村田諒太は強いの?海外の評価と世界戦で最強ゴロフキンに勝つ要素はある?

2017年10月、ついに念願の世界チャンピオンとなった村田諒太選手。

デビュー以来、負け無しで世界戦に初挑戦し、疑惑の判定で負けてしまいましたが、リベンジ戦で見事WBA世界ミドル級チャンピオンになりました。

そして、2018年4月に初防衛戦で勝利するも、10月のアメリカでのタイトルマッチでは3-0の判定負けで王座から陥落してしまいましたね。

そんな村田諒太選手が、最強のミドル級王者と言われる「ゲンナジー・ゴロフキン」と今後試合をした場合、勝つ見込みはあるのでしょうか?

今回は、元世界チャンピオンの村田諒太選手とゴロフキン選手について紹介していきます。

スポンサーリンク

村田諒太の海外での評価は?

村田諒太(むらた りょうた)

楽天ブックス

プロフィール
生年月日 1986年1月12日
出身地  奈良県
身長   182cm
学歴   東洋大学

戦績
アマチュア   138戦 119勝 (89KO・RSC) 19敗
プロ    16戦 14勝 (11KO) 2敗

主な獲得タイトル
2005年 アジア選手権ミドル級銅メダル
2011年 インドネシア大統領杯ミドル級金メダル
2011年 世界ボクシング選手権大会ミドル級銀メダル
2012年 ロンドンオリンピックミドル級金メダル
2017年 WBA世界ミドル級王座

村田諒太選手は、ロンドンオリンピックの金メダルで一役有名になりました。

ボクシングでの金メダルは、48年ぶりの快挙として大きく取り上げられ、その後のプロ転向でも大きな注目を集めました。

当然ですが、デビュー前から国内での注目度はかなりありました。

それはプロテストが、テレビで生中継された事をみても明白です!

しかし、そんな村田諒太選手の海外での反応は世界戦を行うまではかなり薄かったです。

それは当たり前と言えば当たり前の話です。

いくらオリンピックの金メダリストとは言え、プロの世界では無名に近い状態で、おまけにミドル級にはスター選手がゴロゴロいるので、初期の村田諒太選手に注目が注がれる事はまずありません。

そして、2015年に初めてラスベガスで試合を行いましたが、メインの前座の試合で、しかも判定でかろうじて勝利と言った内容では、派手好きなアメリカ人の心を掴むことは出来ませんでした。

ここで圧倒的なパワーを見せつけて、派手なKO勝ちでもしていたら、当時からもっと注目されていたかも知れません。

やはり、こう言う格闘系のスポーツは派手なKOシーンが無いと印象に残りませんし、特に海外と言うアウェイでやるならKO勝ちは絶対でしょう。

そして、2016年はボクシングの聖地「MGMグランド・ガーデン・アリーナ」に初登場しました。

ここでは、1ラウンド1分52秒でTKO勝ちを収めたものの、村田諒太選手より遥かに人気も実力もあるカードが並んでいた為に、残念ながら大して注目は浴びませんでした。

しかし、2017年5月のアッサン・エンダム戦で疑惑の判定負けをした事で海外でも話題となり、その後の再戦で圧勝した事から徐々に海外でも注目されるようになって来ました。

ただ、認知度はアップしたものの、まだスタート地点に立ったばかりなので、今後の勝ち方次第で評価はいくらでも変わってしまいます。

なので、まずは2018年4月の初防衛戦で、圧倒的な力の差でKO勝ちをする事からスタートすれば、その名が徐々に知れ渡っていくように思われました。

初防衛戦は良かったものの・・・

そして、実際、初防衛戦は8ラウンドまで行きましたが内容的には「TKO」と悪く無かった為、次のアメリカでの防衛戦で豪快なKOでもあれば人気を獲得出来たかも知れません。

さらに、その次にミドル級最強王者と言われるゲンナジー・ゴロフキン選手と対戦して勝利する事があれば、間違いなく海外でもスターとなったでしょう。

しかし、残念ながらアメリカでの防衛戦は3-0と大差での判定負けとなった為、王座からも陥落しその後の進退も今の所は明言していません。

ただ、ファンとしては出来ればゴロフキン選手と対戦するまでは引退せず、もう一度頑張って欲しいと願います。

ミドル級最強のゴロフキンに勝てる要素はある?

ゲンナジー・ゴロフキン

プロフィール
生年月日 1982年4月8日
出身地  カザフスタン
身長   179cm

戦績
アマチュア   350戦 345勝 5敗
プロ    38戦 37勝 (33KO) 無敗 1分

主な獲得タイトル
アテネオリンピックミドル級銀メダル
WBOインターコンチネンタルミドル級王座
IBO世界ミドル級王座
WBA世界ミドル級暫定王座(防衛0=正規王座に認定)
第29代WBA世界ミドル級王座(防衛10=スーパー王座に認定)
WBA世界ミドル級スーパー王座(防衛6)
WBC世界ミドル級暫定王座(防衛4=正規王座に認定)
第36代WBC世界ミドル級王座(防衛3)
第16代IBF世界ミドル級王座(防衛4)

現在、ミドル級最強と言われるバケモノのような無敗のチャンピオンが、ゲンナジー・ゴロフキン選手です。

アマチュアの戦績も350戦していますし、プロでは負け無しの最強王者です。

ゴロフキン選手の特徴としては、一番に豪快なKOがあげられます!

38戦中33回はKOなので、その凄まじさがわかります!

こちらがゴロフキン選手の豪快すぎるKO集です。

とにかく、パンチが物凄いですね!

強い、早い、正確なパンチを打つので、対戦相手はどうしようも無い状態です・・・。

よくこれだけ正確に強いパンチが打てるな~と、見ていて感心しますね。

やはりゴロフキン選手の試合を観ると、村田諒太選手の試合はどうしても内容的に地味に見えてしまいます。

ゴロフキン選手が「特別」だと言ってしまえばそれまでですが、出来れば村田諒太選手にもこんな勝ち方をして貰いたいと言う願いがあります。

正直、今現在、村田諒太選手と全盛期のゴロフキン選手が戦えば、村田諒太選手が負ける可能性が高いでしょう。

しかし、ゴロフキン選手も全盛期よりはスピードもパワーも落ちているので、今後の努力しだいで良い勝負が出来るのではないでしょうか。

そして、勝てる要素があるとすれば、パンチを貰わないように回を重ねてゴロフキン選手のスタミナ切れを待って、一気に前へ出るしか無い気がします。

パンチ力、速さ、正確さはやはりゴロフキン選手の方が上なので。

ただ、村田諒太選手が王座から陥落してしまった事で、今後どういう展開になるのか分かりませんが、出来れば現役を続けてもう一度頑張って行って欲しいですね。

そして、タイトルマッチで無くても良いので、何とかゴロフキン選手と対戦する所まで行ってくれたら最高です。

しかし、これからの事なのでどうなるのかは分かりませんが、今後村田諒太選手がどんな決断を下すのか注目です。

こちらの関連記事もどうぞ!

ゲンナジー・ゴロフキンの嫁と子供は?驚きのファイトマネーと両親や兄弟もすごい?

村田諒太の年収や世界戦のファイトマネーは?今までの総額はいくら?

村田諒太の両親や兄弟も強いの?嫁は名家で子供もボクサーになる?

ボクシング史上最速KO記録!ゾラニ・テテの経歴や戦績は?両親や兄弟もすごい?

比嘉大吾の親兄弟や彼女はいるの?すごい経歴や年収はいくら?

拳四朗のすごい経歴と年収や彼女はいる?両親や兄弟との関係は?

田中恒成の親兄弟や彼女は?すごい経歴と実力の評価や年収は?

山中慎介のファイトマネーがすごい!今まで稼いだ世界戦の総額はいくら?

井岡一翔のファイトマネーが凄い!ラブラブな谷村奈南との結婚はいつ?

無敗で引退!メイウェザーがボクサーとして評価されない理由とは?

KO率100%の無敗ボクサー!エドウィン・バレロが自殺した理由とは?

マイク・タイソンの現在は?今の嫁や年収など!息子もボクサーになった!?

ヘビー級 藤本京太郎の結婚や彼女の存在は?両親や兄弟の関係は?

八重樫東の世界戦ファイトマネーの総額は?再婚妻や子供との関係は?

井上尚弥の年収やファイトマネーは?凄いパンチ力と現在子供は?

パッキャオの両親や兄弟は?嫁の職業や子供もボクシングが強い?

終わりに

ようやく念願の世界チャンピオンになり、これからアメリカでバンバン試合をして世界的に有名なボクサーになるはずでしたが、なかなかうまくは行きませんね。

ただ、王座から陥落してもボクシングは続けられるので、出来ればこれからも現役で続けて欲しいと願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする