています。

また、このインタビューで母親が「度々バスルームに隠れてむせび泣いていた事を知りながら、気づかない振りを通してきた」というエピソードがあります。

この理由は明確にはされていませんが、一説ではジャッキー・チェンの「度重なる愛人問題」と指摘する声も多いです。

愛人問題があっても嫁とは現在も仲良し

恐らく、嫁のジョアン・リンも元女優なので仕事で帰れないのは理解できても、愛人の所へ行ってると分かった時は耐えられなかったのかも知れません。

ただ、それでもジャッキー・チェンとジョアン・リンは離婚せずに現在も夫婦であり、2012年にはジャッキー・チェンの願いで、映画『ライジング・ドラゴン』にカメオ出演しています。

なので、こうして現在も仲よくいられるのは、嫁のジョアン・リンが苦しい状況を耐え忍んだからと言えますね。

ジャッキー・チェンの愛人は何人?

そして、ジャッキー・チェンは、女性関係や愛人の噂が多い事でも知られています。

まず、有名なのは現在の嫁のジョアン・リンと結婚する前までは、テレサ・テンと交際していたと言います。

しかし、2人ともだんだん仕事が忙しくなり会えなくなった事と、価値観の違いなどで別れてしまいますが、ジャッキー・チェンはずっと気にかけていたようです。

なので、1995年にテレサ・テンが気管支喘息の発作で亡くなった以降も、自身のCDの収録曲にテレサ・テンとのデュエット曲を入れたりしています。

そして、日本人ではアイドルだった「河合奈保子」さんとの交際が噂されましたが、決定的な2ショット画像などは無いので真偽は分かりません。

しかし、「火の無い所に煙は立たなぬ」と言うので、「噂が出る」と言う事はジャッキー・チェンと河合奈保子さんの間で少しは何かあったのかも知れませんね。

実際、動画で見るととても仲が良さそうです。

また、こうした日本人でも知ってる有名人以外では、数えきれないくらいの噂があるようなので、ジャッキー・チェンの愛人は「数えられない」と言うのが真実ではないでしょうか。

その証拠に、1999年に香港女優の呉綺莉(エレイン・ン)との間に女の子が生まれています。

なので、ジャッキー・チェンに嫁以外でたくさんの愛人がいたのは間違いないでしょう。

ちなみに、愛人が子供を生んだ事に対してジャッキー・チェンは、「世界中の男性が誰でも犯す過ちを犯してしまった」と語って話題となりました。

ジャッキー・チェンの子供は何人?息子は麻薬で捕まり娘は同性愛で話題に!

ジャッキー・チェンの子供は、現在確認されてるだけで二人という事になります。

ただ、たくさん愛人はいたようなので、ひょっとすると「公表していない子供がいる」可能性もありますが、今の所は2人だけです。

そして、 最初の子供は現在の嫁との間に生まれた長男の「ジェイシー・チャン」で、1982年12月3日生まれで、2004年に芸能界デビューしています。

ちなみに、息子のデビューは『花都大戦 ツインズ・エフェクト2』と言う映画で主演として出ますが、評価はイマイチだったようです。

また、息子は俳優よりも「音楽」の方が得意のようで、その後は音楽活動に力を入れて、これまでに2枚のアルバムを制作して出しています。

ただ、2014年に台湾人俳優の友人と麻薬を使用した疑いなどで「北京市警察当局」に逮捕され、2015年1月に6か月の実刑判決が下されました。

そして、6ヶ月の懲役だった為すでに出所していますが、その後は母親の元で過ごしてほとんど外出しない生活を送ってるとの事です。

娘は同性愛者でトラブル続き

1999年に愛人だった呉綺莉(エレイン・ン)との間に生まれたのが、呉卓林(エッタ・ン)です。

ただ、ジャッキー・チェンは娘の認知はしているものの、ほとんど会う事も無く過ごして来た為、娘のエッタ・ンとしては「父親としての認識は無い」としています。

また、母親との関係も悪く2017年の春に自殺未遂を起こしてから、秋にはSNSで「同性愛者」と言う事をカミングアウトして話題になりました。

さらに、2018年に入り同性愛の恋人であるカナダ人女性と過ごす為に家を飛び出すものの、現在はホームレスとなり「橋の下で眠っている」と動画にアップして世間の注目を集めています。

恐らく、母親との関係も「同性愛者」に理解を示してもらえない事がトラブルの原因なので、これは同性愛者がいる家庭ならどこにでもありそうな問題ですね。

そして、ジャッキー・チェンが世界的スターなので、その娘と言うだけで必要以上の注目を集めるだけに、今後も娘のエッタ・ンがどうなるのかは注目されそうです。

ジャッキー・チェンの両親がすごい!父親は元スパイで母親は麻薬の運び屋だった!

ジャッキー・チェンの両親は、父親が陳志平(チャールズ・チャン)と言って、元香港のスパイだったと言う事です。

その事実が分かったのは、ジャッキー・チェンがある日、オフィスに戻るために運転をしていると、80歳近くの父親が急に「話しておきたい秘密がある」と言い出しました。

そこで、カメラと照明を設定してその内容を記録したと言います。

その内容は、父親の本名は「房道龍」と言い、中国でスパイ活動中に暴発させてしまうミスを犯して軍を除名され、追われる身となり香港へ逃げて来たと言う事です。

そして、その後はオーストラリアのアメリカ大使館に隠れたり、本名を隠す為に「陳志平」と名乗って税関警察などで働いていました。

また、母親は陳莉莉(リリー・チャン)と言い、母親は若い頃麻薬の運び屋をやっていて父親に捕まってしまいます。

しかし、当時「子供を2人抱えていた」と言う事で不憫思った父親は、その後母親を気にかけ恋に落ちて結婚する事になり、生まれたのがジャッキー・チェンと言う事です。

これは、2017年にジャッキー・チェンがCBCの「George Stroumboulopoulos Tonight」と言う番組に出演した時に語っています。

なので、ジャッキー・チェンの本当の名字は「房(ファン)」と言う事です。

ジャッキー・チェンの兄弟とは?

また、ジャッキー・チェンの父親は、告白の中で父親自身にも他に男の子が2人いると語っていて、母親にも娘が2人いるのでジャッキー・チェンの兄弟は4人いる事になります。

ちなみに、その告白を聞いたジャッキー・チェンは自分に兄弟がいる事に驚き、CBCのテレビに出演するまでに「母親側の兄弟には会った」と語っています。

なので、恐らく現在は父親側の兄弟にもすでに会っている可能性は高いです。

ただ、兄弟と言っても異父・異母兄弟となる為、そこまで深い関係にはなれないかも知れません。

しかし、一応は血を分けた兄弟と言える為、一人っ子と思っていたジャッキー・チェンにとっては、兄弟が出来た事は嬉しい出来事だったのではないでしょうか。

また、異父・異母兄弟も、いきなり世界的な映画スターが兄弟となって驚いたかも知れません。

何回見ても面白い!ジャッキー・チェンのおすすめ映画ベスト5!

ジャッキー・チェンは、これまでに数えきれないほどの映画に出演しています。

そして、そのどれもがジャッキー・チェンが本気で取り組んで作った素晴らしい作品ばかりですが、その中でも何回見ても面白いおすすめ映画を5つ紹介します。

① クレイジーモンキー笑拳

ジャッキー・チェンはカンフー映画から役者人生をスタートさせていますが、最初はコメディー無しのシリアスなカンフー映画に何本か出演していました。

しかし、それらの映画はヒットしなかった為に、ジャッキー・チェンが独自のコメディータッチを取り入れたカンフー映画に仕立てるとヒットするようになります。

それが、「モンキーシリーズ」と言われるカンフー映画で、「ドランクモンキー酔拳」「スネーキーモンキー 蛇拳」が特に人気です。ちなみに、酔拳は後に続編も作られています。

そして、「クレイジーモンキー笑拳」はモンキーシリーズで一番最後に作られた作品で、ストーリーもアクションの内容も過去の経験を生かした最高の出来となってます。

とにかく、一度見たら夢中で最後まで見て「スカッとして面白かった~!」と心から言える作品で、若き日のジャッキー・チェンが本当にカッコいい作品です。

なので、当時はこれを見てファンになった方も相当多いのではないでしょうか。

もし、まだ見てないなら絶対に見た方が良いですし、過去に見た方ももう一度見ると当時の興奮が蘇りますよ~♪

② プロジェクトA

ジャッキー・チェンは1980年代に入ると、時代物のカンフー映画から命がけのスタントを重視したアクション映画に取り組み始めます。

その代表的な作品が「プロジェクトA」で、お得意のコメディータッチを生かしたストーリー展開ながら、本格的なアクションと命がけのスタントが魅力の作品です。

特に、「プロジェクトA」は25mの高さから命綱なしで落下するシーンが有名で、ジャッキー・チェンはこの撮影を決意するまでに1週間悩み、結局合計3回も落ちています。

また、その全てのシーンを最後のエンドロールのNGシーンで見る事ができる為、本当に1つ間違ってたら死んでる危険なスタントだったと認識できます。

なので、この映画がジャッキー・チェンにとって、命がけのアクションをした最初の映画と言っても過言では無いでしょう。

是非、「アクション映画の歴史は俺が変える」と言うような覚悟を決めたジャッキー・チェンの勢いあるギラギラした作品を見てみて下さい。

③ 奇跡<ミラクル>

「奇跡 ミラクル」は1989年の作品なので、ジャッキー・チェンが命がけのアクションを行ってる全盛期の作品ですが、この作品だけは異色です。

ド派手なアクションは影を潜めて、ストーリー重視の「役者」としてのジャッキー・チェンの魅力を存分に堪能できる作品となってます。

そして、映画はタイトル通り、ツイてない男が花を売る老女に優しく接した事で次々と奇跡が起こり始めると言う内容で、見終わると心が暖かくなる名作と言えます。

なので、ド派手なアクション映画が苦手と言う場合も、この「奇跡 ミラクル」ならアクション控えめでジャッキー・チェンの魅力を存分に楽しめるのでおすすめですよ。

実際、ジャッキー・チェンの映画の中でも「奇跡 ミラクルが一番好き」と言う方も多く、何度見ても心が暖かくなる常に側に置いておきたい1作です。

もし、まだ見てない場合は一度は見てみて下さい^^

④ ラッシュアワー

ジャッキー・チェンは、1980年代から少しづつハリウッド映画にもキャストとして出演するようになりますが、なかなかヒット作には恵まれませんでした。

しかし、1995年に出演した香港作品「レッド・ブロンクス」が、全米興行収入初登場1位というアジア映画初の快挙を成し遂げた事で注目を浴びるようになります。

そんな中、アメリカのコメディアンクリス・タッカーと組んだ『ラッシュアワー』を1998年に発表すると、これも1億ドルを突破する大ヒットとなりました。

また、この「ラッシュアワー」は後にシリーズ化されるなど、ジャッキー・チェンのアメリカでの評価を不動の物とした作品と言えます。

特に、アクションもすごいですが、作品の中のクリス・タッカーとの掛け合いが絶妙で、グイグイと画面に引き込まれて見終わると「面白かった~」と心から思える作品です。

もし、まだ見てないなら、一度は絶対見たほうがいいジャッキー・チェンのおすすめ作品の一つです。

⑤ ベスト・キッド

「ベスト・キッド」は2010年の作品で、1984年に大ヒットした同名作品のリメイクです。

また、ジャッキー・チェンにとって、2000年代に出演した作品の中では最大のヒット作となっていて、やはりある意味「ハマり役」だったと言えます。

ただ、ストーリーはほぼ元の作品通りなので、元作品を知ってる場合は話の展開は読めると思います。もちろん、知らない場合も「元が傑作」なので見て損は無いです。

そして、元作品とは役者や背景も変わってる為、雰囲気は元作品とは全く違うものとなり、リメイクはリメイクなりの世界観がちゃんとあります。

さらに、ジャッキー・チェンの「師匠役」はやはりハマり役で、存在感十分でとてつもない魅力を発揮しています。

是非、まだ見てない場合は、老年になったジャッキー・チェンの魅力が存分に味わえるベスト・キッドを一度見てみて下さい^^

ジャッキー・チェンのおすすめ作品は31日間無料お試しで!

今回紹介したジャッキー・チェンのおすすめ作品は、動画配信サービス「UーNEXT(ユーネクスト)」で全て観る事が出来ます。

また、「UーNEXT」は動画配信サービスの便利さを体験して貰う為に、31日無料トライアルを実施していて、簡単な登録をするだけで31日間は無料で鑑賞できます。

なので、ここで紹介したジャッキー・チェンのおすすめ映画はもちろん、それ以外の人気作品も存分に楽しむ事が可能です。

そして、あなたがまだ動画配信サービスを利用した事が無いなら、この機会に一度利用してみて、その便利さを体験してみても良いのではないでしょうか。

動画配信サービスは実際に使うと超便利!

実際、私も「U-NEXT」31日間無料トライアルを利用してみて、その便利さ知ったら止められなくなりました。

とにかく、観れる作品数が多い事と新作もバンバン観れるので、レンタルビデオで新作が借りれなくて悔しい思いをする事も無いですし、借りたり返す手間もありません。

また、テレビはもちろんスマホやタブレットでも観れる為、新幹線の移動や遊園地の長時間の待ち時間、帰省時の長時間の渋滞などに重宝しますよ^^

さらに、マンガや最新の雑誌なども「U-NEXT」で見れる為、ある意味雑誌を買う習慣がある場合は、金銭面でも節約になるのも魅力です。

是非、一度31日間無料トライアルを利用して、その便利さを体験してみて下さい♪

超便利な「UーNEXT」の31日間無料トライアルを試すならこちら!

U-NEXT

終わりに

ジャッキー・チェンも映画に出演し始めた頃は、まさかここまで世界的な成功を収めるとは思って無かったかも知れません。

正直、今でもブルース・リーがカンフー映画の最大のヒーローですが、今ではジャッキー・チェンもブルース・リーに匹敵するくらい偉大なヒーローと言えます。

そして、ブルース・リーは短命でしたが、ジャッキー・チェンはこれからも長生きして、さらに傑作を作って行って欲しいと願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする