山中慎介が防衛記録を更新できる強さの秘密とは?防衛世界一は誰?

ボクシング

現在、日本人のボクシング世界戦連続防衛記録は、具志堅用高さんの持つ13回が最高です。

日本人歴代2位である11回の記録を持っていた内山高志さんが負けた今、この記録を塗り替えらるのは同じ11回防衛記録を持つ山中慎介選手しかいません。

しかし、他の世界チャンピオンは何回か防衛すればすぐに階級を上げて2階級や3階級制覇を狙いますが、山中慎介選手はなぜ防衛戦にこだわって来たのでしょう?

また、これだけ連続防衛できる強さの秘密などはあるのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク
すぽんさー

山中慎介ってどんな人?

山中慎介

山中慎介
出典Twitter

プロフィール

生年月日   1982年10月11日
出身   滋賀県
身長   171cm

階級   バンタム級
通称   ゴッドレフト(神の左)

戦績 

アマチュア 47戦34勝(10KO・RSC)13敗
プロ    28戦26勝(18KO)無敗 2分

略歴

1998年 南京都高校入学後にボクシングを始める。
2000年 とやま国体の決勝で、粟生隆寛を降して少年バンタム級優勝
2006年 プロデビュー
2010年 日本バンタム級王座獲得
2011年 無敗のままWBC世界バンタム級王座獲得
2012年 初防衛に成功、その後2016年までに11回の防衛に成功
2017年 3月2日WBC世界バンタム級王座の12度目の防衛を目指す

山中慎介選手といえば、「神の左手」と言われる強烈な左ストレートが武器の世界チャンピオンです!

なかなか左が決まらずに判定になることもありますが、バチッと左が決まると本当に一瞬で勝負がついて、見ていてスカッとするのが山中慎介選手の試合だと思います。

そのスカッとする左ストレートが見たくて、毎回試合を見るファンも多いのではないでしょうか(笑)

そんな山中慎介選手の強さの秘密や、防衛戦を勝ち続ける事ができる理由などに迫ってみたいと思います!

山中慎介が防衛記録を更新できる強さの秘密とは?

山中慎介選手が、なぜ防衛記録を伸ばすことが出来るのかと言えば、当然防衛出来るだけの実力と、その実力を維持するだけの練習をこなしてきているからだと思います。

ただ、それはどのチャンピオンもやってると思いますし、当たり前の事ですね(笑)

しかし、山中慎介選手は他のチャンピオンとは少し違う所があります。

それは「防衛戦に対するするこだわり」と言う部分です。

山中慎介選手が過去に話していたインタビューで、

いま、7回連続で防衛に成功していますが、連勝記録にこだわりは、ないんです。次の一戦を全力で勝ちにいくことが重要なんだと思っています。
出典http://taishu.jp/detail/14318/

と話していて、とりわけ「連勝記録」とかには何の関心もないように思います。

1回や2回ならともかく、これだけ連続防衛をしてくるとだんだん連続防衛する事が意識の中に芽生えてきて、それがプレッシャーになったりする事もあるのではないでしょうか。

ボクサーにとって一番重要なのは、技術やパワーも必要ですが何よりもメンタル面が最も重要な要素だと思います。

理由は、身体は意識がコントロールしているので、メンタルに問題を抱えるとどうしても身体に影響を与えてしまいます。

なので、無意識にでもプレッシャーを感じていると、本来の身体能力が発揮出来ない場合もあると思います。

そして、ボクシングの世界戦は初防衛戦が最も難しいと言われています。

理由は、初防衛戦の興行権は前チャンピオン側が持っているので、なるべく強い選手を初防衛戦に持ってきて引きずり降ろそうとする狙いがある事と、初めて追う側から追われる側にまわるプレッシャーもあると思います。

その点から見ると、山中慎介選手はとりわけ連続防衛記録にはこだわりが無く、ただ1戦1戦目の前の試合に集中しているからこそ、変なプレッシャーを感じず勝利してきたのではないでしょうか。

ある意味、「負けたら負けたでしょうがない」くらいの気持ちでいるかも知れませんね(笑)

そういった、心の余裕こそが山中慎介選手の優れた身体能力をフルに生かす、最大の強さの秘密なのではないかなと思います!

階級を上げずに防衛を続ける理由とは?

そんな山中慎介選手が他の世界チャンピオンのように、階級を上げて2階級や3階級制覇を狙わないのはなぜなのでしょう?

考えられる事としては、まず年齢的な事が挙げられます。

3階級制覇した日本人チャンピオンは、比較的に若い時期にチャンピオンになっています。

井岡一翔  21歳
亀田興毅  19歳
長谷川穂積 24歳
八重樫東  28歳

八重樫東選手だけは比較的年齢が高いですが、他の選手はだいたい20代前半です。

山中慎介選手は29歳で世界チャンピオンになったので、そこから1,2回防衛して階級を上げる頃にはもう30歳を超えています。

それよりは、慣れている階級で防衛していった方が無理なく勝てると言う考えがあったのかも知れません。

また、他の選手はもともと階級が低い所からスタートしてるので、比較的2階級、3階級へ上げるのは無理なく行えます。

しかし、山中慎介選手はスタートがバンタム級とそこそこ重い階級なので、これから上になると下の階級よりはかなり厳しくなります。

そして、他に考えられる事は、山中慎介選手の性格にもよるのではないでしょうか。

先ほどの話のように、どうしても他の階級に倒したいヤツがいるとか、2階級・3階級を制覇したいという「強いこだわり」が無いのだと思います(笑)

そういった面もあって、他の階級に挑戦するよりは、目の前の防衛戦を1戦1戦しっかりと戦うスタンスが山中慎介選手には合っているのだと思われます。

そして、出来ればこのままどんどん勝利を重ねて、是非、具志堅用高さんの持つ日本人連続防衛記録13回を抜いて、新たな伝説を作って欲しいと願います!

ボクシング連続防衛記録保持者は誰?

現在、ボクシングの連続防衛記録は、戦前から戦後かけてヘビー級で活躍したジョー・ルイス25回が世界記録として認定されています。

ジョー・ルイス
出典http://btry-blog.info/?p=8901

ジョー・ルイスは11年間の王座在位中に、世界王座25連続防衛の記録を達成した後、一度引退しますが、1950年にまた復帰して後のヘビー級王者となるロッキー・マルシアノに負けて完全に引退しました。

戦績はプロボクシングで70戦67勝 53KO 3敗です。

連続防衛では無く、トータルの防衛記録ではメキシコのフリオ・セサール・チャベス28回が最高です。

チャベス
出典http://closedsearch.auctions.yahoo.co.jp/

フリオ・セサール・チャベスは以下のタイトルを防衛しました。

第16代WBC世界スーパーフェザー級王座(防衛9度)
第40代WBA世界ライト級王座(防衛1度)
第21代WBC世界スーパーライト級王座(防衛12度)
第7代IBF世界スーパーライト級王座(防衛2度)
第23代WBC世界スーパーライト級王座(防衛4度)

通算戦績は 116戦 108勝 87KO 6敗 2分となっています。

もう、笑ってしまうくらいの戦績ですね(笑)

フリオ・セサール・チャベスは、1980年にプロデビューし、1984年に48戦全勝で世界初挑戦し王座を奪取しました。

それ以来、1994年に初黒星がつくまで91戦無敗を誇りました!

その後は6階級制覇のオスカー・デラホーヤなどに敗れるなどして、2005年に正式に引退を表明しています。

こうして見ると、本当に上には上がいるものですね(笑)

現在、現役チャンピオンではミドル級のゲンナジー・ゴロフキン選手が、17回連続防衛に成功しているようです。

ゴロフキン
出典http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/740979/1

プロボクシング通算成績は、36戦 36勝 (33KO) 無敗です。

ミドル級は、日本の村田諒太選手が世界チャンピオンを目指して頑張っている階級ですね!

いつか村田諒太選手も、このゲンナジー・ゴロフキンと対戦する日が来るのでしょうか。

それまでにゲンナジー・ゴロフキン選手は、一体どれくらいまで連続防衛記録を伸ばしているのかも楽しみです!

山中慎介選手も、これから日本人連続防衛記録を塗り替えた後、さらにどこまで行けるのか挑戦してほしいと思います!

こちらの関連記事もどうぞ!

山中慎介と美人嫁の関係や子供の画像など!兄弟は姉や弟がいる!?

山中慎介のファイトマネーがすごい!今まで稼いだ世界戦の総額はいくら?

終わりに

世界チャンピオンになるだけでも十分すごいですが、それを10回20回と防衛するのは至難の業だと思います。

山中慎介選手を始め、現実にそんな選手が数多くいる事に本当に驚かされます!

しかし、だからこそいつまでもボクシングの人気は衰えないのだと思いますし、今後も山中慎介選手には防衛を続けて欲しいと願います!

スポンサーリンク
すぽんさー
すぽんさー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする