メイウェザーとマクレガー戦のファイトマネーが凄い!どっちが勝つ?

ボクシング

2015年に2度目の引退を表明して引退したメイウェザー選手。

しかし、1度目の引退と同じように、また1年前後で復帰する事を明言しだしていましたが、2017年3月に対戦が噂されていた、UFCの二階級同時覇者マクレガー選手との対戦が現実味を帯びてきました。

試合はボクシングルールで行われるようで、すでにマクレガー選手はカリフォルニア州でボクシングライセンスを取得しているので後はお金の問題だけです。

今回は、そんなメイウェザーvsマクレガー戦について紹介したいと思います!

スポンサーリンク
すぽんさー

メイウェザーとマクレガーってどんな人?

フロイド・メイウェザー・Jr

メイウェザーJr
出典http://k-bass.com/1315.html

プロフィール

生年月日  1977年2月24日
出身地   アメリカ・グランドラピッツ
身長    173cm

戦績  

プロ 49戦49勝(26KO)無敗
アマチュア 84勝6敗

主な獲得タイトル

WBC世界スーパーフェザー級(1998年)
WBC世界ライト級(2002年)
WBC世界スーパーライト級(2005年)
WBC世界ウェルター級(2006年)
WBC世界スーパーウェルター級(2007年)

5階級を無敗で制覇

コナー・マクレガー

マクレガー選手
出典http://azulthailand.blogspot.jp/2014/10/blog-post_42.html

プロフィール

生年月日  1988年7月14日
出身地   アイルランド・ダブリン
身長    176cm

戦績  

総合格闘技 24戦21勝(18KO)3敗 一本1 判定2

獲得タイトル

第4代CWFCフェザー級王座(2012年)
第6代CWFCライト級王座(2012年)
UFC世界フェザー級暫定王座(2015年)
第2代UFC世界フェザー級王座(2015年)
第9代UFC世界ライト級王座(2016年)

CWFC・UFC2階級制覇王者

UFCで2階級王座を同時に保持したのは、マクレガーが史上初!

メイウェザーとマクレガーのファイトマネーが凄い!

2016年5月頃から、メイウェザー側からマクレガー選手との対戦の噂が出始めました。

当初からメイウェザー選手は、

「俺が試合をすれば、俺の数字は、もちろん、1億ドル以上だ。それぐらい要求してもいいだろう」
出典wikipedia

と話していて、マクレガー選手の報酬は700万ドルで交渉していると言われていました。

しかし、当然この話を聞いたマクレガー選手は

「彼が1億ドルなのに、俺が700万ドルだって?それでは(総合格闘技で稼いでいるファイトマネーより)減給になる。減給は受け入れられない。ボクシングは金を稼げるところだと思っていたけど、700万ドルとは全くくだらない。彼が1億ドルの話をするなら、俺だって1億ドルだ」
出典wikipedia

と言う事になり、交渉は暗礁に乗り上げた状態となっていました。

しかし、2017年3月にUFCのデイナ・ホワイト代表が、ラジオ番組の中で報酬2,500万ドル(約28.7億円)を提示したことで、試合が現実味を帯びてきました。

具体的な金額を提示した事で、この条件が飲まれれば試合は行われる事になるでしょう。

そして、これは最低限のファイトマネーであって、それプラス「ペイ・パー・ビューボーナス」を入れると物凄い金額のファイトマネーとなるはずです。

現在、マクレガー選手はファイトマネーも、UFC史上最高の300万ドルに達し、ペイ・パー・ビューでも165万件を販売するなど今までの記録を塗り替え、人気も実力も最高の選手です!

そのマクレガー選手と、5階級制覇で無敗のメイウェザー選手の試合が実現すれば、ペイ・パー・ビューの売れ行きは、以前歴代最高を叩き出したパッキャオ対メイウェザーの440万件を超える可能性もあります。

この時、メイウェザー選手は2億2千万ドル(約270億円)、パッキャオ選手は1億5千万ドル(約184億円)を稼いだと言われています。

注目度と言う事で見れば、恐らくこれと同等かそれ以上の売れ行きになると思われます。

なぜなら、今人気絶頂のマクレガー選手が、ボクシングルールで無敗のメイウェザー選手に初めて黒星をつけるかも知れないのは、ファンなら気になる所です。

なので、この試合が実現すれば2人のファイトマネーを合わせると、恐らく過去最高の500億円規模になるのではないかと思われます!

メイウェザーとマクレガーはどっちが勝つ?

メイウェザー選手とマクレガー選手を比較すると、年齢で言えば完全にマクレガー選手が有利でしょう。

メイウェザー選手はなんだかんだ言っても、もう40歳ですから。

ただ、40歳と言っても普通の人の40歳では無いので、その辺はそんなにマイナスでは無いのかも知れません。

若い頃からトレーニングを積んでいますし、恐らく今もトレーニングだけは続けているのではないでしょうか。

でないと、試合をやろうとは思わないと思います。

そして、その試合が総合格闘技ルールなら完全にマクレガー選手の勝ちですが、ボクシングルールと言う所がミソでもあります。

総合格闘技とボクシングは似ているようでもやっぱり別物なので、ボクシングルールではその世界で長年やってる、メイウェザー選手の方が有利のように思います。

ただ、マクレガー選手も試合までにボクシングのトレーニングをしっかり積んで、ボクシングの戦い方を完全にマスター出来れば、面白い試合になるのではないでしょうか。

試合の見所としては、メイウェザー選手は「いかに相手の攻撃を受けないで倒すか」と言うボクシングスタイルです。

なので、マクレガー選手がその完璧な防御をどう崩してパンチを当てていくのかに注目が集まると思います!

構図的には、前回のビッグマッチだったパッキャオvsメイウェザーに似ているのではないでしょうか。

パッキャオ選手は結局、メイウェザー選手を追いきれませんでしたが、マクレガー選手はどう言う展開を見せてくれるのか楽しみです。

そして、試合を見れば分かりますが、マクレガー選手はかなり打たれ強い選手なので、恐らく試合をすれば、最初からガンガン前に出てメイウェザー選手を倒しにかかるのではないかと思います。

防御のうまい選手は、あまり打たれた経験がないので意外と打たれ弱い選手も多いです。

防御がうまい亀田興毅選手や山中慎介選手も、パンチを当てられると意外とフラつくシーンやダウンする事が多かったと思います。

なので、恐らくメイウェザー選手もそんなに打たれ強い選手では無い気がします。

ただ、メイウェザー選手は過去に負けた事が無く、まともに殴られるようなシーンも見た事が無いので本当の所は分かりません。

それが、今回マクレガー選手との試合が実現すれば見れるかも知れません!

パッキャオvsメイウェザーの試合は、何となくスッキリしない試合だったので、今回の試合でメイウェザー選手が完全無欠な強さを証明するのか、それとも初黒星がつくのか?

どちらにしても、かなり注目される試合になりそうです!

こちらの記事もどうぞ!

無敗で引退!メイウェザーがボクサーとして評価されない理由とは?

終わりに

まさか引退したメイウェザー選手が本当に復帰するとは思って無かったので、驚きと共にちょっと嬉しくもあります。

しかも、対戦相手がUFC2階級覇者のコナー・マクレガー選手とあって、今現役で最も強い選手との対戦となればかなりの注目に値します!

ただ、マクレガー選手はボクサーではないので、その辺が少し気がかりではありますが、対戦が実現すれば非常に楽しみな一戦となります!

是非、交渉がまとまって実現する事を祈りたいと思います!

スポンサーリンク
すぽんさー
すぽんさー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事