村田諒太の年収や世界戦のファイトマネーは?今までの総額はいくら?

ボクシンググローブ

現在、ボクシングのミドル級で世界チャンピオンを目指す村田諒太選手。

2017年3月、とうとうWBA世界暫定ミドル級王者のハッサン・ヌダム・ヌジカムと対戦すると発表されました!

今、ボクシングのミドル級は数ある階級の中でも最も注目されてる階級で、ファイトマネーもかなりの額になると言われています。

そんな村田諒太選手の世界戦のファイトマネーは一体どれくらいになるのでしょう?

ちょっと気になったので、年収と共に調べてみました!

スポンサーリンク
すぽんさー

村田諒太の世界戦のファイトマネーはどれくらい?

村田諒太

村田諒太
出典http://number.bunshun.jp/articles/-/820839

プロフィール

生年月日 1986年1月12日
出身地  奈良県
身長   182cm
学歴   東洋大学

戦績

アマチュア   138戦 119勝 (89KO・RSC) 19敗

プロ    12戦 12勝 (9KO) 無敗

主な獲得タイトル

2005年 アジア選手権ミドル級銅メダル
2011年 インドネシア大統領杯ミドル級金メダル
2011年 世界ボクシング選手権大会ミドル級銀メダル
2012年 ロンドンオリンピックミドル級金メダル

プロボクシングのファイトマネーは、当然現在の自分のランクに合わせての金額が支払われます。

プロのランクとファイトマネー(目安)

4回戦     6万円
6回戦     10万円
8回戦     15万円~
日本タイトル 30万円~数百万円
世界戦    3000万円~1億円

これらは選手個人に支払われるのでは無く、所属ジムに支払われてここからジムのマネージメント料33%が引かれた額がボクサーの給料となります。

また、日本タイトル戦や世界タイトル戦は、階級によってファイトマネーの額が変わります。

やはり、重い階級の方がファイトマネーも高額になるようようです。

ただ、村田諒太選手の場合は普通の選手とはちょっと違っていて、デビュー戦からいきなり1000万円と言う破格のファイトマネーが転がり込んでいます。

これにはもちろん理由があって、村田諒太選手の場合はプロ転向前に、ロンドンオリンピックで金メダルを獲りかなりの有名人でした。

なので、プロ転向を発表した時点ですでに注目されていて、プロテストも史上初のテレビ中継までされたくらいです。

なんでもそうですが、この「テレビ中継」と言うものが絡んでくると、ファイトマネーは莫大な金額に膨れ上がります。

先程のファイトマネーの一覧も、世界戦などはTV中継された場合のファイトマネーなので、テレビ中継がなければもっと低いと思います。

また、テレビ中継されるとその視聴率によって、さらに金額の変動があるようです。

高視聴率だとさらに金額が上がり、視聴率がとれないと逆に下る事になります。

しかし、ボクシングは一定のファンが必ずいるので、世界戦でテレビ中継されるとそこそこの視聴率はあるはずなので、ファイトマネーが下がる事はまず無いと思います。

そういう事を考えると、テレビ中継された村田諒太選手のデビュ戦での1000万円は、妥当な金額なのではないでしょうか。

そして、海外では有名選手の試合はペイ・パー・ビューで放送するようになっているので、選手はより多額のファイトマネーを受け取れるようになっています。

ペイ・パー・ビューは、有料のチャンネルでその試合を観る権利を視聴者が買うシステムで、売れれば売れる程報酬は伸びていきます。

世紀の一戦と言われた、フロイド・メイウェザーVSマニー・パッキャオの試合では、440万件ものペイ・パー・ビューが売れて、ファイトマネーは2人で合わせて360億円になりました。

なので、村田諒太選手も今後世界チャンピオンになって、ペイ・パー・ビューでテレビ中継される選手になると、莫大なファイトマネーを得られるようになると思います。

しかし、今回の世界戦は日本で行われますので、そこまで莫大なファイトマネーは無いとしても、テレビ中継プラス高視聴率は間違い無いので、最低でも1億円は下らないのではないでしょうか。

もちろんこれはあくまでも推測ですが、そんなに外れてない数字だと思います。

村田諒太の年収やファイトマネーの総額は?

村田諒太選手は平均すると、プロに転向してから年3回くらいのペースで試合をしています。

その全てがテレビ中継されてると考えると、最低でもデビュー戦と同じくらいのファイトマネーがあると考えて、ファイトマネーだけで最低3000万円の年収があると推測できます。

ただ、それプラス村田諒太選手にはスポンサーがついています。

分かっているだけでも、マイナビ、ANA、すき家はスポンサーについてるので、その契約料だけでも相当な金額なのではないでしょうか。

噂ではマイナビとの契約は年間4000万円と言われているので、恐らく他のスポンサーもそれくらいの金額だと思われます。

なので、スポンサーを3社だけとすると、およそ1億2000万円がスポンサー料となります。

そして、ファイトマネーもデビューから今までの12戦を1試合1000万円と少なく見積もっても1億2000万円となり、合わせて2億4000万円がプロになって稼いだ総額になると思われます。

ただ、これも分かっている範囲のスポンサーだけですし、他にも契約している所があるかも知れません。

また、1試合のファイトマネーがもっと高額なら当然これ以上稼いでいるでしょう。

ここで出した数字はあくまでも最低金額だと思います。

しかし、これだけ有名になって強ければ、これぐらいの金額を稼げるようになると言う夢はあるのでは無いでしょうか!

そして、世界チャンピオンになって防衛を続けていけば、さらにこの何倍ものファイトマネーが転がり込んで来ます!

仮に現在ミドル級最強王者と言われる、ゲンナジー・ゴロフキン選手と対戦する事になったとしたら、当然ペイ・パー・ビューでの試合になると思うので、とんでもない金額のファイトマネーになるのは間違いないでしょう!

ゴロフキン
出典http://blog.goo.ne.jp/bayougate/e/

いつかそんな日が来る事を楽しみにしたいと思います!

こちらの関連記事もどうぞ!

村田諒太は強いの?海外の評価と世界戦でゴロフキンに勝つ要素はある?

比嘉大吾の親兄弟や彼女はいるの?すごい経歴や年収はいくら?

拳四朗のすごい経歴と年収や彼女はいる?両親や兄弟との関係は?

田中恒成の親兄弟や彼女は?すごい経歴と実力の評価や年収は?

無敗王者!久保隼の経歴や親兄弟は?彼女や結婚はしてる?

終わりに

オリンピックで金メダルを獲ったからと言って、プロでどれだけ通用するのかと思っていたら、気がつけば世界ランク2位ですので、やはりすごい人だったと言う事ですね。

もちろん、ここまで来るにはもの凄い努力をしていると思いますし、かなりのプレッシャーもあったでしょう。

でも、それを乗り越えここまで来たのですから是非、世界チャンピオンになって欲しいと願います!

スポンサーリンク
すぽんさー
すぽんさー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする