勝間和代の元夫との離婚理由や子供(娘)の現在は?恋人 増原裕子との馴れ初めとは?

現在、経済評論家や大学客員教授として活動する勝間和代さん。

勝間和代さんは、2007年以降は経営コンサルタントとして独立して、執筆活動にも力を入れるなど社会的な活動においても高い評価を得ています。

そんな勝間和代さんは、これまでに2度の離婚をしていて3人子供がいますが、元夫と子供はどんな方なのでしょう?

また、2018年5月に同性愛と女性との同棲を告白して注目を浴びましたが、同棲相手である増原裕子さんの経歴や馴れ初めはどんなものだったのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

勝間和代ってどんな人?

プロフィール

生年月日 1968年12月14日
出身地  東京都
学歴   早稲田大学大学院卒

勝間和代さんは、中学時代からパンチカードで大学のコンピュータを使ってプログラムを作るなど早くからIT関係に興味を持っていました。

その後、高校生の頃から公認会計士試験の勉強を始めて、大学在学中から会計士補や会計士として企業に出入りするなど、早くから社会との関わりを持っています。

そして、大学卒業後は「金利トレーダー」「経営コンサルタント」として企業に在籍し、2007年から投資顧問業経営コンサルタントとして独立しました。

また、それ以前の2005年には、ウォール・ストリート・ジャーナルの「世界の最も注目すべき女性50人」に選ばれるなど、独自の活動が評価されています。

さらに、独立と同時に執筆活動にも力を入れて、『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法 』と言った書籍が発売されるとすぐに10万部を超える大ヒットとなります。

その後も、テレビに出演したりと知名度も上がり、現在は中央大学大学院戦略経営研究科客員教授や経済評論家として活動されています。

勝間和代の元夫はどんな人?

勝間和代さんは、1990年に22歳で結婚しています。

ただ、21歳の時に長女を出産しているので完全なデキ婚だったと思われます。

そして、結婚相手は4歳年上の男性で、東京大学の学生だったようですが後に中退して、その後は塾講師の仕事をしていました。

また、勝間和代さんの実家はテープレコーダーのヘッドケースをプレス加工で製造する工場を運営していた為、結婚の条件としてその工場を継ぐ事が条件だったようですね。

その為、元夫は結婚後、勝間和代さんの実家の工場で働き、勝間和代さんは外で会計士、金利トレーダー、経営コンサルタントなどの仕事に従事する生活を送っていました。

なので、毎日外で多忙な仕事をこなす勝間和代さんに代わって、元夫が子供の面倒を見る感じで毎日を過ごしていましたが、結婚から13年目の2003年に離婚しています。

勝間和代と元夫の離婚理由は不倫

離婚の理由は、元夫が「勝間和代さんの貯金を勝手に使い込んだ事」で金銭トラブルとなり、それがキッカケで離婚に至ったと言う事です。

しかし、勝間和代さんは離婚からわずか1年後に他の男性と再婚していて、しかもその男性は婚姻中に不倫していた男性だった事が発覚しています。

この頃、勝間和代さんは外資系コンサルティング会社の「マッキンゼー」に勤めていたので、恐らく相手はこの会社の方なのかも知れません。

そして、その不倫が分かったのは、元夫が「不倫相手と再婚する為に金銭トラブルをネタに離婚させられた」週刊誌に暴露した為です。

恐らく、元夫としては勝間和代さんの実家の工場の為に働き、忙しい母親の代わりに子供の面倒も見てきたのに、理不尽な理由で離婚をつきつけられたのに我慢ならなかったのでしょう。

そんな経緯もあってか、勝間和代さんが不倫して再婚した相手とはわずか1年ほどで離婚してしまいます。

ちなみに、その二度目の結婚相手の名前が「勝間さん」で、離婚した現在もその勝間性を名乗り続けているようです。

勝間和代の子供もすごい?

勝間和代さんの子供は全員で3人います。

1990年に長女、1994年に次女、1999年に三女を出産していて、3人とも元夫との間に出来た子供です。

ただ、子供の名前などについて色々検索してみたものの、長女は「文香」と言う名前が出ていましたが確証はありません。さらに、下の2人に関しては噂もありませんでした。

なので、娘に関する詳しい経歴は一切出ていませんでした。

しかし、元夫との離婚後は親権は全て勝間和代さんが持つ事になっていますが、長女だけは勝間和代さんと生活をせずに元夫と一緒に暮らしてるとの事です。

さらに、以前長女がブログを開設していた際、勝間和代さんとのエピソードを色々書き込んでいました。

その内容は、勝間和代さんを嫌悪するような内容だった為、恐らく勝間和代さんと長女の関係はかなりギクシャクしているものと思われます。

考えて見れば、長女に関しては仕事で忙しい勝間和代さんよりも、元夫と一緒に過ごした時間の方が長い訳ですし、離婚した時も13歳なので原因も理解していたでしょう。

それを思うと、長女が勝間和代さんよりも元夫を選ぶ気持ちも分かりますね。

そして、勝間和代さんの元夫や子供達が現在どのような仕事に就いてるかは分かりませんでしたが、元夫も東大でしたし子供も相当優秀な人物になっていそうな気がします。

ただ、現在は何も情報が出てないので、元夫や子供に関してはまた何か情報が出てくれば追記していきます。

勝間和代が同棲している増原裕子とは?

2018年5月に、勝間和代さんが自身のブログで両性愛者の増原裕子(ますはら ゆうこ)さんと同棲関係にあると告白し、話題となりました。

増原裕子さんは、1977年生まれの方で現在は「株式会社トロワ・クルール」の代表取締役として活動されています。

学歴は、慶應義塾女子高等学校から慶応義塾大学文学部へ進学し、その後慶応義塾大学
大学院フランス文学修士課程へ進み、パリ第3大学への留学経験もあるようです。

そして、大学を卒業してからは在外公館勤務、会計事務所勤務、教育系IT会社勤務を経て、2013年に現在の「株式会社トロワ・クルール」を設立しました。

なので、経歴を見てもものすごく優秀な方だと言うのが良くわかります。

また、増原裕子さんは2012年に元タカラジェンヌ・東小雪さんと交際し、東京ディズニーランドで挙式を挙げた事でも話題になりました。

さらに、2015年11月には渋谷区の「パートナーシップ証明書」の受理第1号にもなり注目を集めましたが、その後2017年に東小雪さんとのパートナーシップは解消しています。

勝間和代と増原裕子との馴れ初めは?

勝間和代さんと増原裕子さんはどういう風にして現在の関係へと発展していったのでしょうか。

その馴れ初めを調べてみると、2015年の12月に勝間和代さんが高校の同窓会へと出席して、当時の恩師と雑談していた際、増原裕子さんの存在を知ったそうです。

と言うのも、その当時はちょうど増原裕子さんが、東小雪さんと渋谷区の「パートナーシップ証明書」の受理第1号となって話題となっていた頃でした。

そして、恩師が「この子はここの卒業生」と話して話題にしますが、勝間和代さんは「そんな子もいるんだ~」と当時は軽く聞き流していたそうです。

しかし、その後友人のフェイスブックの画像に増原裕子さんが写っていた為「この人、高校の後輩なんだよ」と書き込んだ事で、この友人を介して知り合うようになりました。

また、増原裕子さんは当然勝間和代さんの事は昔から知っていて、著書も読むほど尊敬の対象として見ていたそうです。

そうして、知り合った当初は、当時のパートナーである東小雪さんと共に勝間和代さんの自宅に招かれたりしながら親交を深めて行ったそうです。

さらに、その後は勝間和代さんが運営する「勝間塾」に参加するようになったりと、私用だけで無くビジネスにおいても親交を深めて行きました。

そして、そんな友人関係がしばらく続くうちに、2017年12月に増原裕子さんが東小雪さんとパートナーを解消しました。

増原裕子と東小雪のパートナー解消は勝間和代が原因?

増原裕子さんと東小雪さんのパートナー解消の理由は、東小雪さんのオフィシャルブログに書かれていました。

増原裕子と東小雪はこの度、約6年半
の関係にピリオドを打ち、離婚すると
いう選択をいたしました。昨日12月
25日、渋谷区にパートナーシップ
証明書を返還いたしました。

それぞれの活動や仕事が増えていく
中で、時間のすれ違いが生じてきて、
また価値観の違いから、ふうふとして
見たい将来にも少しずつすれ違いが
生じるようになりました。

引用:東小雪オフィシャルブログ

これを見ると、多忙によるすれ違いでだんだん価値観がズレてのパートナー解消だと言うのが分かります。

しかし、増原裕子さんと東小雪さんのパートナー解消の翌月に、勝間和代さんが増原裕子さんに自分の想いを告白して交際するようになったと言います。

なので、増原裕子さんが勝間和代さんと出会うようになった事で、少しずつ東小雪さんとの関係にヒビが入って行った可能性もあるのではないでしょうか。

例えば、増原裕子さんと勝間和代さんの仲が良くなりすぎて、東小雪さんが「その関係に嫉妬して関係がギクシャクした」と言う事も考えられます。

ただ、そうなら別れた後も良好な関係は続けられないと思うので、増原裕子さんと東小雪さんのパートナー解消に勝間和代さんは直接関係は無いでしょう。

ただ、同性愛である事を世間に公表して堂々と生きる増原裕子さんに、勝間和代さんはかなり魅力を感じていたという話もあります。

なので、2人が出会いその後交際するのは時間の問題だったのかも知れません。

そして、お互いが良ければ人を好きになるのに性別は関係ないですし、優秀な人材である勝間和代さんと増原裕子さんが一緒になる事は、世の中にもプラスになるのではないでしょうか。

きっと、幸せのパワーで世の為になるような事をどんどん推し進めてくれそうな気がします。

今後も勝間和代さんと増原裕子さんの活動に注目です。

こちらの関連記事もどうぞ!

三浦瑠麗の両親や兄弟も高学歴?すごい経歴や夫や子供と年収は?

古市憲寿(社会学者)の両親や兄弟は?経歴と現在の年収や彼女は?

モーリー・ロバートソンの子供や結婚した嫁との馴れ初めは?兄弟や両親もすごい人?

有働由美子の両親や兄弟は?すごい年収と結婚・離婚歴や現在の彼氏とは?

堀口ミイナの兄弟や両親の職業は?出身高校と彼氏や三菱商事の退職理由とは?

林修の両親や兄弟もすごい人?嫁や年収と子供は男の子で名前は何?

囲碁 井山裕太の両親(父・母)の職業や兄弟は?嫁や子供と驚き年収とは?

羽生善治の兄弟や両親は?子供や嫁との結婚エピソードが面白い!

藤井聡太の年収と両親や兄弟は?強さの理由や意外な才能とは?

加藤一二三の嫁は美人で子供も将棋が強い?現在の年収はいくら?

YOSHIKIの兄弟やすごい年収とは?父親の自殺原因と結婚や彼女は?

さかなクンの兄弟や両親もすごい人?現在の年収や結婚はした?

終わりに

勝間和代さんは、もともと小学生の頃から定期的に女性の事を好きになっていたそうですが、それはダメな事だとずっと蓋をして生きてきたそうです。

しかし、増原裕子さんと出会う事でその価値観が少しずつ変わって行き、自分の本当の気持ちを素直に出せるようになったと言います。

そういう意味で、勝間和代さんは増原裕子さんと出会えて本当に良かったと言えますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする