盲目のピアニスト!辻井伸行の凄さや実際の実力は?父や母はどんな人?

ピアノも鍵盤

優れたピアニストは世の中に数多くいます。

しかし、盲目と言うハンデを背負いながらも、一流のピアニストとなる人はそういません。

辻井伸行さんは、日本人が誰も成しえなかった「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」優勝を、わずか20歳で達成させたすごい人です!

そんな辻井伸行さんは、一体どうやって一流のピアニストになったのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク
すぽんさー

辻井伸行ってどんな人?

辻井伸行

辻井伸行
出典team-lens.com

プロフィール

生年月日  1988年9月13日
出身地   東京都 豊島区
学歴    上野学園大学卒業

略歴

1995年  全日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部第1位受賞
1999年  全国PTNAピアノコンペティションD級で金賞を受賞
2000年  第1回ソロ・リサイタルをサントリーホール小ホールにて行う
2002年  佐渡裕ヤングピープルズ・コンサートに出演

2005年  第15回ショパン国際ピアノコンクールにて「ポーランド批評家賞」を受賞
2009年  ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝
2013年  日本ショパン協会賞を受賞

辻井伸行のすごい所とは?

辻井伸行さんの名前が一気に世間に知れ渡ったのは、やはり「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」での優勝だと思います。

優勝時の辻井さん
出典weltgeist.exblog.jp

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールは、課題曲をソロから室内楽、協奏曲まで大量の曲をこなさなければならないコンクールで、相当な技量が必要です。

過去にも日本人入賞者はたったの3人しかおらず、これまで1969年の野島稔さんの2位が最高でした。

ファイナル出場だけでも40年ぶりの快挙なのに加え、優勝してしまったのですから、その時はしばらく、辻井伸行フィーバーとも言うべき現象が起きていました。

辻井伸行の演奏の凄さとは?

正直、音楽家でも無い限り、一般人にはどのピアノ演奏が優れてるのかなんて分かるはずありません。

しかし、世界的に有名な指揮者でもある佐渡裕さんが、ある時大量の演奏テープの中から、辻井伸行さんのテープを聞いてすぐに「他とは違う」と見抜いた事でも、辻井伸行さんがやはり本物だと言う事が判断できます。

佐渡裕 指揮者
出典eplus.jp

有名な指揮者である佐渡さんの元には、いつも大量のテープが届くそうです。

時間が無いので、いつも入浴中に届いたテープを聞いていると、ある時思わず「もっと大きくして!」と伝えるくらい、気になる演奏がありました。

それが、当時中学1年生だった辻井伸行さんが演奏したテープだったのです。

すぐに辻井伸行さんと連絡をとり、実際に生で演奏を聞いた佐渡さんは、

「初対面の時にいきなり『弾いてよ』と頼んだときもそうでした。彼のキラキラした音が飛び出してきた。まるで伸行くんにだけスポットライトが当てられているようにすら感じたものです。演奏を聴きながら涙が止まらなかった。彼についている音楽の神様が姿を現したような瞬間でした」

引用 辻井いつ子『のぶカンタービレ』

と評価しているように、優れた音楽家にしか分からない何か特別なものが、中学1年生の頃にすでに備わっていたと言う事ですね。

その後も、優れた指導者の下で厳しい練習を重ね、日本の有名な交響楽団と共演したり、コンクールの入賞など目覚ましい成長を遂げていきます。

そして、その集大成とも言えるべき出来事が、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールでの優勝です!

そんな目覚ましい活躍を続ける辻井伸行さんは、一体どうやってここまで来たのでしょうか?

辻井伸行の父や母はどんな人?ピアノとの出会いは?

母親の辻井いつ子さんは、東京女学館短期大学を卒業後に、フリーアナウンサーとして活動されていました。

そして1986年に夫の辻井孝さんと結婚して、28歳の時に辻井伸行さんが生まれています。

父親の辻井孝さんは、都内で産婦人科医をされているので、かなり裕福な家庭だと思います。

そんな辻井伸行さんの最初のピアノとの出会いは、2歳の時に買ってもらったおもちゃのピアノでした。

そのおもちゃのピアノにこんな逸話があります。

クリスマスに辻井いつ子さんがジングルベルを歌いながら料理を作っていると、その歌に合わせて、2歳の辻井伸行さんがおもちゃのピアノで伴奏していたと言うから驚きです!

ちゃんと歌に合わせた伴奏になっていて、メロディーラインもしっかりしていたそうです。

しかし、盲目の子供を育てるのはかなりの苦労があったようですね。

その辺の事はこちらの記事に書いてあります。

辻井伸行の母親が美人で子育て論が秀逸!子供時代のあだ名とは?

そして、辻井伸行さんが成功した一番の要因は、6歳の頃から12年間師事したピアニストであり東京音楽大学講師の「川上昌裕」さんの影響が大きいと思います。

辻井伸行さんの両親は、2歳の頃からピアノに触れて、4歳の頃には旅先のサイパンで大勢の人前で楽しく演奏する息子を見て、小学校入学を機にその才能を見極めてほしいと、プロに依頼する事にしました。

それが、師匠の川上昌裕さんです。

川上昌裕
出典joqr.co.jp

川上さんは東京音楽大学を首席で卒業し、その後ウィーンへと留学する程の優秀な音楽家です。

しかし、ウィーンではうまく夢を果たせず恩師の誘いで帰国し、ちょうど指導者の道へ進もうかと模索している時期でした。

初めて辻井伸行さんに会った時、まだ6歳にもかかわらず、スラスラと自分の演奏をなぞる辻井伸行さんを見て「なんて耳がいいんだ」と思い、二人三脚でやってみようと決心したそうです。

とは言え、辻井伸行さんは全盲なので、普通の子とは勝手が違う事から、色々教えるのには工夫が必要でした。

まず、楽譜は当然読めないので、右手と左手のパートに分けて録音した「譜読みテープ」を作って聞かせる事を思いついて実行します。

しかし、一切の余計な音を入れないで録音するのに、膨大な時間がかかってしまい、5分間の演奏を録音するのに、1時間もかかる事もあったようで相当苦労されたようです。

しかし、これが耳の良い辻井伸行さんにはピッタリの勉強法で、メキメキと実力をつけていきます。

多い時には一日おきにレッスンを行うなど、辻井伸行さんの超絶テクニックはこうした川上さんの、指導の賜物なのでは無いでしょうか。

音大を首席で卒業するような人に、幼い頃から自分に合った勉強法で、二人三脚で教えてもらえるチャンスもなかなか無いと思いますが、こういう運を引き寄せるのも辻井伸行さんの実力なのだと思います。

こうやって始まった二人三脚でのレッスンの集大成が、「第15回ショパン国際ピアノコンクール」でした。

節目のショパン国際ピアノコンクール

川上さんは、日頃から「器の大きなピアニストになれ」と言っていたものの、中学3年生の時に2年後のショパンコンクールに出たいと言われた時は、正直驚いたそうです。

しかし、出ると決心して準備したものの、辻井伸行さんは難曲であるショパンの「マズルカ」を直前まで攻略できないでいました。

辻井伸行さんは、そのまま攻略できずに開催地・ポーランドに入ると、本質を肌で感じようと、曲の元となった民謡を踊りに出かける事にします。

その経験が役に立ったのか、本番でようやく「マズルカ」を自分にものにし、残念ながら本戦へは進めませんでしたが、批評家賞を受賞します!

ただ、川上さん的には「ここまでかな?」と言う思いもあり、辻井伸行さんが上野学園に入学したのを機に、横山幸雄さんにバトンタッチします。

横山幸雄さんも高名なピアニストで、 第12回ショパン国際ピアノコンクールでは第3位に入るなど、演奏家としても指導者としても超一流の方です。

横山幸雄
出典mostly.jp

もともとの才能に、こういう優れた指導者のバトンタッチがあってこその、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールでの優勝だったのですね!

辻井伸行の実際の実力は?

音楽をやってない一般人からすると、ピアニストが演奏を間違えたとしても、何がどう間違ってるかとか、ミスタッチとか言われても全く理解できません。

しかし、ある程度音楽をかじった人にはそういうのが分かるらしいです。

そういう人達のネットの書き込みなどを見ると、「学生レベル」「ミスタッチが多い」「金の力で優勝した」など、散々な事が書いてあります。

しかし、ピアノをやってるまともな人から見ると、完璧では無いにしろ演奏技術はかなりのものを持っていると言っています。

「ピアノの技術というのは、実は譜面通りに弾くのは割と簡単で、それよりも音の強弱、そのバランス、テンポの波の付け方、それらが組み合わさって長い曲が一 つの形になっているか、などを重視します。無論、難易度の高い曲ほどそれを形成するのが困難になり、また得てしてきつい感じの演奏になりがちです。そういう意味で、彼の純粋な心に奏でられる心に響くあの音色・旋律は、出そうと思って出せる物ではありません。実際に弾いてみればすぐ分かります。」

このように、ある一定のレベルに達すると楽譜どおりに弾くとかでは無く、「表現そのもの」が個人の実力として見られるようになるのですね。

そういう意味では、辻井伸行さんは辻井伸行さん独特の演奏表現があり、それが観客の心に響くかどうかの問題なんだと思います。

なので、辻井伸行さんの演奏を聴いてもピンとこない人もいれば、すばらしいと感じる人もいる。

合わなければ聴かなければいいだけですし、合う人はこの先もずっとファンになって聞き続ければいい、それだけです!

辻井伸行さんのピアニストとしての実力は、周りの反応で決めるのでは無く、自分が聴いて感じた評価で決めるのが正しい評価だと思います。

こちらの関連記事もどうぞ!

辻井伸行の理想の彼女や結婚はまだ?現在の年収はどれくらい?

辻井伸行の母親が美人で子育て論が秀逸!子供時代のあだ名とは?

反田恭平の経歴や父親と不仲の原因は?驚愕のトレーニング法とは?

ピアニスト阪田知樹の経歴や実力は?彼女や現在は何してるの?

ランランのすごい経歴や実力は?年収や現在結婚はしてる?

牛田智大の親兄弟や彼女は?現在の活動や変わった儀式とは?

ダニール・ハリトーノフの両親や兄弟は?身長やすごい経歴とは?

終わりに

盲目と言うハンデがありながら、すでに2歳の頃からピアノを弾いていた辻井伸行さん。

まさに生まれながらのピアニストと言っても、過言ではないと思います。

しかし、ここまで来るには想像を絶する苦労があった訳で、今の辻井伸行さんはそう言った苦労を乗り越えてきたからこそ、人を感動させる演奏が可能なのではないでしょうか。

今後も辻井伸行さんの演奏には注目です!

スポンサーリンク
すぽんさー
すぽんさー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする