加山雄三の嫁や子供と孫は何人?息子と娘の職業や別居生活の驚きの理由とは!?

「若大将」の愛称で親しまれている加山雄三さん。

加山雄三さんと言えば役者だけでなく、歌手としても有名で映画の主題歌として歌われた「君といつまでも」は350万枚の大ヒットを記録しています。

ただ、定期的に行われていたコンサートは2014年が最後となってしまいましたが、高齢となってもその存在感は健在です。

そんな加山雄三さんが結婚した嫁や子供は現在何をやっているのでしょう?

今回は、加山雄三さんの嫁との関係や気になる子供と孫の存在についても紹介していきます!

スポンサーリンク

加山雄三のプロフィール

本名 池端 直亮(いけはた なおあき)

生年月日 1937年4月11日
出身地  神奈川県横浜市
身長   175㎝
血液型  A型
学歴   慶應義塾大学法学部政治学科卒

加山雄三が結婚した嫁は女優の松本めぐみ

加山雄三さんと松本めぐみさんは、1970年にロサンゼルスで結婚しています。

松本めぐみさんは、1947年2月9日生まれで高校在学中にCMソングのコンテストで入選し、CMガールとして出演した事がキッカケで芸能界入りしました。

その後、女優としてテレビドラマに出演するようになり、1966年にレギュラー出演した『これが青春だ』の小野雪子役などが有名です。

さらに、バラエティー番組のアシスタントのような事もしていて、当時は幅広く活躍していたのが分かります。

また、加山雄三さんとは映画「エレキの若大将」で共演した事で知り合い、その後交際へと発展しました。

そして、加山雄三さんが松本めぐみさんを気に入った理由は「船酔いしなかったから」なのだそうです。

と言うのも、若い頃から船好きだった加山雄三さんは、女性を船に乗せると船酔いする人が多いので、なるべく女性は船には乗せないようにしていたそうです。

しかし、ある日松本めぐみさんを船に乗せた所、船酔いする事無く「平然と編み物をしていた」と言う事で、その姿に惚れたと言う事です。

やはり、交際するなら好きな趣味を一緒に楽しめる方が良いに決まっているので、加山雄三さんが美人で船酔いしない松本めぐみさんに惚れたのも頷けますね。

そして、実は結婚した当時、加山雄三さんは事業に失敗して多額の負債を抱えていました。

なので、結婚もやめる事が出来たはずですが、嫁の松本めぐみさんはそれでも加山雄三さんと結婚しているので、その愛は本物と言えます。

さらに、その後は加山雄三さんの不倫などもあったと言う事ですが、それでも離婚する事無く現在も変わらず結婚生活は続いています。

ただ、「結婚生活」は続いているものの、現在は住んでる場所は別々のようです・・・

加山雄三と嫁は現在は別居状態?

加山雄三さんと嫁の松本めぐみさんは、2014年のインタビューで現在はアメリカと日本で別々に暮らしている事を告白しています。

と言っても、「別居」は夫婦仲が悪くなってしている訳ではなく「別居しなくてはならない状況」にある為と言う事です。

と言うのも、加山雄三さんは結婚した年に事業で失敗して多額の借金がありましたが、その後必死で働いて約10年ほどで借金は完済しました。

そして、借金を払い終えた事で金銭的に余裕が出来た為に、40代の頃にニューヨークに家を購入したと言う事です。

また、加山雄三さんはアメリカで職業が「アーティスト」として認知されていて、その妻の松本めぐみさんとグリーンカード(永住権)も所得したと言う事です。

ただ、グリーンカードを維持する為には最低でも半年はアメリカに住んでる必要がある為、妻である松本めぐみさんがアメリカに住んでると話していました。

なので、松本めぐみさんは現在はずっとアメリカの家に住んでいて、日本で税金を申告する時期に数日帰ってくるだけなのだそうです。

また、インタビューでは離れて暮らしてるけど「電話では毎日話をしている」と言って、決して仲は悪くないという事をアピールしていました。

ただ、加山雄三さんはアメリカで仕事をしている訳では無いのに、なぜ「永住権」を維持する必要があるのかは疑問です。

考えられる事としては、嫁の松本めぐみさんがすっかりアメリカの暮らしに慣れてしまったので、今後もアメリカ生活を維持する為と言えるかも知れません。

また、次女も一緒にアメリカに住んでると言う事なので、次女の仕事の関係もあるのではないでしょうか。

しかし、加山雄三さんも80歳を超えているので、仲の良い夫婦なら老後は一緒に過ごしたいと思うものだと思いますが、それは人それぞれと言う事でしょうか・・・。

加山雄三の子供は4人!息子と娘の職業や孫はいる?

加山雄三さんの子供は息子が2人と娘も2人で合計4人います。本当は8人いたそうですが、残念ながら4人は流産してしまったと言う事です。

しかし、だからこそ生まれて来た子供には精一杯の愛情を注いで育てた為、4人の子供はそれぞれが自分の道を歩んで立派に成長しています。

加山雄三の長男は池端信宏!現在の驚きの職業とは?

加山雄三さんの長男の名前は池端信宏(いけはたのぶひろ)さんと言います。

池端信宏
出典:https://ameblo.jp/elmajesta/entry-11394441485.html

池端信宏さんは1972年生まれという事で、加山雄三さんと嫁の松本めぐみさんが結婚して2年後の誕生となります。

また、父親である加山雄三さんの影響を受けてか、少年時代から音楽に興味を示すと16歳でソルトレイクシティに留学して、現地を拠点に音楽活動をスタートさせています。

また、それと同時期に「花火師」にも興味を持ったようで、1993年にはユタ州消防局による「花火師試験」にも合格し、花火師としての資格も得ました。

そして、日本では1995年に加山雄三さんのバンドの一員でもあった喜多嶋修さんのプロデュースにより、アルバム『フライング・ハイ』でミュージシャン・デビューしました。

このアルバムは、オリエンタルで親しみやすいメロディーがジャンルを超越していると高評価を得たと言います。

長男の池端信宏は世界的な花火師に!

また、現在の池端信宏さんは「花火師」としての評価が非常に高く、実は2016年のリオ・オリンピックの閉会式の花火演出は池端信宏さんによるものでした。

これは、その前に行われた「長岡花火大会の演出」が評価されて、いきなりリオ・オリンピック閉会式の演出に抜擢されたと言う事です。

なので、今や池端信宏さんは「世界的な花火師」としての地位を確立している芸術家でもあります。

そして、池端信宏さんの花火は自身が作る音楽に合わせて打ち上げるスタイルの物で、音楽と視覚が融合したまさに「現代の花火」と言えるものです。

なので、普通に音楽1本でやって行くのではなく、花火を融合させた「独自の音楽表現スタイル」を確立したと言えます。

また、現在は「株式会社ノブコーポレーション」と言う会社も立ち上げていて、こちらを運営しながら活動をしているとの事です。

池端信宏は結婚して子供もいる?

そして、池端信宏さん結婚に関する情報を集めてみたものの、どこにもそのような情報はありませんでした。

ただ、年齢的にも40代後半と言う事なので結婚して子供もいても不思議ではありませんが、一切情報が無い事をみると独身である可能性もあると言えます。

特に、父親の加山雄三さんの長男と言う事で、そこそこメディアにも取り上げられている事を考えると、結婚している場合はそのような情報は少しは出ているはずです。

しかし、どこを探しても「結婚」に関する情報は一切無いので、恐らく池端信宏さんは結婚はしてないのではないでしょうか。

ただ、もし今後池端信宏さんの「結婚」や「子供」に関する情報が出て来た場合は、また追記していきます。

加山雄三の次男は加山徹!

加山雄三さんの次男の本名は、池端徹大(いけはたてつお)さんと言います。

そして、これまでは芸名を「山下徹大」として活動してきましたが、2019年1月18日より「加山徹」へと改名しました。

その理由を以下のように語っています。

2019年になりました。

俳優をはじめて23年、今年の夏で丸24年が経ちます。年齢は43歳、数字の上では何もかもが中途半端なこの年ですが、ある決意を持って臨みたく思います。

2018年は本当に色々な事がありました。4月1日には父、加山雄三の船舶「光進丸」が火災により焼失しました。幸いなことに怪我人はありませんでしたが、現実の恐ろしさを目の当たりにしました。形あるものはいつかなくなる──。わかっているはずのそんな世の理も突然災厄として降りかかると、受け入れがたい現実にただただ呆然とするしかありませんでした。あの船と一心同体であった父の辛さは家族であっても計り知れないほどのものだったと思います。精神は落ち込みきって、体力的にも衰弱した父を見て81歳という年齢からも、どんな現実も覚悟をしました。

しかし、父は再び立ち上がりました。本当に苦しかっただろうと思います。それでも絶対に諦めない。81歳になっても新たな挑戦をし続けるその姿が自分にある想いを決意させました。

俳優として様々な経験を積んでは来たものの何か自分は後世に残せるほどの行動をしてきただろうか?自分の演ずる何かで人のために役立つ何かを成してきただろうか?

 今の自分に足りないもの──。

 それを父は示してくれたように思えました。

俳優をはじめた当初、若かりし頃は当然突っ張った気持ちもありました。俺は俺だ。

でも、年々歳を重ねていく中で、自分が背負った宿命というものも感じるようになりました。その苦しさも、そのありがたさも。

でも私が心からリスペクトしたのは、その業績や才はもちろんですが、それ以上の生きる姿勢でした。そこで、私はこの方がまだ元気で現役を貫いている今この時に自らの決意を持ってある自分の望みを伝えたいと思い、昨年2018年の夏に父の元へ行き、こう言いました。

 「あなたの名前を継がせてください」

 返ってきた言葉は

 「ああ、もちろんいいさ!」

 その笑顔と清々しさがきっといつまでも若大将と呼ばれてきた所以なのでしょう。

私、山下徹大は本日2019年1月18日より名前を改め、加山 徹(かやま てつ)といたします。これまで、山下徹大としてお世話になってきた沢山の諸先輩方、仲間達、後輩のみんな、しばらくは混乱と戸惑いを与えてしまうかもしれませんが、自分は自分です。これまで以上に懸命に精進してゆきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

2019年1月18日
加山 徹

出典:https://kayama-tetsu.com/

加山徹のプロフィール

この投稿をInstagramで見る

加山 徹(@kayamatetsu_official)がシェアした投稿

生年月日 1975年8月8日
出身地  東京都
身長   172㎝
血液型  O型
所属   グランドスラム

加山徹さんは1975年生まれで、慶応義塾に幼稚舎から入り、慶応義塾大学を卒業した1995年頃から役者として活動しています。

そして、音楽面でも1995年にシングル曲を出してデビューし、2003年には「花火師」と言う映画で監督・脚本・主演を務めるなど、監督デビューもしています。

恐らくこれは、兄の池端信宏さんをモデルにしたのではないでしょうか。

また、俳優としてはコンスタントにドラマや映画に出演しているものの、主要キャストよりも単発での出演が多いようです。

その為、現在までに音楽面や俳優としても思うような結果が出ているとは言えないので、今後は「加山雄三」さんの名前を受け継いで精進する覚悟なのかも知れません。

そして、加山徹さんの結婚に関する情報を探してみましたが、わりと長い芸能活動にも関わらず結婚どころか熱愛の噂も出てないようです。

そのため、恐らく現在も独身と思われますが彼女くらいはいるかも知れません。

なので、加山徹さんも今後何か結婚や熱愛の情報があればまた追記していきます。

加山雄三の長女は梓真悠子

加山徹さんの長女の名前は梓 真悠子(あずさ まゆこ)さんと言います。

梓 真悠子
出典:https://president.jp/articles/-/3019

梓 真悠子さんは、1976年7月26日生まれで慶応義塾幼稚舎から慶応義塾大学に進学し、大学在学中にスカウトされて芸能界デビューしています。

そして、21歳でNHKの大河ドラマ「毛利元就」に出演するものの、1999年に大学を卒業すると同時に当時交際していた一般人男性と結婚。

ちなみに、結婚した一般人男性は8歳年上の百貨店勤務の男性だったと言う事です。

その後は、女優やタレントとして芸能活動を行っていましたが、子供が生まれてからは育児が忙しくなった為か、あまりテレビでは見なくなりました。

ただ、自宅では両親から受け継いだ「食のこだわり」を発揮して、料理の面でも才能を見せ、自身のクッキングサロンを主宰するなど「料理研究家」としても活動しています。

梓真悠子が離婚した理由とは?

そして、結婚した一般人男性とは2011年に離婚してますが、離婚する3年くらい前から別居していたと言います。

また、離婚の原因は「価値観の違い」と言われていて、結婚後の梓真悠子さんは芸能人の友達とよくドレスアップしてパーティーに出かけていたそうです。

それに対して夫は「サラリーマン」だった事もあり、そうした派手な生活を送る梓真悠子さんとは合わなくなって行ったのではないでしょうか。

実際、結婚したのは梓真悠子さんが大学卒業後だったので、まだ芸能界と言う「派手な世界」を知らない時期だった為、うまく行っていたのかも知れません。

しかし、結婚後に梓真悠子さんがだんだん「芸能界」へ染まってしまい、一般人の夫との価値観にズレが出てしまったと言えます。

梓真悠子の子供は息子2人!

そして、梓真悠子さんの子供は男の子が2人と言う事です。

そして、子供がいつ生まれたかと言う情報は出てませんでしたが、1999年に結婚しているので恐らく2000年代前半と予測できます。

なので、2人の息子は現在高校生か大学生くらいになってるのではないでしょうか。

また、息子2人は過去に「有名私立小学校に通っている」と言う記述があった為、ひょっとすると梓真悠子さんの母校でもある「慶応義塾」に通ってる可能性が高いと言えます。

そして、息子2人は当然のごとくおじいちゃんである「加山雄三」さんの存在は大きいと思うので、憧れて「芸能活動」も視野に入れてるかも知れません。

さらに、母親の梓真悠子さんも相当な美人なので、もし母親に似ているなら息子2人も美形に成長している可能性が高い為、今後が楽しみですね(^^)

加山雄三の次女は池端えみ

加山雄三さんの次女の名前は、池端えみさんと言います。ただ、2006年までは本名の池端恵美子(いけはたえみこ)で芸能活動をしていました。

池端えみ
出典:https://matome.naver.jp/odai/2138598563734553701

そして、池端えみさんは1978年3月28日生まれで、2002年頃から女優として映画やドラマに出演して活動していたようです。

ただ、出演本数はあまり多くは無いので、それほど積極的に芸能活動はしてなかったと言えます。

しかし、海外のテレビCMには多数出演していて、調べてみると現在はニューヨークの自宅に母親の松本めぐみさんと一緒に住んでいると言う事です。

なので、恐らく早い時期から母親の松本めぐみさんとアメリカに本拠地を移して活動していたのではないでしょうか。

また、アメリカのCMに多く出演している事から、現在はアメリカの事務所に所属している可能性が高いです。

池端えみは結婚して子供はいる?

そして、池端えみさんの結婚情報を調べてみた所、2011年に加山雄三さんが「徹子の部屋」へ出演した際に、池端えみさんがフランスのニースで「結婚式をした」と言う話が出ていました。

ただ、相手の男性は「海外の方」と言うのは分かりますが、フランス人なのかアメリカ人なのかは分かりませんでした。

また、相手の男性の職業も分かっていませんが、もし池端えみさんがアメリカでタレント活動をしていたなら、業界関係者なのかも知れません。

そして、子供に関する事も調べてみたものの、今の所は出てませんでした。

しかし、2011年に結婚しているとなると、現在は子供が1人が2人はいてもおかしくは無いので、ひょっとすると知られて無いだけで子供はいるかも知れません。

ただ、現在は情報が無い為、加山雄三さんの「孫」は分かっている範囲で言えば、梓真悠子さんの息子2人だけと言う事になります。

もし、今後池端えみさんの子供の情報があればまた追記していきます。

終わりに

加山雄三さんが嫁に松本めぐみさんを選んだ理由は、「船酔いしなかったから」と言う事なので、もし松本めぐみさんが船酔いしていたら現実は変わっていたかも知れません。

しかし、老後になって加山雄三さんは松本めぐみさんに非常に感謝している言葉を残しているので、やはり加山雄三さんの嫁は松本めぐみさん以外には無かったと言えるでしょう。

そして、生まれた子供もそれぞれの分野で活躍しているので、加山雄三さんは父親としても素晴らしい人だと言うのが分かります。

今後も加山雄三さんの活躍に注目です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする