鍋谷友里恵のゴーグルの理由やメーカーは?中学・高校の凄すぎる経歴まとめ!

現在、「デンソー・エアリービーズ」に所属して全日本のメンバーでもある鍋谷友里恵(なべやゆりえ)選手!

鍋谷友里恵選手は、試合中に一人だけ特徴的な黒いゴーグルをつけてますが、2019年ワールドカップでテレビ中継されて気になってる人も多いようです。

そして、ゴーグルは目を守るものなので、当然鍋谷友里恵選手の目に何かありました・・・。

今回は、そんな鍋谷友里恵選手の気になるゴーグルと中学や高校の凄すぎる経歴なども紹介していきます!

スポンサーリンク

鍋谷友里恵のプロフィール

この投稿をInstagramで見る

Japan Volleyball Associationさん(@jva_volleyball)がシェアした投稿

生年月日  1993年12月15日
出身地   神奈川県川崎市
身長    176㎝
血液型   B型
学歴    東九州龍谷高校
所属    デンソー・エアリービーズ
ポジション ウイングスパイカー
好きな食べ物 パスタ、マンゴー、イチゴ

好きな色   ピンク
好きな季節  秋
特技     三段跳び

鍋谷友里恵がゴーグルをつける理由はケガが原因!

鍋谷友里恵選手は、2019年のワールドカップで黒色の大きなゴーグルをつけていた為、初めて見る人はかなり気になったようですね。

確かに一人だけ大きなゴーグルをつけていれば相当目立ちます。

この投稿をInstagramで見る

🏐女子Vリーグ&石井優希選手応援垢🏐さん(@springs_yuki_6_ishii)がシェアした投稿

そして、ゴーグルをつけてる理由は2019年4月に行った合宿先で、至近距離で打ったボールが目に直撃するアクシデントがあった為です。

その後、病院で検査をすると網膜震盪症(もうまくしんとうしょう)と診断されました。

網膜震盪症とは、目に強い衝撃が加わる事で網膜の黄斑部(網膜の中心部)にむくみが生じた状態の事を言います。

この状態になると、モノがぼやけたり二重になって見えるようになってしまいます。

ただ、安静にしていれば1週間ほどで元に戻ると言いますが、ケガの状態により1ヶ月くらいかかる場合もあると言う事です。

なので、鍋谷友里恵選手が負傷したのは2019年4月なので、9月のワールドカップの時期にはすでに回復していたと思われます。

しかし、また同じような事が起きては試合に出られなくなってしまう恐れもある為、一応その後も引き続きゴーグルを着用していると言う事です。

また、ゴーグルををつけるようになった事でファンや周りの評判も良い事から、意外と本人もゴーグルが気に入っているのかも知れませんね(^^)

鍋谷友里恵のゴーグルのメーカーはどこ?

そして、そんな鍋谷友里恵選手が愛用しているゴーグルがどこのメーカーなのか気になる人もいるのではないでしょうか。

もし、現在バレーボールや他の球技をやっていて、自分も目の保護に使いたいと思っているなら、鍋谷友里恵選手が愛用するゴーグルが良いかも知れません。

やはり、一流選手が選んだゴーグルなので、当然色んなゴーグルを比較して選んでるはずなので、品質は間違い無いでしょう。

そして、調べてみると鍋谷友里恵選手が愛用しているゴーグルは「SWANS(スワンズ)」と言うメーカーと言う事が分かりました。

スワンズは創業105年を超える日本のメーカーで、主にスポーツアイウェア全般を扱う有名ブランドです。

なので、マラソンなどのサングラスやスキーのゴーグルなどスポーツアイウェアを専門としている為、その品質は最高レベルと言えます。


画像をクリックするとAmazonサイトにジャンプします。

ただ、一流ブランドの優れたゴーグルなので価格はそこそこしますが、すぐにダメになるものよりはしっかりした物を使う方が目の保護にも良いのではないでしょうか。

もし、ゴーグルを使用するなら、鍋谷友里恵選手が愛用するスワンズのゴーグルを使用してみて下さい(^^)

鍋谷友里恵の中学や高校の凄すぎる経歴まとめ!

この投稿をInstagramで見る

一般社団法人日本バレーボールリーグ機構さん(@v.league_official)がシェアした投稿

鍋谷友里恵選手は、父親と母親が「元バレーボール選手」と言う事もあり、小学3年生からバレーボールを始めました。

そして、中学は東京のバレーボール強豪校淑徳SC中等部」へ進学し、本格的にバレーボールに打ち込みます。

ただ、淑徳SC中等部は高等部もある中高一貫校なので、そのまま高校まで行くと思われましたが、鍋谷友里恵選手は高校を九州の「東九州龍谷高校」へと変えています。

その理由は明かされてませんが、鍋谷友里恵選手の中学時代の成績などは特に無い為、恐らく「全国大会」などには出場出来なかった可能性が高いです。

そう思うと、「淑徳SCのバレー部」自体が鍋谷友里恵選手には合わなかったのかも知れません。

実際、同じく「デンソー・エアリービーズ」に所属する大竹里歩(おおたけりほ)選手は、鍋谷友里恵選手と幼馴染で中学も同じでしたが、大竹里歩選手も高校は別の高校へと変えています。

なので、やはりバレー部の強豪校として行ったものの「淑徳SCのバレー部」自体が鍋谷友里恵選手に合わず、高校を変えたのではないでしょうか。

鍋谷友里恵は高校で日本一に!

そして、鍋谷友里恵選手は、地元の関東から離れて九州のバレーボール強豪校「東九州龍谷高校」へと進学します。

高校からと言う事は、年齢的に15歳から親元を離れて暮らす事になるので、ある意味相当な覚悟を持って九州の高校へ行ったのが分かります。

また、この「東九州龍谷高校」は九州だけでは無く全国的にも超ハイレベルなバレーボール強豪校で、これまでにインターハイや春高バレーで何度も優勝しています。

特に、春高バレーでは2008年~10年に女子唯一の3連覇を達成するなど、これまでに獲得した全国タイトルは計17回にもなる超強豪校です。

そして、これだけすごい高校なので当然、有名選手も多数在籍していました。

現在も活躍する有名選手では、以下の選手が東九州龍谷高校の出身者です。

  • 長岡望悠選手(久光製薬スプリングス)
  • 岩坂名奈選手(久光製薬スプリングス)
  • 戸江真奈選手(久光製薬スプリングス)
  • 加藤 光選手(久光製薬スプリングス)

また、現役を引退した選手を入れると、数えきれないくらいの選手が実業団入りしているので、どれだけ優れた選手を多く輩出しているかが分かります。

そして、このような強豪校で鍋谷友里恵選手は3年生の時にキャプテンとなり、チームを率いて全国大会で優勝しました。

なので、このハイレベルの高校で「キャプテンになる」のもすごい事ですが、チームを率いて全国優勝したと言うのは実力だけで無く、統率力も優れてる証拠と言えそうです。

実際、鍋谷友里恵選手は高校を卒業して2012年から「デンソー・エアリービーズ」でプレミアデビューしますが、6年後の2018-2019シーズンではキャプテンとなっています。

それを考えると、やはり鍋谷友里恵選手はアタッカーとしての才能だけでなく、チームをまとめる能力にも優れていると言えるのではないでしょうか。

なので、「全日本」でもいずれは鍋谷友里恵選手がキャプテンとして活躍する日がくるのかも知れません。

今後も鍋谷友里恵選手の活躍に注目です!

こちらの関連記事もどうぞ!

鍋谷友里恵の兄弟がイケメン!両親も元バレーボール選手で大竹里歩との共通点とは!

鍋谷友里恵の彼氏や結婚は?意外な性格と練習見学やファンレターの出し方!

終わりに

鍋谷友里恵選手がゴーグルをつけてる理由はケガが原因でしたが、基本的に球技全般は顔にボールが当たる危険性がある為、球技をしている人は人ごとでは無いはずです。

中には鍋谷友里恵選手と同じような事になってる人もいるかも知れないので、もし必要なら鍋谷友里恵選手が使う「スワンズ」のゴーグルを使ってみても良いのではないでしょうか。

ただ、価格は少々高めですが・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする