ゆりあんレトリィバァーの両親や兄弟は?本名といじめの過去や芸人としての評価は?

現在、若手の女芸人の中でも特に注目されてるゆりあんレトリィバァーさん。

ゆりあんレトリィバァーさんは、吉本興業のお笑い養成所でもある大阪NSCを主席で卒業し、これまでに数々の賞を受賞するなど大活躍です。

また、最近は海外のテレビにも出演して注目を集めるなど、早くも日本を飛び出して活躍の場を広げようとしています。

そんなゆりあんレトリィバァーさんの両親や兄弟とはどんな人なのでしょう?

また、過去のいじめや芸人としての評価はどんな感じなのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

ゆりあんレトリィバァーってどんな人?

プロフィール

生年月日 1990年11月1日
出身地  奈良県吉野郡吉野町
身長   159㎝
血液型  B型
学歴   関西大学文学部卒
所属   よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本部

ゆりあんレトリィバァーの両親は父親がアーティストだった!

ゆりあんレトリィバァーさんはの両親は、父親が吉田昌行(よしだまさゆき)さんと言う名前で、年齢は1952年生まれなので60代後半の方です。

職業は、元近鉄の職員で退職後に「エッチング幸房ソレイユ」と言うお店を運営されています。

「エッチング」とは化学薬品などの腐食作用を利用して表面を加工する技法で、主に「銅版画」で使用するのが有名です。

なので、ゆりあんレトリィバァーさんの父親は「銅版画家」なのかな~と思ったのですが、調べるとちょっと違いました。

ゆりあんレトリィバァーさんの父親の場合は、通常のエッチングとは違い「サンドブラスト」と言う技法で加工した商品を扱っています。

サンドブラストとは、研磨材(粒子・砂)をコンプレッサーの圧縮空気で吹き付けて表面を加工する方法で、エッチングとは加工の仕方が違います。

しかし、ガラス・木工・金属・プラスティック・陶器・石・ゴム・皮・アクリルなどの幅広い素材に、文字や絵などを自由に加工できるのが特徴です。

なので、結婚式の引き出物やプレゼントなどに、好きな文字や絵をサンドブラスト加工で入れて贈るとオリジナリティある贈り物となります。

そんな父親の仕事はyoutubeでも紹介していました。

そして、父親は近鉄の退職後に「エッチング幸房ソレイユ」を立ち上げているので、在職中からこうした加工に興味があって、ずっと準備していたのかも知れません。

現在は通常の注文以外に、グラスに自分の好きな文字や絵を加工する「体験教室」も行っているので、興味があれば行ってみても面白いのではないでしょうか。

ひょっとすると、ゆりあんレトリィバァーさんの幼少期の面白い話なども聞かせてくれるかも知れません(^^)

場所

営業時間 9:00~18:00
Tel.0746-36-9860
Fax.0746-36-9860

ゆりあんレトリィバァーの母親は乗りの良い明るい性格!?

そして、ゆりあんレトリィバァーさんの母親は吉田晃子(よしだあきこ)さんと言いますが、年齢などの詳しい情報は出ていませんでした。

しかし、父親が60代後半なので母親も同じくらいか60代前半くらいの年齢ではないでしょうか。

そして、母親について調べると、過去にゆりあんレトリィバァーさんが出演した番組の企画に母親が登場していました。

その内容はちょっと過激で、ゆりあんレトリィバァーさんの母親が抱かれたい男性芸能人トップ10を他の女芸人が当てると言うものでした。

残念ながら、トップ10の詳細は分かりませんでしたが、そこそこ恥ずかしい内容をテレビで放送されるのを承知で引き受けてる母親は、相当乗りの良い人ではないでしょうか。

恐らく、娘の為に出演をOKしたとは思いますがイヤなら断るはずなので、それをしっかりやると言う事は、母親もゆりあんレトリバァーさん並みに明るい人なのかも知れません。

ゆりあんレトリィバァーの兄弟は姉が一人

ゆりあんレトリィバァーさんの兄弟は、2歳年上の姉が一人いるだけなので2人姉妹と言う事になります。

名前は吉田有希(よしだゆき)さんと言いますが、職業や結婚されてるかどうかの情報はありませんでした。

ただ、過去にゆりあんレトリィバァーさんがテレビに出始めた頃には、自身のSNSで「妹が番組に出演してます」と言った内容のツイートをしていた事もあったようです。

なので、姉もゆりあんレトリィバァーさんを全力で応援しているのが良く分かりますし、姉との関係もすごく良好だと言うのが見えますね(^^)

また、ゆりあんレトリィバァーさんのSNSでは、姪っ子や甥っ子などの話も出てきて無い事から、ひょっとすると姉もまだ結婚はされてないのかも知れません。

仲の良い姉妹のようなので、姉が結婚したり子供が生まれたならゆりあんレトリィバァーさんもSNSで報告すると思うので、姉に関してはまた何か分かれば追記していきます。

そして、ゆりあんレトリィバァーさんはピアノも出来て英語も堪能な事から「お嬢様では?」と言う噂がありましたが、特に大金持ちの令嬢と言う事では無かったようです。

しかし、父親もアーティスティックな一面があり、「表現者」としての資質をゆりあんレトリィバァーさんも受け継いだと言う事なのかも知れません。

ゆりあんレトリィバァーの本名やいじめの過去とは?

ゆりあんレトリィバァーさんの本名は、吉田有里(よしだ ゆり)と言います。

「ゆりあんレトリィバァー」がかなりインパクトのある名前なので、本名を聞くといたって普通に見えますね。

しかし、見た目のインパクトと芸名が非常にマッチしているので、この芸名にしたゆりあんレトリィバァーさんのセンスもなかなかだと言えます。

また、かなり覚えやすいですし、こういうネーミングにしたのも早く売れた要因の一つなのかも知れません。

ゆりあんレトリィバァーは中学の時にいじめに遭っていた

ゆりあんレトリィバァーさんは、芸を見てもめちゃくちゃ明るいので、学生時代からずっと人気者でいじめとは一切無関係と思っていましたが違っていたようです。

実は、ゆりあんレトリィバァーさんが中学生の時にいじめに遭っていたと過去に出演した番組で告白しています。

と言うのも、中学生になったゆりあんレトリィバァーさんは「ギャルがステータス」と思い、「ギャルのグループに入れば楽しい生活を送れる」と思っていたそうです。

しかし、現実はギャルのグループには入れず、逆にいじめられるハメになりました。

具体的ないじめは、まずテニス部に入り立候補でキャプテンに就任するも、誰も自分の後についてランニングしないし、ボールを投げられたりもしたようです。

さらに、『人間以外は入れません』と部室に張り紙をされて入れなくされたりと、陰湿ないじめが続き、その頃はさすがに一人では抱えきれず家族にも相談したと言います。

ただ、そんないじめられてる中でも良かった事もあったようで、立て替えて払った部費の105円を返して貰う際に、1円と5円だけを集めて投げられたそうです。

しかし、それを全部拾って数えてみると110円あったので5円得したと言う話をして、当時テレビで共演した人を笑わせていました。

こうした辛い経験も笑いのネタにしてしまうと言うのは、本当に芸人ならではの事なので、いじめられてた期間も決して無駄では無かったと言う事かも知れません。

ゆりあんレトリィバァーが芸人になったのはいじめのお陰?

ゆりあんレトリィバァーさんは、いじめられてた時に

「いつか目立つ所へ行って、この子達とは違う所で生活したい、見返したい」

と言う気持ちが芽生えたそうです。

また、ゆりあんレトリィバァーさんは小学生の頃は「モーニング娘」に入りたかったようですが、成長するにつれそれは無理と思うようになります。

そして、ちょうどその頃「吉本新喜劇」がめちゃくちゃ面白いと思っていた事もあり、「お笑いは笑いが全てで見た目は関係ない」と言う事も、芸人を目指すキッカケでした。

なので、芸人になったのは「いじめっ子を見返す為」と言う要素もかなり強くあったのは事実です。

しかし、最近は考えが変わってきて「いじめっ子を見返すのが最終目標になるのは悲しい」と思うようになり、今はその事は考えないようにしているとの事です。

まぁ、ネガティブ思考よりもプラス思考で行った方が絶対良い結果が出ますし、実際いじめネタで笑いも取れてるので、ゆりあんレトリィバァーさんにはプラス思考の方が合っていますね(^^)

ゆりあんレトリィバァーの芸人としての評価は?

ゆりあんレトリィバァーさんは、NSCを主席で卒業していますし、これまで数々のお笑いの賞も受賞している事から、特に注目を浴びています。

その為か、ゆりあんレトリィバァーさんについては称賛の声もあれば否定的な声も多数あり、SNSなどでも度々色んな意見が出ています。

ただ、全体的に見るとネタがわりと「キャラが濃い」感じの為、そのキャラクターを受け入れられない場合は「面白くない」と感じる人が多いようです。

また、ネタに「多少のゴリ押し感」もある為、サラッとしゃべって笑いを取るような感じが好みな人には嫌われる傾向にあるのではないでしょうか。

さらに、同じキャラ系の「ブルゾンちえみさん」「平野のらさん」と言った女芸人に比べると、そこまで爆発した人気が無いのも低く評価される理由かも知れません。

しかし、ハマる人はめちゃくちゃハマる笑いなので、そういう人にとってはゆりあんレトリィバァーさんが何をやっても面白いと思えるのではないでしょうか。

また、海外へ出て行くなど、結果はともかく他の女芸人がやらない事にどんどんチャレンジする所も将来的なポテンシャルを感じます。

ただ、海外へ行った狙いや披露した「芸」がアメリカで受けると思ったのかなど、色々疑問はありますが、少なくとも「話題」にはなってるのでその辺も評価はできるのではないでしょうか。

今後、ゆりあんレトリィバァーさんの芸人としての評価がどうなるのかは、まだまだこれからという感じで未知数と言えます。

現在、まだ完全にブレイクしてないのなら、これからの活動でどうブレイクしていくのかが楽しみです(^^)

ゆりあんレトリィバァーのすごい経歴!

ゆりあんレトリバァーさんは、小学生の時に「吉本新喜劇」に出ていた山田花子さんや島田珠代さんのように自分もなりたいと思ったことから、芸人に憧れるようになりました。

そして、高校時代から文化祭で舞台に立って笑わせていた事から、奈良県立高田高等学校卒業後にすぐにNSCへ行く予定でした。

しかし、当時好きになった男子に注目されたくて猛勉強をして関西大学へ進学するものの、その男子とは受験直前でダメになったようです。

その後、大学4年生の時に念願のNSCに入学し芸人人生がスタートました。

そして、NSC入学直後は人がめちゃくちゃ多く、みんな面白く見えて自信が持てなかったそうですが、半年もすると辞める人や周りがそれほどでも無いように思えて、自信が持てるようになったそうです。

ちなみにNSC35期生の同期は、濱田祐太郎・ガンバレルーヤ・メイプル超合金・ ひょっこりはんなどですので、今は売れてる同期が多いですね。

そして、そんな売れてる同期が多い中で、2013年に行われた「NSC大ライブ2013」で見事優勝を勝ち取り、ゆりあんレトリバァーさんはNSCを首席で卒業しました。

その後、芸歴わずか1ヶ月目にして『ロケみつ ザ・ワールド』のロケ企画に出演して好評を得た事から、翌月には同番組のレギュラーとなるなど非凡さを発揮しています。

また、番組出演自体は「NSC大ライブ2013」の優勝特典でもあったのですが、レギュラーを勝ち取ったのは実力とも言えるので、やはり当時から何か人とは違うものを持っていたのかも知れません。

ゆりあんレトリバァーは2017年にブレイク

そして、その後も順調にテレビ出演やお笑いコンテストで受賞を重ねて知名度を上げていき、2016年にはエフエムあまがさきで初の冠ラジオ番組『ユリヤンスタジオランド』がスタート。

さらに、2017年には「第47回NHK上方漫才コンテスト」に出場して女性ピン芸人初の優勝者となり、「女芸人No.1決定戦 THE W」でも優勝して一気に知名度を上げました。

その後はレギュラー番組も増え、CMにも多数出演するなど一気にブレイクを果たしています。

しかし、熱狂的なファンがいる反面「全く面白くない」と言うアンチも多く、その評価は分かれてる為、売れてるものの今一つパッとしないのが現状です。

そして、そう言う状況をゆりあんレトリバァーさんも分かっていて、何とか現状を突き抜けようとアメリカへ行くなどの行動を起こしているのかも知れません。

ただ、何だかんだ言って嫌われるのも「一流証」なので、ゆりあんレトリバァーさんは今後も活躍するのは間違い無いでしょう。

しかし、無茶をし過ぎて放送事故になるような事をしてしまうと一気にダメになる可能性もあるだけに、今後のゆりあんレトリバァーさんの活動には注目です!

こちらの関連記事もどうぞ!

せいや(霜降り明星)の兄弟(妹)や両親は?いじめられた高校と発達障害って本当?

粗品(霜降り明星)の両親や兄弟は?父親の死の原因と母親が経営する焼き肉屋店はどこ?

濱田祐太郎の経歴と両親や兄弟は?盲目の芸人になった理由や凄すぎる特技とは?

上沼恵美子のすごい年収や夫との仲は?息子の仕事や離婚理由は何?

紺野ぶるまのすごい経歴や本名は?両親と兄弟や過去の経験人数と現在の彼氏は?

横澤夏子のすごい年収とは?両親の職業と兄弟や結婚相手はどんな人?

終わりに

少し前までは森三中など、体を張って笑わせてくれる女芸人がいましたが最近はあまり見ない為、ゆりあんレトリバァーさんの登場はかなり刺激的でもあります。

ですが、時代的にあまり無茶な事ができなくなってる事もあり、今後ゆりあんレトリバァーさんの体を張った芸がどう進化していくのかが今後のカギではないでしょうか。

これからゆりあんレトリバァーさんがどう進化して行くのか非常に楽しみです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする