山岸あかねの兄弟(姉)と父親や母親もバレー選手?彼氏の噂や凄すぎる経歴まとめ!

現在、女子バレー日本代表の「リベロ」として活躍する山岸あかね選手!

山岸あかね選手は小学生からバレーボールを始め、中学の時には全国制覇も達成するなど早くからその才能を発揮していました。

そして、高校や大学時代も活躍し2013年に埼玉県を本拠地とする「上尾メディックス」の内定選手となり、現在も活躍中です!

そんな山岸あかね選手の父親や母親と兄弟もやはりバレーボール選手なのでしょうか?

また、気になる彼氏の噂や凄すぎる経歴を分かりやすくまとめてみました!

スポンサーリンク

山岸あかねってどんな人?

この投稿をInstagramで見る

Japan Volleyball Associationさん(@jva_volleyball)がシェアした投稿

プロフィール

生年月日  1991年1月8日
出身地   長野県須坂市
身長    164㎝
血液型   O型
学歴    東海大学卒
所属    上尾メディックス
ポジション リベロ

山岸あかねの兄弟は姉が2人でバレーボール経験者!

山岸あかね選手の兄弟は姉が2人なので、全員で3人姉妹となります。

そして、父親と母親に関してはほとんど情報がありませんでしたが、姉の2人に関しては少し情報がありました。

まず、一番上の姉は名前が麻依子(まいこ)さんと言い、年齢は山岸あかね選手より5歳年上でバレーボール経験者です。

ただ、一番上の姉、麻衣子さんの詳しいバレーボール経歴は分かりませんでした。

そして、現在は30歳を超えてる為すでに結婚されてる可能性もありますが、山岸あかね選手のツイッターには「姉が結婚した」などのツイートはありませんでした。

しかし、山岸あかね選手のツイッターはほとんどがリツイートで、あまり積極的に自分から情報を発信してない為、ツイッターに情報が無いからと言って結婚してないとは限りません。

そういう事もあり、姉の麻衣子さんが結婚してるかどうかは分からないのが現状です。

そして、2番目の姉の名前は紗綾美(さやみ)さんと言い、年齢は山岸あかね選手よりも2歳年上となります。

また、長女に続き2歳年上の姉、紗綾美さんもバレーボールを始めた事で、妹の山岸あかね選手も自然とバレーボールを始めるようになったようです。

そういう事もあり、もし姉2人がバレーボールをやって無ければ、ひょっとすると今の全日本で活躍する山岸あかね選手はいなかったかも知れません。

そして、姉の紗綾美さんは中学、高校とバレーボールを続けていましたが、高校卒業と同時にバレーボールは辞めてしまったようです。

残念ながらその後の詳細は不明ですが、ひょっとすると姉の紗綾美さんも現在は結婚している可能性が高いのではないでしょうか。

ただ、今のところ特に姉2人の詳しい情報は出て無い為、姉に関しては今後何か情報があればまた追記していきます。

山岸あかねの父親はバレーとは無関係?

山岸あかね選手の父親に関して調べてみましたが、一般人と言う事もあり職業や年齢などの詳しい情報は特にありませんでした。

また、山岸あかね選手は姉の影響で5歳からバレーボールを始めたと言う事なので、ひょっとすると両親のどちらかがバレーボール経験者なのかも知れません。

それで先に姉がバレーボールを始めて、妹の山岸あかね選手も自然に始めるようになったのではないでしょうか。

ただ、山岸あかね選手はポジションが「リベロ」と言う事で、身長もバレーボール選手としては普通と言う事もあり、特に父親の身長が高いと言う事も無さそうです。

なので、父親はバレーボールとは関係無いのかも知れません。

また、山岸あかね選手はツイッターをやっていますが、特に父親に関してのツイートなども無かった為、恐らく父親との関係も良くも悪くも無い「普通」と言う感じなのではないでしょうか。

と言うのも、選手によっては両親と仲が良くて、ツイッターでもちょくちょく父親や母親に関してつぶやく人もいます。

例えば、同じ全日本の「石井優希選手」は、「父親や母親の誕生日プレゼントを買いました!」と言うようなツイートも普通にあります。

そう思うと、山岸あかね選手は特に家族とベタベタしていると言うような関係では無いのかも知れません。

山岸あかねの母親はバレーボール経験者?

山岸あかね選手の母親に関しても、一般人と言う事で特に詳しい情報は出ていませんでした。

また、娘がバレーボール選手の場合、その母親が「ママさんバレーをやっていた」と言う事が多い為、山岸あかね選手の母親もバレー経験者の可能性もあります。

ただ、今の所そのような記述は見つけられ無いため、ひょっとすると山岸あかね選手の場合は本当に父親も母親もバレーボール経験者では無いのかも知れません。

しかし、山岸あかね選手本人が「父親と母親はバレーボールの経験はありません」と語った訳では無いため、両親がバレーボール経験者では無いとは言い切れないのが現状です。

ただし、山岸あかね選手の優れた運動神経を考えると、仮に父親と母親が元バレーボール選手では無くても、他に何かスポーツをやっていた可能性は高いのではないでしょうか。

でないと、運動神経の鈍い両親からあのすごいレシーブ力は身につかない気がします。

そう思うと、やはり母親も学生時代はバレーボールか他にスポーツをやっていた可能性が高いと言えます。

ただ、今の所は特に情報が無い為、母親に関しても今後何か情報が出ればまた追記していきます!

山岸あかねの彼氏の噂や「キラ」のニックネームの由来!

山岸あかね選手の彼氏についての情報を集めてみましたが、今のところ「特定の彼氏がいる」などの噂や情報はありませんでした。

ただ、山岸あかね選手もアラサーの年代と言う事もあり、さすがにこれまで1回も彼氏がいないと言う事は無いはずです。

また、同じ全日本で活躍する荒木絵里香選手のように、「アスリート会」で出会った男性と結婚するパターンもある為、スポーツ選手は意外と異性との出会いも多いと思います。

ちなみに「アスリート会」と言うのは、スポーツ選手限定の合コンのようなもので、何か組織がある訳では無く、違うスポーツの友人同士が仲間を集めて楽しむ会と言う感じのものです。

なので、山岸あかね選手もそうした場に行ってるとすると、知られて無いだけで交際している彼氏がいても不思議ではありません。

また、山岸あかね選手の場合は身長もそれほど高く無く、普通の身長の男性でも問題ないので、良い出会いさえあれば交際に発展しやすいのではないでしょうか。

さらに、中田久美監督も「選手達の恋愛事情はだいたい把握している」と話していたので、現在の日本代表選手は彼氏がいる人が多いのかも知れません。

ただ、今のところ山岸あかね選手に「彼氏がいる」との情報は出て無い為、彼氏に関しては今後何か情報があればまた追記していきます!

「キラ」のニックネームは花言葉が由来!

そして、山岸あかね選手には「キラ」と言うニックネームがありますが、名前にはキラと言う要素が無いため全く意味が分かりません。

なので、気になって調べてみると、そのニックネームは大学生の時につけられたコードネームのようです。

と言うのも、山岸あかね選手が進学した「東海大学バレー部」では、新入生は「花言葉」からコードネームが付けられるようで、山岸あかね選手は「パキラ」となりました。

パキラの花言葉は「快活」「勝利」と言う事なので、ポジション的にも「リベロ」は守備の要でそこから攻撃につながる為、「勝利」と言う花言葉はピッタリです!

そして、パキラ=キラとなり、現在も「キラ」と言うニックネームで呼ばれ続けてると言う事です。

山岸あかねの凄すぎる経歴まとめ!

この投稿をInstagramで見る

Japan Volleyball Associationさん(@jva_volleyball)がシェアした投稿

山岸あかね選手は2人の姉の影響で5歳からバレーボールを始めています。

また、中学は「長野市立裾花(そばな)中学校」に進学し、2004年と2005年に全国大会2連覇達成に貢献するなど、早くから非凡な才能を発揮しました。

そして、高校は「東海大学付属第三高校」に進学し、インターハイや春高バレーで活躍しますが、残念ながら高校時代はインターハイベスト8が最高の順位となります。

しかし、その後「東海大学」へ進学すると、1年生の時には「東日本バレーボール大学選手権大会」優勝やインカレ3位などの好成績を収めます。

さらに、2年生の時には「東日本バレーボール大学選手権大会」2連覇や、昨年3位だったインカレで準優勝しています。

また、3年生の時には「東日本バレーボール大学選手権大会」3連覇「全日本大学男女バレーボール選手権大会」優勝しました。

このように、山岸あかね選手は高校の時はなかなか優勝する事が出来ませんでしたが、大学に入ってたくさん優勝を経験しています。

そして、大学4年生の時には「全日本ユニバ女子バレーボールチーム代表」に選出されるなど、個人でも高く評価されるようになりました。

そうした努力が実を結び、2013年1月に現在も所属する「上尾メディックス」の内定選手となり、4月には全日本の代表候補にもなっています。

さらに、その後中国で行われた「第6回東アジア競技大会」に出場すると、銀メダルを獲得に貢献する活躍をしました。

そして、2018年には全日本メンバーにも選出され、今後はオリンピックでの更なる活躍が期待されています!

こちらの関連記事もどうぞ!

中田久美監督の子供や結婚した夫は?離婚の理由や尾崎豊との意外な関係とは?

終わりに

山岸あかね選手は、姉2人がバレーボールをやっていた事がキッカケでバレーを始める事になりました。

ただ、何も無くて姉がいきなりバレーを始めるのも不自然なので、ひょっとすると父親か母親のどちらかが学生時代にバレーボールをやっていて勧めた可能性もあります。

そして、山岸あかね選手の優れた運動神経は、父親や母親の遺伝子を受け継いだとも言えるので、今後もどんな活躍をするのか非常に楽しみです!

ぜひ、東京オリンピックに出場してバンバンレシーブを返して欲しいと願います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする